心の病に対する企業の対応に指針

読売新聞のニュースによると、従業員がうつ病などになったときの企業対応や職場環境整備についての新たな指針が、厚生省にて作成されるとのこと。増え続けている心の病による労災補償の申請数を反映したものだそうだ。

リストラによって従業員一人当たりの負担が増えている現状が心の病の増加につながっていると思うが、働きすぎ(無理な連夜の深夜残業など)を許さないシステム作りが必要だろう。人の能力はそれぞれ違う。その人の能力にあった働き方(=病にならずに済む働き方)ができる企業作り、そして病気になってしまった後の企業の対応改善の指針が、よりよい結果をもたらすことを期待する。

心の病発症後ケア、企業に指導…厚労省が新指針策定へ
(11月19日)Yahoo!ニュース - 社会 - 読売新聞
[PR]
by miffyinvic | 2004-11-21 16:26 | 心理学 | Comments(0)

カナダ西海岸で5歳児と二人暮らし。


by miffyinvic
プロフィールを見る