シビアな世界。。

このブログでは仕事のことはあまり触れていませんが、今日職場であったできごとはかなりカナダ・アメリカ的なできごとなので、書かなくてはと思ってしまいました。

めずらしく、突然午前中に急に会議を開かなくてはいけないから、チーム全員、下の階の会議ルームに来てと上司から言われて、けっこう時間のかかる内容の打ち合わせをしていました。そのときになぜか一人の人が来なかったのですが、実は私たちが会議をしている間に、その人は会社をクビになっていたのです。。会議の最後になって、チームみんなに知らされたのですが、もうびっくりです。ぜんぜん前触れもなく、その人は人事の人に呼ばれて「あなたはこれ以上雇えないから、荷物をまとめて会社を出てください」みたいなことを言われたんだと思います。クリスマス前にそういう形で職を失うのは、試用期間中とはいえショックだったに違いありません。私たちが部署に戻ると、もうその人はいなくなっていました。。

現在所属するチームにはもともと二人の技術サポート専門の担当者がいたんですが、一人仕事の出来る人がサポートに疲れて?別の部署に異動になりました。2ヶ月ほど前、その異動に伴って、会社は新しい技術サポート担当者の募集広告を出し、多くのレジュメから候補者を絞り込んで面接を行い、新しい人を雇いました。その人は40代初めくらいの子持ちの女性で、面接の印象がよかったのとレジュメやレターの内容で採用が決まったみたいです。それで、異動が決まっていた担当者が最初の2週間引継ぎを行ったのですが、最初の数日の時点で彼は「全然使えない。。コンピュータ全般のことが分かってない。。」と言っていました。どうも、Windowsの基本的なファイル操作やコンピュータ用語の理解にすら問題があるようでした。正直、私もなんでこんなレベルの人が雇われてしまったのかと驚いてました。だって、マウスのスクロール機能と画面のスクロールの話をごっちゃにしたり、AppleのQuickTimeを知らなかったりするんです。技術サポート担当で入ってそれはないでしょうと、私もがっかりしました。でも、とりあえず試用期間ということで会社側はしばらく様子を見ていたようです。試用期間6週間、彼女は新しいことを必死で覚えようとすごく頑張ってくれていましたが、超即戦力を要求されるポジションだったので、やっぱり会社やチームの要求する技術レベルに不足だったようです。個人的にはすごく気の毒だけれど、仕方ない結果だったと思います。会社はまた人材募集をやりなおすとのこと。

人づてで聞いた話ですが、ちょうどBC州政府(ビクトリア)でもリストラが加速されていて、つい最近70人ほどのコンピュータ関係の部署で大規模な縮小があり、現在この部署は4人のみで運営されているそう!今頃、ビクトリアで不況の嵐を実感しています。
[PR]
Commented by momoko at 2009-12-10 10:52 x
うちもこのあいだリストラありましたー。こわいー。
でもまぁ、自分がされた時は、しょうがない、それもまた運命、とできるだけ前向きにとらえようと思ったよ。
あと、リストラされない努力もしないとだなぁって。あんまできてないけど(笑)。

お互い頑張ろうねー。
Commented by miffyinvic at 2009-12-10 13:29
そうよね、リストラされない努力としては、上司と仲良くして、仕事してる具合をアピールするとか、上司が大変そうだったら手伝いを申し出るとか(笑)それでもリストラされちゃったら長期休暇だと思って前向きに考えるのが一番だよね、きっと。
by miffyinvic | 2009-12-09 17:27 | ひとこと | Comments(2)

カナダ西海岸で5歳児と二人暮らし。


by miffyinvic
プロフィールを見る