タバコを吸う時間

禁煙26日目。昨日は我が家に弟が来て、タバコを吸っていたが、
特に誘惑されることはなく、無事に終わった。
まだ咳が出続けているので、煙の臭いをかいだとたん、自分の部屋に避難した。

ところで、前にどこかで聞いた話だが、アメリカの超有名な大富豪は若いときにタバコを吸っていて、ある日ふと「タバコを吸っている時間がもったいない」と気づいて即タバコをやめたそうだ。この人の名前が、どうしても思い出せなくて気になるが、それは置いておこう。もし心当たりがある方は教えてくださいませ。

さて、タバコを吸う時間は、1本あたりどれくらいだろう。私の場合はだいたい1本につき5分くらいの感覚だった。特に会社に勤めていた時は、自分のデスクから喫煙コーナーまたは喫煙ルームに行って1本吸って戻ってくるまでに、たぶんそれくらいの時間は使っていたと思う。

気の効いたオフィスだと、喫煙ルーム以外にも、タバコを吸わない人も使える(もちろん禁煙の)リフレッシュルームが設置されていたりするが、多くの会社では喫煙者がタバコを吸うために使う時間はうるさく言わなくても、非喫煙者が同じような頻度で5分休憩をとるのはなんとなくはばかられることが多い。これって、もしかして「不公平では?」と感じている非喫煙者、意外に多いのではありませんか??

元喫煙者の私は、今までの習慣から、状況が許す限りわりとこまめに休憩をとるが、まったくの非喫煙者はそんな習慣もないから、あまりそういう風にできないのではないかと思う。でも、きっと非喫煙者も喫煙者と同じように、1時間に5分、あるいは2時間に5~10分でも休憩を取ることで仕事の能率もあがるに違いありません。

デスクワークやコンピュータワークをしている非喫煙者の皆さん、喫煙者を見習って(?)、ときどきデスクから離れてフロアを歩いたり、用がなくてもお手洗いに行って鏡を見たり、気分転換の時間を持つことをおすすめします。ずっと座りっぱなしも、体にはとっても悪いですよ!仕事中に喫煙の時間が認められているなら、非喫煙者が休憩する時間も認められていいはずですよね。特にオフィス自体は禁煙で、ちゃんと分煙されている環境なら、そういう主張もしやすいはず。

もし分煙になっていないオフィスの場合、非喫煙者は副流煙の被害にさらされて黙っていることはありません。自分の健康を守るためにも、うまく主張して、がんばって分煙になるように持っていきましょう。今やこういった状況は裁判で勝った事例もありますから心強いですよ。

実際、裁判に持っていった人たちの活動はこちら。
http://www.geocities.co.jp/NatureLand-Sky/1540/index.html
[PR]
Commented by Arin12 at 2004-09-06 09:43
いつでも喫煙出来る環境ではないので、喫煙時代はわりと休憩時間を気にしていたんですが、禁煙はじめてから、休憩とるのを忘れるようになってしまいました。
確かにそうですね、休憩とることを気にしてみようかな?
Commented by miffyinvic at 2004-09-08 17:28
Arinさん、コメントありがとうございます。そうです、ぜひ気にしてみてください。私はぶらぶら歩いたり、ちょっと体をストレッチしたりして気分転換してます。
by miffyinvic | 2004-08-25 10:58 | 禁煙 | Comments(2)

カナダ西海岸で5歳児と二人暮らし。


by miffyinvic
プロフィールを見る