何年ぶりかの原宿

これから中国に1年間留学する友達がカナダから日本にやってきた。そこで、東京のみどころ、「原宿竹下通り」を日本人1人とカナディアン3人連れて散歩してきた。

竹下通りは、入り口すぐ横にはタレントのブロマイドやパロディTシャツのお店があり、そのすぐ横にはロッテリアとマクドナルドが。相変わらず人気のクレープ屋さんは行列ができてて、パンクやロリータ系ファッションの店がたくさん並び、安い雑貨や洋服のお店が軒を連ねているし、東京人でもひさびさに行くと見て十分楽しめる場所だった。しかし、友達はみんな千葉から都内に遊びに来ており、今日の電車賃だけで往復2000円以上もかかったと涙していた。彼らも貧乏学生なので、1つ400円以上もするクレープは眺めるだけで我慢していたのが、ちょっと可哀相だった。でも、原宿はいろんなものがあってかなり楽しんでくれたようなので良かった。

ところで、はじめて日本に来たカナディアンの学生たちは、日本に来て、Tシャツなどに書いてある英語がすごくおかしいと言う。「意味がさっぱり通じない文章だし、スペルも間違いだらけだよー、ある意味おもしろいね!」と言っていた。もちろん、海外で日本語がプリントされているTシャツだって、もしかしたらわけの分からないことが書いてあるのかもしれないが、日本のTシャツや雑貨にプリントされている英語は不思議なのが多いのは確か。これも日本カルチャーのひとつかなぁ。

せっかくなので、今日の原宿の様子をご紹介。
b0000372_23522132.jpg
原宿駅竹下口から見た風景。
b0000372_23524461.jpg
お店の名前「CANNIBALS」にカナディアンは衝撃を受けていました。だって、意味が「人食い部族」なんだもん。まさかCARNIVALSのスペル間違いではないよね?
b0000372_2353356.jpg
原宿駅表参道口です。原宿には2つ出口があり、表参道口のほうが大きい。
[PR]
by miffyinvic | 2004-08-26 00:05 | カルチャー | Comments(0)

カナダ西海岸で5歳児と二人暮らし。補助輪なしで自転車に乗れるようになったよ!


by miffyinvic
プロフィールを見る