ポートアンジェラスからシアトルへ

日本に戻ってくる前に、ビクトリアからポートアンジェラスという小さな町にフェリーで行き、オリンピック国立公園の自然を楽しむつもりだったが、公共の交通手段がなかった上に、平日は国立公園への道路も閉鎖されているというので諦め、すぐにポートアンジェラスからシアトルに向かった。シアトルへは、多くても6人くらいしか乗れない小さな飛行機で移動した。チェックインする時に体重を聞かれて、座る席は重さのバランスで決められた。機体はもう20年以上使われるのではと思われる簡素なプロペラ機で、本当にこんなので飛ぶのかと心配だったが、無事に私達をシアトルまで運んでくれた。小型機はそれほど高度を上げないので、始終ミニチュアサイズになった景色を楽しむことができた。オリンピック国立公園の山並、農家の点在する広々とした大地、海と雲の織り成す模様。だんだんシアトルに近づくと沢山の家々が並び、船の行き交う運河を越えるとダウンタウンの高層ビル街がすぐ真横に見えて、そこを通りすぎると長い貨物列車が何本も止まり、そのまわりに沢山の工場が立ち並んでいた。飛行機は片道45分ほどで50ドルほど。いつ落ちるんじゃないかという心配と見事な景色で、なかなかドキドキする体験ができた。シアトルでは2泊してクリスマスイルミネーションやウインドーショッピングを楽しんだ。あまり旅行の下調べをしていなかったので、ほとんど何もせずあっという間に時間がすぎてしまった。シアトルの空港では日本語の冊子を4つも見つけた。シアトルはまだまだ見るところがいろいろあって、またいつか訪れるのが楽しみ。
b0000372_43192.jpg

[PR]
by miffyinvic | 2004-12-25 02:10 | 旅と写真 | Comments(0)

カナダ西海岸で5歳児と二人暮らし。


by miffyinvic
プロフィールを見る