韓国のタバコ事情

今回の旅行で気がついたことといえば、、、
  • 道端にタバコの自販機を見かけなかったこと。ただ、ビル内や大学内には自販機が置いてあるそうだ。
  • レストランでも禁煙の店が意外とある。でも、禁煙の店はまだ少数派みたい。なお、ほとんどの喫茶店では、各テーブルに灰皿が置いてあり、その灰皿の中に水を浸したティッシュが敷かれている。これは、お店の人が使用済みの灰皿を簡単にキレイにするための工夫。
  • 電車の駅構内、バスターミナルも軒並み禁煙。駅によっては喫煙室が設けられていた。
  • ソウルのオフィス街では、ビル全体が禁煙のところもあり、ビルの入り口付近で大勢のサラリーマンたちが一服する光景が見られる。これは新宿のオフィス街でも見られる光景か?
  • 女性が公衆の面前でタバコを吸うのは「悪」という考えがまだ残っており、若い男性はあまり気にしないようだが、女性自身は体裁を気にしてか、表立ったところでは吸わない人がほとんど。年配の人の中には、女性がタバコを吸うだけで怒る人もいるそうなので、まだ女性がどこでも喫煙できるという社会ではないようだ。そのかわりお手洗いがタバコ臭いことがよくある。韓国人の友人に聞いたところ、女性の喫煙者は少なくないとのこと。
  • 案外、街中で歩きタバコをしている人の数は少ないように感じられた。
ということで、韓国も少しずつ禁煙ムードが高まっているのは間違いなさそうです。路上の自販機の有無、そして女性のタバコの吸い方が、特に目に付いた違いでしょうか。。
ちなみに私の禁煙は、韓国で旅行の開放感からくるタバコの誘惑になんとか打ち勝って、今日で37日目。
[PR]
by miffyinvic | 2004-09-06 00:55 | 禁煙 | Comments(0)

カナダ西海岸で5歳児と二人暮らし。


by miffyinvic
プロフィールを見る