2つの単語がくっついた

息子は家ではほぼ日本語だけで生活しているので、今も出てくる単語はほぼ日本語。でも、ここ数日で大きな変化が!ついに2つの単語をくっつけて話すようになりました。最初に聞いたのは「あーちゃん、せっけん」。バスルームに置いてある友人のボディウォッシュのボトルを指差して言った言葉です。「あーちゃん」はちなみに「おばちゃん」のことです。「おじちゃん」はすごくはっきり言えるのに、なぜか「おばちゃん」は言えないのです。それ以降は「ママバッグ」とか「公園行きたい」とか急に言えるようになりました。ちゃんと動詞も使えてます。その急成長ぶりにびっくり。

英語のほうは、そんなに単語は増えてませんが、嬉しいときに両手をめいいっぱい広げてイエーイ!と言うので、カナディアンっぽいです。日本じゃそういう表現はあんまりしないだろうな〜と思いました。ときどき日本語でも英語でもない言葉をかなり長い間一生懸命しゃべっています。まだ息子の言ってることがわからないことも多いけど、言葉でのコミニュケーションができるのは本当に嬉しいです。

言葉以外のところでも、急に私の頭をなでなでしたり、 私の顔に髪の毛がかかっていたら直そうとしたり、頼むと物を取って来てくれたりして、できることがずいぶん増えました。それでも、まだまだダメと言ったことは何度でも繰り返して、扉や引き出しを何度も開け閉めしてばたんばたん大きな音を立てたり、物を投げたり、イスの上に立ったりして、目が離せません。つい先日イスの上に立って背もたれに寄っかかり、バランスを崩してイスごと倒れて額に怪我したにもかかわらず、翌日も同じことをしようとしてました。これくらいの年齢だと、失敗したことはすぐ忘れちゃうのでしょうか。困ったものです。親としては危ないことだけはやめて欲しいのだけど。
[PR]
by miffyinvic | 2014-03-23 15:28 | 子育て | Comments(0)

カナダ西海岸で5歳児と二人暮らし。


by miffyinvic
プロフィールを見る