アパートの停電

数日前にアパートの管理人さんからお知らせが入っていて、今日は電力会社の工事の都合で停電になるのは知ってたのだけれど、朝7時から朝9時までだと思ってました。朝、出かける時間に電気が使えない=料理できない、レンジ使えない、お湯も出ない、のはめちゃ不便だと思いましたが、帰ってくる時間には電気使えるはずだからまあいいかと、出かけました。そして帰ってきたら、あれ、アパートの入り口は真っ暗。あれれ、まさかまだ電気が使えない??まじで???と管理人さんに電話したら、予定は何と夜9時まで停電だとのこと。え、朝の2時間だけだと思ったら、丸一日!?やー、日本じゃ、なかなかこんなことありえませんよね。

夕方6時に帰ってきて、まだ少し外が明るかったから、その明かりを頼りに、家にあるだけのキャンドルを灯して、とりあえず一時しのぎ。でも帰ってきたらあったかい飲み物が飲みたいと思っていたので、どうしようかと考えたら、ちょうどガラス製のバターケースのふたがキャンドルを入れるのにちょうどいい高さで、その上にミルクを入れた小さな鍋を置いてみました。めちゃめちゃ火力弱くて時間はかかったけど、ミルクが適度にあったまりました。キャンドルの明かりと音楽だけで時間を過ごすのも、たまにはいいものです。でも、キッチンのコンロもレンジも使えないのはやっぱり不便。夜9時までは長いなぁと思っていたら、幸いにも夜7時半ごろには電気が復旧して明かりがついたので、息子と二人で大喜び。電気がつくことがこんなにうれしい日は、なかなかないものです。明かりがつくだけで、ほっとしました。
[PR]
Commented at 2015-03-13 23:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by miffyinvic | 2015-03-06 14:13 | ひとこと | Comments(1)

カナダ西海岸で5歳児と二人暮らし。補助輪なしで自転車に乗れるようになったよ!


by miffyinvic
プロフィールを見る