ボーナスポイント

大学の心理学のクラスによっては、大学で教授や学生等がやっているリサーチに被験者として参加すると、普段の成績に少しボーナスポイントがついたりする。例えば、学期中にトータルで3時間実験に参加すると、最高100点の成績にプラス5点足してもらえる。つまり、テストの点数が75点しか取れなくても、実験に参加することで80点になる。このシステムは、リサーチをする側にとっては実験に必要な参加者を集めやすいし、学生にとってはボーナスポイントがもらえるだけでなく、実際のリサーチがどのように行われるか勉強するいいチャンスなので、双方にメリットがあるのだ。私の取っているリサーチメソッドのクラスでもボーナスポイントのシステムがあって、今までは無視していたのだけど、今学期最後の土壇場になって少しでも成績アップを目指そうと、今週は一気に4つも実験に参加した。ちなみに英語力が問われる実験(例えば裁判の実際のケースを読んでどういう審判を下すかについての質問等)は避けて、コンピューターで画面を見てYES/NOを答えるような、なるべく簡単な実験を選んで参加。なぜなら、前に実験の質問の英語が難しすぎて、途中で棄権したことがあるからだ。(そんな苦い経験があって、実験に参加すること自体しばらく避けていたのだ。)ところで、学期の終わりの時期は学生もレポート、エッセイ、試験の準備などで忙しく、なかなか実験参加者が集まらないこともあるそうだ。リサーチを実施する側の学生も、参加者を探したり、一日中窓のない小さな部屋で実験を監督したり、膨大なデータをまとめたりと、かなり大変そう。ちなみに心理学の実験は、被験者のほとんどがラットと大学生だそうだ。一日中ラットと過ごすのも辛いだろうな。。
[PR]
Commented by manitoba555 at 2005-04-04 03:33
心理学リサーチの被験者募集、よく見かけます。
そういう仕組みなんですねえ。
Commented by miffyinvic at 2005-04-04 06:48
manitobaさん、おひさしぶりです。もし機会があったら、manitobaさんもぜひリサーチに参加してみては。ゲーム感覚でできるリサーチなんかは、意外と楽しいですよ。
by miffyinvic | 2005-04-03 13:11 | 心理学 | Comments(2)

カナダ西海岸で5歳児と二人暮らし。補助輪なしで自転車に乗れるようになったよ!


by miffyinvic
プロフィールを見る