硝子屋さんになった友人からの便り

かつての職場の同僚で、まったく違う方面に転職し、今や独立して硝子デザインを手がけている友人がいる。千葉の九十九里浜のすぐ近くに夫婦で工房を開いて、年数回は都内や箱根などで新しいガラス作品の展示会を開いている。今日久しぶりに次のイベントのお知らせをメールでいただいて、その友人のことを思い出した。いつも展示会の前には素敵なガラス作品をモチーフにした案内状を送ってもらっていた。今年も4月28日~5月25日までの約1ヶ月、箱根富士屋ホテルのCafe de motonami(0460-7-0222)にて、個展 「陽だまりの中 ガラス器展」 を開くそうだ。午前11時から夕方5時までオープンとのこと。もし箱根方面に出かける機会があったら、興味のある人はぜひお立ち寄りを。きっととても素敵なガラスの器に出会えます。ゴールデンウィーク期間の5月2~4日には新宿のリビングセンターOZONEの4Fにて、イベント「くらし・うれしい・モノ・マーケット」にも作品を出展するそうだ。Mさん、これからもますますのご活躍を期待してます。頑張ってください。

- 硝子屋 PRATO PINO
[PR]
by miffyinvic | 2005-04-06 17:29 | ひとこと | Comments(0)

カナダ西海岸で5歳児と二人暮らし。


by miffyinvic
プロフィールを見る