自家製いくら

3週間くらい前に、何気もなく、会社のボスに釣りしますか?と聞いて、もしサーモンを釣る機会があったら、卵を捨てないで分けて欲しいとさりげなくお願いしました。こちらの人はサーモンの卵を食べる習慣がなく、大体は釣ってきても捨ててしまうらしいので、日本では高級食品として人気なんですよーと言っておきました。そしたら、今朝会社に行くと、私のデスクにメモが貼ってあって、冷蔵庫にサーモンの卵(生の筋子)が入っているではありませんか!やったー!こんなにすぐにお願いが叶うなんてびっくりです。

家に帰ったら、さっそくネットを見ていくらを作ろうとワクワクしました。息子もなぜかいくら好きなので、作りがいがあります。今夜も息子がなかなか夜寝てくれなかったので、寝かしつけも適当にあきらめて、いくら作りを開始。何度も塩の入ったお湯で洗ってゴミなどを取り除いて、やっときれいにして、ほんのり塩味のついたいくらを息子も少しだけ食べてから寝ました。それをお醤油のたれに漬け込んで今晩寝かせれば、明日は美味しいいくらご飯が食べられるはず。冷凍保存でかなり長く持つそうなので、大事に食べようと思います。手が魚臭くなってしまったのには、ちょっと困ってます。どうしたら匂いが取れるかな。

b0000372_125598.jpg

[PR]
Commented by seiko at 2015-09-05 00:14 x
美味しそうですね。私はおばあちゃんの作り方で80度くらいのお湯でぱらぱらにした後、お酒と醤油を半々に付け込んでいますが、子供向きではありませんね。確かに手が生臭くなりますね。
by miffyinvic | 2015-09-01 17:01 | ひとこと | Comments(1)

カナダ西海岸で5歳児と二人暮らし。補助輪なしで自転車に乗れるようになったよ!


by miffyinvic
プロフィールを見る