興味を引くニュースをいくつか。。

Yahoo!ヘルスケア - コラム - IQの高い人が晩年幸福であるとは限らない
幸福度は健康にも大きな影響を与えて、WHOの予測では2020年までにうつ病が早死にの主要因の1つになるという。

Yahoo!ヘルスケア - コラム - 記憶力を改善する薬剤を開発
脳内の化学物質がどのような役割を果たすのか、情報伝達がどんなメカニズムで行われているのか等、脳の研究は日々続けられている。将来的には、記憶力増強剤のような薬も、お金さえ出せば手に入る日が来るかもしれない。

Yahoo!ニュース - 共同通信 - シータ波で神経細胞増加 学習で賢くなる仕組み解明
この記事では学習している間のシータ波の効果を取り上げているが、ここで言われているシータ波は難しい問題を解いている、かなり集中度が高い時に見られる脳波のことだそうだ。全ての学習の間に必ずしもシータ波が見られるわけではない。一方で、シータ波は眠気でうとうとする時にも計測され、逆に集中度が低いときに見られることもある。

ところで、睡眠と記憶の研究もずいぶんと進んできている。睡眠研究者たちは、眠ってからわりとすぐの夢を見るステージ(REM睡眠)と深い眠りの第3~4ステージ(non-REM睡眠/slow-wave sleep)は、脳が学んだことの記憶を定着させるために活発に活動する重要な時間だと主張している。日中に体験した情報を頭の中で整理するのに、睡眠は大きな役割を果たしているようだ。

Yahoo!ニュース - 共同通信 - 「乳幼児教育が重要」 キレる子増加で文科省会議
最近の乳幼児と母親(あるいは保護者)の関係で気になるのは、一緒の空間にいても、母親が子どもと遊ぶよりもテレビや携帯(電話あるいはメール)に熱中したり、逆に子どもにはテレビ・ビデオを見せて静かにさせて母親はインターネットや携帯で友人と交流するなど、距離的に近くにいても、子どもと母親が感情(特に愛情)の交換をする時間は案外減っているのかもしれないということ。あくまで推測だが、子どもの情動形成には、記事で指摘されている食事や生活リズム以外にも、テレビ・携帯の影響が少なからずあると思う。

Yahoo!ニュース - 時事通信 - 偉大な頭脳は手紙をたくさん書く=アインシュタインは3万通をやり取り
最後に、賢い科学者はたくさんの人と情報のやり取りをしてきた、という話。多様な人とのコミュニケーションやネットワークを大事にできる人(忙しくても人と交流する時間を取れる人)は、優秀なだけでなく尊敬もされる。きっと偉大な頭脳の持ち主は、時間を有効に使う才能にも長けているのだろう。
[PR]
by miffyinvic | 2005-10-30 06:42 | 心理学 | Comments(0)

カナダ西海岸で5歳児と二人暮らし。


by miffyinvic
プロフィールを見る