自分が実験対象?

今学期とっているセミナークラスのトピックは、
Psychology of Motivating Health Behaviour Change。

・いわゆる体に悪い(ガン・心臓病・肺疾患・糖尿病になる確率を高める)生活パターン
 ~喫煙、過度の飲酒、肥満、運動不足など~はどうしたら改善できるか
・医師や薬剤師の指示を患者さんが守るためには、どんな工夫が必要か
・乳がん・前立腺がんなどの検診受診率を上げるためにはどうしたらいいのか
・望まない妊娠や性感染症を防ぐためのコンドーム使用を普及させるにはどうしたらいいか
・健康に長生きするための、体にいいライフスタイルはどうしたら習慣化されるのか

など、さまざまな内容を理論と実例を組み合わせて勉強中。心理学で習うことは、自分の生活にすぐ反映できるので面白い。以前に禁煙をしたときは健康に悪い習慣をやめる過程を自ら体験したのだけれど、今は体に良い習慣を身につける過程を体験している。私の新年の抱負の1つは、「エクスサイズを習慣にすること」だったのだけれど、1人で目標もなく毎日エクスサイズをするのは難しいなぁと思っていた。そこに絶妙なタイミングで、UVicの留学生とカナディアンの学生の交流グループが「春の10キロマラソンを一緒に走ろう」と企画しているのを知り、みんなで少しずつ練習するというので参加することにした。これに参加すると、週に3回のジョギングが課されるので、他の日に水泳・ダンス・あるいはテニスをすれば、ほぼ毎日のエクスサイズが実現可能になりそう。これから学校の授業や課題がどんどん忙しくなるので、どこまでやれるかわからないけど、とりあえずマラソンの参加費用を払ったことだし10キロ完走を目標に頑張ってみたい。(実際にマラソンを走るのは4月末です。)

ちなみに、自分の過去の禁煙体験記をはじめから読み返してみたのだけれど、禁煙を初めてすぐから1ヶ月くらいの間に書いた記事は、自分で言うのもなんだけど、心の葛藤がよく出ててけっこう面白い。後で、このクラスのペーパーのネタに使おう。
[PR]
Commented by meibaoon at 2006-02-09 23:39
自分が実験対象の研究でも、「体に良い習慣を身につける過程」って、おもしろいですね。確かに、悪いとわかっているけどやめられない、やめる気が無いモノ、必要とわかっているけどめんどうな事っていっぱいありますよねー。
Commented by miffyinvic at 2006-02-11 19:04
meibaoonさん、こんにちは。自分が体にいいことをしてるっていうのは、それを実践するだけで自分にとってプラスになってると思うと、励みになります。でも、何でも最初はやる気があるんだけど、だんだん面倒になったり、一度やらなくなると、もうどうでもよくなっちゃったりすることってありますよね。継続が苦手な私ですが、無理しない程度に楽しみながら、ジョギングは続けたいと思ってます~。
by miffyinvic | 2006-02-08 15:02 | 心理学 | Comments(2)

カナダ西海岸で5歳児と二人暮らし。


by miffyinvic
プロフィールを見る