恐ろしい試算!

日本政府の長期予測では、2015年(今から9年後)には、社会保障費などの歳出を減らさず、増税だけで日本の財政を立て直すのに、消費税をなんと22%まで引き上げる必要があるそう。増税をしない場合には、財政再建のために26兆9000億円も歳出を減らさなければならず、そのためには、今年間53万円の国立大授業料を3.8倍の203万円に値上げし、道路や空港などの新たな建設は一切凍結、公共事業も今の30%程度に減らさないとやっていけないと試算している。何しろ日本の財政はいま火の車状態。。数年前に500兆円だった借金が今や800兆円でしたっけ?増税は間違いなく必要ということ国民に訴えるために、試算を出したようです。

でもその一方で、政府は現在沖縄に駐在する米軍海兵隊のグアム移転費用の75%、なんと約8900億円を負担する方向にあるようです。(まだアメリカ側が求めている段階で、実際の日本の負担額は未定、あるいは発表されていない)その金額の中には、司令部庁舎などの作戦施設、厚生施設(米軍の人が使うスポーツジムや映画館等も含むと思われる)、住宅、基地内外のインフラ整備も含まれてるそうです。以前に人から聞いた話ですが、日本にある米軍の敷地内で使われている水道・電気代はぜんぶ日本政府が負担しているとか。どれくらいの金額か知りませんが、米軍にとってはタダなので使いたい放題に使ってるらしいです。

2005年の政府予算は82兆円(そのうち4割は借金)だったそうだけど、それを基準に計算すると、年間予算の1%を米軍の移転費用(日本にある米軍基地の維持費用は含まない)に割り当てることになります。これを必要と考えるか無駄とみなすかはいろんな考え方があると思います。ただ、日本が自転車操業をしながら、多くの不必要な出費を重ねているかもしれないこと、政府は何も知らない国民に後でその出費を負担してもらうつもりでいること、は頭の隅に覚えていてもいいかもしれません。まあ、それ以前に日本が経済破綻する可能性もあり?

Yahoo!ニュース - 税制
小泉劇場の台所はこうなっている:200×年、国家破産でIMF管理下に入るプログラム(2005年9月25日発行 『SENKI』)
IMF管理下におかれる日は来るか((2006年3月25日発行 『SENKI』)
[PR]
Commented by はぷぎ at 2006-03-28 02:12 x
こんにちは。

私も先日、この債務について友人と話していたところです。日本の借金もすごいですが、アメリカの借金は日本の2~3倍(もっとかな?)なのでそれに比べたら日本なんて可愛いもんよね、と言われました。日本はアメリカに追従していますが、アメリカの盾が無くなる事で日本はどれだけ困るのでしょうか。無駄のように見えるこのお金と引き換えに何を得ているのかが気になります。

海外に出て、はじめて日本政府のおかしいところに気がつくようになりましたが、日本国民の事を考えているとは思えない行動や判断には腹が立つ事があります。企業やお金を人より優先させる態度は理解しがたいです。

>まあ、それ以前に日本が経済破綻する可能性もあり?
これから日本の人口は減るけれど、それに対する対応・方向性の整っていない日本ですから、日本円で海外で優雅に生活や旅行が出来るのも今のうちかもしれませんね。
Commented by miffyinvic at 2006-03-28 19:03
はぷぎさん、コメントどうもです。海外に来ると、今まで見えなかったことに気がついたりしますよね。私は、アメリカや日本が経済力一辺倒で世界の状況や他の国にあまり目を向けてないな、と思うようになりました。日本の政府がやりたい放題なのは、私たち日本人が政治に無関心なことも大いに関係があると思うんです。元々をいえば、政治への参加の仕方を学校でちゃんと教えないし、素人はひっこんでろっていう感じの政治システムそのものに問題があるんでしょう、、。
by miffyinvic | 2006-03-27 15:56 | 海外から見た日本 | Comments(2)

カナダ西海岸で5歳児と二人暮らし。


by miffyinvic
プロフィールを見る