過去になりたかったもの

小学校の時、そういえば新聞係だった気がする。しかもけっこう昔だったからガリ版で作ってた。同年代の人は知ってますよね、ガリ版。中学・高校の時は、いちおう放送部に入ってた。でも、人前で話したりするのはその頃から苦手だったので、実際の放送活動はほとんど担当しなかった。ま、でもそんなことを振り返ると、昔からメディアの発信側になりたい気持ちはあったのかも。こんな人にはブログはぴったりのツールですね。その頃は少女マンガも大好きで、漫画家になりたいと夢見たことも。ひまさえあれば、少女マンガに出てくるタイプの女の子の絵を描いてた時期もありました。履歴書の得意な科目にはいつも社会と英語って書いてたっけ。時事ネタはわりと昔から好きで、短大に行ってたときは政治・経済・歴史・法学などのクラスも取ってた。そのときに勉強した記憶はもうないけど、その辺の好みはけっこうこのブログに反映されてるかも。大学受験を考えた頃は、住居学科か心理学科に行きたいなぁと思ってこともあったけれど、その頃は自分にぜんぜん自信がなくって、大学なんて無理って思ってたんですよね、正直。行ってた高校のレベルも低かったし。そのときに心理学に気持ちが傾いた理由は思い出せない。今みたいにはっきりとした動機はなかったんだろうな。でも、どっちの学科も入試に数学が必須で、簡単にあきらめてしまいました。日本の数学は中学時代ですでに理解不能だったもの。実は小学校の時から、住宅の見取り図を見るのが大好きで、一時期は建築家になりたいと本気で思ったこともあったのです。子どものとき、方眼紙に夢のお家の見取り図を書くのが趣味だったって、けっこう変わってる?でも、数学の壁を越えられず、建築家の夢もあえなく挫折。住宅のデザインにはずっと興味があって、そっちの方向に進もうかと思ったことも何度かあり。今でもたまに住宅関連の雑誌や本をブックストアで立ち読みするけど、実生活にはその趣味はまったくといっていいほど反映されてなくて、インテリアセンスには自信なし。なんかデコレーションするのって上手くできない。基本的にめんどくさがりだから。。でも平面のデザインだったら、それなりにできるかな。基本路線はSimple is the best。一時期は印刷デザインやWebデザインをやりかけたこともあった。でもコンピューターに自分がこき使われるような気がしてそっち系の仕事は辞めました。趣味で写真を少し。ちゃんと写真を習ったことはないけど、なんちゃって一眼レフのカメラを手にしてたこともあり。そんなわけでこのブログにも自分で撮ったお気に入りの写真を掲載中。将来なりたいもの、心理カウンセラー(ファミリーカウンセラーかスクールカウンセラー)、保育士、行動療法士、英語や社会を教える先生もいいな。カナダに素敵な家を持って、自宅で仕事ができたらそれもいいかも。
[PR]
Commented by がーでんのーむ at 2006-03-30 00:39 x
はじめておじゃまします。「英語や社会を教える先生もいいな。」というフレーズについつい目がいってしまいました。昨年30歳の誕生日のすぐ後に5ヶ月ビクトリアに行きTESLを勉強した後、帰国して向こう見ずにも通信で教職をとろうと心に決めたのですが、大学在学中に遊んでしまったツケがまわったのか、これがかなり私にはツラいことがわかりくじけそうです(涙)。でも、これから需要が絶対あるに違いない、と信じてがんばります!私の小さい頃の夢は、おかあさんだったような気がしますが、それも果たせるのかどうか…(笑)。
Commented by はぷぎ at 2006-03-30 01:43 x
最近沢山投稿されていますね。下の方に行ってしまったものにコメントしても、気付れないかもしれないな・・・と思ってこちらに文章を書かせて頂く事にしました。(文字数が多いので幾つかに分けて送信します。)

時折時事ネタを書かれていますが、その客観的に伝えられるMiffyinvicさんの文章力、いつもすごいなって思っていました。私も過去、ブログをやっていたんですがつい力が入りすぎて、起きた出来事を伝えるよりも自分の感情の方がメインになってしまったりして・・・。Miffyinvicさんの書き方は本当にニュースみたいでそれは新聞係の頃からの力なんですね。情報のソースが付いていたりして読んでいてとても勉強になります。
Commented by はぷぎ at 2006-03-30 01:44 x
英語を小学校からの必修にするという話についてなのですが、私もニュースで読んでいました。私は(も?)この方針にはあまり期待していません。成績に反映しないというのは良い部分だと思いますが、一人の先生(一部の先生は海外の生活経験が無いであろう人)が20人とか30人の生徒相手に一週間の間で数時間教えるわけですからまたフレーズなんかを暗記させて終わっちゃうのかなぁ?と。一部のお子さんには英語を知る機会になるかも知れませんが、一部のお子さんには英語嫌いを植え付ける機会になってしまうかもしれません。またコミュニケーション重視、という事なので引っ込み思案な子供達にとっては苦痛でしか無い時間になる可能性だってあると思います。
Commented by はぷぎ at 2006-03-30 01:45 x
多くの人が駅前留学で多額の資金を払っている一方で英語のテレビが普及していない事についてですが、それは企業とテレビ局がそう操作しているからでは無いでしょうか。テレビは日本企業のマーケティング場ですから、洋服、電化製品、食料、音楽、政治・・・何につけても日本人をコントロールするにうってつけな道具です。そこにお金も払っていない海外モノが日本に来られたら日本企業は困ります。それでも海外に対する要求は大きいですからお金を払って観せるなら、という今の妥協点で落ち着いているのでは無いでしょうか。

それでも最近はインターネットの利用によって日本でとても流行っているものがそっくり海外からのパクリだったりして、色んな人がミニ評論家になって考えを発信していて、物事を知れる機会が増えていますね。ブログも、とても良いツールだと思っています。(長くなってしまって、本当にゴメンなさい)
Commented by miffyinvic at 2006-03-30 05:57
がーでんのーむさん、はじめまして。コメントありがとうございます!教職の資格をとるための勉強はかなり大変だと思いますが、社会経験のある先生はきっと貴重だと思います。ぜひ夢をかなえるために頑張ってくださいね。
Commented by miffyinvic at 2006-03-30 06:09
はぷぎさん、こんにちは。最近、ブログに力がはいりすぎて、そろそろ今学期の残りの勉強に集中しなくてはとちょっと反省(笑)。ひとつのことに集中するのが苦手なんですよね(笑)。はぷぎさんのテレビについての分析、たしかに、、と納得。日本は企業の力が圧倒的ですものね。引っ込み思案の子どもたちについては、個人的には、日本語・英語を問わず、学校でコミュニケーションの練習をするのは大事なことだと思います。もちろん、それで子どもたちが少しでも自信をつけられることが大前提ですが。。ちょっとでもうまくできたら先生や友達が褒めてくれる、そんな環境があれば苦手意識の強い子どもたちもチャレンジできるようになると思うんです。
by miffyinvic | 2006-03-29 19:19 | ひとこと | Comments(6)

カナダ西海岸で5歳児と二人暮らし。


by miffyinvic
プロフィールを見る