5月10日:カルガリー1日探検

さて、旅の最初はカルガリーから始まりました。アルバータの中心地、石油ビジネスとカウボーイの町。石油で潤っているアルバータ州は、他の州と比べて税金も安くて、若い人たちの住まいとして人気があるそうです。カルガリー空港は、今までに何度かビクトリアとトロントを移動する途中で乗り換えで使ったことがありました。また、うちの大家さんの娘さん家族がカルガリーに住んでいるし、UVICの友人でもカルガリー出身の子がいるし、わりと親近感はある場所。カルガリーに住んだことのある友人たちにカルガリーの見所を訪ねると、カルガリー動物園とボウ川沿いの散歩道に行くことを薦められました。滞在したユースホステルはダウンタウンの端っこにあり、ホステルからダウンタウンと反対のエリアはドラッグディーラーが多いので行かないほうがいいと、空港からのシャトルバスのドライバーが教えてくれました。宿からほど近いところにチャイナタウンがあったので、到着日(9日)の遅い夕食は中華料理で済ませました。食事の量が半端じゃなかったので余った分はテイクアウトして翌日の夕食にしました。カルガリーで最初の朝は、ぴかぴかの快晴。私はタワーに登るのが好きなので、このお天気ならカルガリータワーに登らなきゃと友人を説得して行きました。途中で、ショッピングセンターになっているBankers HallやTD Squareのビル内を通ったりしました。ビル内のカフェではちゃんとスーツを着ているビジネスマンがコーヒーを飲んでいて、ここはビジネス街なんだなぁと実感。これはビクトリアにはない風景。。
b0000372_9194078.jpg
タワーを登ると一部床までガラス張りになって下が覗き込めるようになっていて、高さを感じられます。高所恐怖症でなくても、ガラスの上を歩くのにちょっと勇気がいります。
b0000372_9195741.jpg
トロントのCNタワーも同じようになっているそうですが、カルガリーでこれを経験したら、もうCNタワーに登る必要なし!?(前からトロントのCNタワーに登りたいと思ってたのだけれど、値段が高くて一緒に行ってくれる人がいなかったり、天気が悪かったりで、一度も上まで行ってないのです)タワーの上から見る景色はやっぱり好き。遠くに見えるロッキーマウンテンに、これから行くんだなぁと感激したり、反対側に広がる大平原の地平線を眺めたり。町を横切るように流れるボウ川もなかなか素敵。
b0000372_9221217.jpg
b0000372_922339.jpg
タワーに登った後は、ボウ川の中州にあるおしゃれなカフェレストランを目指して歩きました。中州の公園は新緑が美しく、多くの人がお昼の散歩をしていて平日とは思えないほど賑やか。でも、ガイドブックに載ってたリバーサイドのカフェはランチでもびっくりするくらいお値段が高い!カルガリーのビジネスピープルが優雅なランチを楽しんでいました。私たちは、公園の手前のEau Claire Market内にあったトマトの絵が壁に目立つJoey tomato'sというレストランに入りました。友人Mちゃんは海老カレーを、私はマンゴーピザを頼みましたが、どちらも盛り付け・味とともに満足。お店で働くウェートレスさんもキレイな女の子が多かったです。午後は、腹ごなしにカルガリー動物園へ。ダウンタウンを通る電車に乗ってZoo駅で降ります。広い動物園とは聞いてましたが、確かにそれぞれの動物たちを見て回るのにかなり歩きます。いまいち無駄な歩道が多くて、必要以上に長く歩かされるような気がするほど。でも、ロッキーマウンテンに生息する動物たちや、異国から連れてこられたキリン、カバ、ゾウ、ゴリラ、タイガーなどを見ることができました。これから山で見るかもしれない動物たちと、まずは動物園で対面。動物園は久しぶりで、けっこう楽しかった。
b0000372_1061646.jpg
これでほぼ一日の予定は終了だったのですが、ダウンタウンに戻ったときにはもう夕方6時過ぎ。すると、もうどの店も閉まっていて、ちょっとしたジュースやお菓子を買う場所が見当たらない。そこでスーパーの場所を聞いて電車で行くことにしたのですが、駅の降りる場所を間違えてダウンタウンからボウ川を越え、住宅街へ抜けてしまいました。あわてて川向こうの最初の駅で降りると、ダウンタウンとは違ったいい雰囲気。駅前にSafeway(全国チェーンのスーパー)とオーガニック食品のスーパー、コーヒー屋さんがあって、買い物をした後はコーヒー屋さんで一休みしました。宿に戻るときの電車もこれまた一駅行き過ぎてしまい、また逆戻りするハメに。というのは、このダウンタウンを走る電車、走る方向によって止まる駅が違って、ちょっとややこしいのです。行きに乗った駅は停まらず次の駅(行きに停車しなかった駅)に停まるのです。ダウンタウンは無料で乗車できるのでかなり便利なんですが、乗り降りの駅は間違いやすいので注意が必要。宿に戻るともう8時すぎだったような。。中華料理の残りで夕食を済ませ、翌日バンフへ向けて早朝出発だったので、早めに休みました。
[PR]
by miffyinvic | 2006-05-21 09:54 | 旅と写真 | Comments(0)

カナダ西海岸で5歳児と二人暮らし。


by miffyinvic
プロフィールを見る