5月11日:バンフ滞在1日目

旅行開始の日から3日目の早朝、5時半には起きて軽く朝食を食べた後、Greyhoundのバスデポーに向かって市内の電車に乗り込みました。電車の終点の駅からちょうど朝6時半にバスデポーまでのシャトルバスがあり、それで無事にバンフ行きのGreyhound Busに乗りました。カルガリー市街を抜けて、平らに広がる牧草地がしばらく続くハイウェイを通り、ロッキーマウンテンへ一直線。途中、Canmoreに停まって、バンフには2時間ほどで到着。バスで眠るつもりだったけれど、外を眺めるのに忙しくて、結局ちっとも眠らないうちに着きました。バンフのバスデポーからは歩いてレンタカーショップへ。今回はAlamo Rent A Carにお世話になりました。ハッチバックの一番小さな車を予約してましたが、同じ値段でエコノミークラスの4ドアセダンを貸してくれました。思ったよりしっかりしたサイズの車で初めはちょっと緊張しましたが、運転は大丈夫そう。でも、友人の予約してくれた宿(確かRocky Mountain Y Lodge)と似たような名前の宿がたくさんあり、ほんとはYMCAの宿を予約してたのに、私はホステルに泊まるのかと勘違いして車を走らせ、友人と受付に行くと予約が入っていないと言われ、ちょっとパニックになったワンシーンも。それらしき名前の宿がホステルの近くにあって行ってみたら、これまた別の宿。しかも、それはどう見ても私たちの泊まる宿の値段からは考えられない素敵なロッジでした。親切にも、ここでネットを借りることが出来て、ようやく実際に予約してた宿がYMCAだったことを確認。行く宿はちゃんと事前にリストを作っておくべきですね、、。一時は今夜寝る場所がなかったらどうしようなんて友人と2人で焦りましたが、無事に、ダウンタウンからわりと近くて観光に便利なボウ川沿いのYMCAへたどり着きました。ホステルと違ってここは個室を取ったので、かなり居心地がよかったです。まあ、宿を探してチェックインするまでにちょっと時間がかかり、9時半にレンタカーを借りたのに、気がついたらお昼になっていました。お腹も空いたね、ということで値段のリーズナブルなメキシカンレストランでランチを取りました。そして、午後から半日観光することに。まずは友達が絶対に行ったほうがいいとすすめてくれたサルファー山のゴンドラに乗りました。サルファー(硫黄)山というだけあって、山の麓には温泉があります。山に登ると、バンフの町並みやロッキー山脈が続くようすが一望できて爽快。
b0000372_1683280.jpg
b0000372_1685223.jpg
山の頂上にはかつて山の管理人(?)が寝泊りした小屋が立っていて、中を覗くとベッドや机がまるで今も使われているかのように再現されていて、ちょっとロマンチック。
b0000372_16122473.jpg
さて、山を下りた後は、ガイドブックに載っていたサプライズコーナーに行ってみました。何がサプライズ(驚き)なんだと思ったら、Banff一の高級ホテルFairmont Banff Springsがもっとも美しく見える場所なんだそうです。ボウ滝の向こうにたたずむお城のようなホテルは確かに素敵。
b0000372_1616125.jpg
近くにハイキングコースもあったのでちょっと歩きましたが、それほど魅力的なコースでもなかったので、すぐに川の反対側のボウ滝沿いの散歩道に行き、ついでに高級ホテルの中も見学。歴史のあるホテルで内装もかなり豪華です。日本からのツアー客も多いようでロビーには大手旅行会社の受付カウンターも設置されてました。気がつくともう夕食の時間。ホテル内のレストランも美味しそうでしたが一見して高級そうなので、ダウンタウンに向かいました。なんとなくほっとするような食事がしたくなり、バンフに来たのに、日本の居酒屋風レストラン杉の家さんへ。私はここでアルバータ牛の和風ステーキをいただきました。ガーリックバターで焼いたお肉に和風のタレをつけたら、とっても美味しかったです。店員さんが親切で感じのいいお店でした。バンフ1日目は、お肉で精をつけながら翌日のスケジュールを立てた後、ゆっくり休息。。
[PR]
by miffyinvic | 2006-05-22 16:43 | 旅と写真 | Comments(0)

カナダ西海岸で5歳児と二人暮らし。


by miffyinvic
プロフィールを見る