5月13日:バンフ滞在3日目(前半)

この日は朝5時半には起きて、朝いちのバーミリオン・レイクに向かいます。湖に映る美しい山を見るために。天気は上々。でも、外はまだ寒くて、手袋と帽子を持って出かけました。
b0000372_144225.jpg
湖は静かで思った以上にきれいでした。朝日でほんのりピンク色に見える雪山、そして水温が高いのか湖面からは霧が沸き立つようで、幻想的。
b0000372_144124.jpg
せっかく朝早く起きたので、ついでのバンフのほかの見どころにも足を伸ばしました。トンネルマウンテンロードを通り抜ける途中では、目の前のものすごい大きさのランドル山に圧倒されます。視界の半分以上が巨大な岩山に占められるようでした。
b0000372_14275576.jpg
ミネワンカ湖に行くと、もう朝日はだいぶ高くなってました。
b0000372_14211460.jpg
ふと、湖と反対側を見ると、青空と雪の残る岩山と針葉樹の森のコントラストが見事。
b0000372_145923100.jpg
すぐ近くのツージャックと呼ばれる湖畔にたどり着く直前に、道路の砂利を熱心に舐めるホーンシープに遭遇しました。道路の反対側の斜面の上には群れがいました。
b0000372_1433473.jpg
b0000372_1505654.jpg
ツージャックにはシープ以外にも、本格的なカメラを持って写真を撮り終えた先客のグループがいました。朝早く訪れる人がいるのも頷けるほど、ここの景色は見事でした。
b0000372_1447669.jpg
朝食も食べずに出かけてからずいぶん時間がたっていて、私たちはかなりお腹が空いてきたので、一度ダウンタウンに戻って腹ごしらえ。それから、さらに本格的に出かけました。思い返してみると、この日は一気にバンフからレイク・ルイーズ経由でヨーホー国立公園のエメラルド・レイクにまで遠征したのでした。まずは、ノーケイ山の山腹に立ち寄り、バンフの街を違う位置から見下ろします。私たちもそうでしたが、間違えて休業中のリフト乗り場までドライブしてしまう人は多いようです。ここはちゃんとした展望台も駐車場もないけれど、山道の途中に何台か車が停まっている場所から、見晴らしがよくてヤギがたくさんいる斜面に出られます。この先山道を登っても特に見るものはありません。写真には映っていませんが、右手にはバーミリオンレイクも見えます。
b0000372_15212036.jpg
レイク・ルイーズまではのんびりと、前日も通った1Aを走って行きました。途中で、キャッスル山麓の休憩所に立ち寄ります。
b0000372_15383946.jpg
キャッスル山はロッキー山脈でもそのお城のような変わった形で有名なんだそう。キャッスル山の写真中のシルバーの車は私たちのレンタカー。山の写真を撮った後、山小屋風のお店で店員さんにガイドブックにも載らないような近くのハイキングコースを教えてもらって、小さな滝まで歩きました。往復1時間もかからない短いハイキングだったけど楽しかったです。さて、いよいよレイク・ルイーズに到着ですが、長くなるので続きはまた後で。。
[PR]
Commented by ai at 2006-05-25 21:29 x
はじめまして。よく写真撮れていますね。私も、何度か行き来していますが、カナダの自然はあきることがありませんね。7月からは、また、ビクトリアで過ごしますが、どこかですれ違うことがあるかもしれませんね。青春時代、楽しんでください。
Commented by miffyinvic at 2006-05-26 16:10
aiさん、はじめまして。返信が遅くなりました。ちょうど同じときに別のaiさんもいらっしゃって混同してしまいました。すみません。夏にビクトリアにいらっしゃるのですね。7月なら日本からの避暑にぴったりの季節。こちらでの滞在を楽しんでください。また機会があれば、ブログにも遊びに来てください!
by miffyinvic | 2006-05-25 15:50 | 旅と写真 | Comments(2)

カナダ西海岸で5歳児と二人暮らし。補助輪なしで自転車に乗れるようになったよ!


by miffyinvic
プロフィールを見る