学会のボランティア

先週末、日本カナダ学会がUVicの取りまとめでビクトリアで開催された。たまたま、LING110の教授がこの学会を担当しており、ボランティアを募集していたのでお手伝いをさせていただいた。事前準備では参加者の名札を作成したりパンフレットの袋詰めをしたり、当日は会場でプロジェクターの設置をするのが仕事だった。この学会は毎年行われているそうで、参加者は主に日本研究の専門家・大学教授・大学院生などだった。こういうアカデミックなイベントの様子を初めて見ることができて新鮮だったが、内容は高度なものが多く、発表者の使う言葉が専門用語だらけで聞いてもよく分からないものもあった。カナダ人のボランティアスタッフにこの話をしたら、その人も全体的に難しい言葉を使う研究者が多くて半分くらいの発表はカナダ人の学生にとっても難解だったと言っていた。Undergradの学生にとっては、内容が高度すぎたのかもしれない。それでもこの学会を通して、いろいろな人が真剣にカナダと日本の関係について研究したり、外交・ビジネス・文化の面で活躍しているんだなと認識できて、新たな刺激を受けた。
[PR]
by miffyinvic | 2004-10-21 16:23 | Uvic | Comments(0)

カナダ西海岸で5歳児と二人暮らし。補助輪なしで自転車に乗れるようになったよ!


by miffyinvic
プロフィールを見る