ある日

世の中のほとんどの問題が、人の心から生まれていると思った。
毎日流れる残酷な殺人のニュースや戦争のニュースも、誰かの心の中で生まれた「こうしよう」という意志から事件が始まる。当然のことだが、何もない平穏な心からは、残酷な事件は生まれない。いじめ、虐待、強盗、殺人などいろんな事件が毎日のように起こるが、加害者になる者も、生まれた瞬間からそういう心を持っていたわけではない。成長する過程で何かが狂ってしまったのだ。怒り・悲しみ・孤独・絶望をコントロールできなくなったとき、人は信じられない事件を起こしてしまうのだろう。もし、彼らが自分自身をコントロールできなくなる前に、誰かが理解者となり、心の支えとなっていれば、結果は大きく変わっていたのではないかと思う。今、みんな急ぎすぎて、心には耳を傾けることをすっかり忘れている気がする。1分1秒も、他の誰かのために立ち止まることができなくなっていて、手助けが必要な人も置き去りにされる。それが心の問題となると、目に見えないことだからなおさら放って置かれてしまって、いろいろなツケが後から歪んだ形で現れてしまう。今、そういうツケがどんどん膨らんでいるように感じられる。
[PR]
by miffyinvic | 2004-08-13 22:59 | ひとこと | Comments(0)

カナダ西海岸で5歳児と二人暮らし。補助輪なしで自転車に乗れるようになったよ!


by miffyinvic
プロフィールを見る