ちょっと古い記事だが

月例報告 00年05月(森岡洋一郎/松下政経塾 20期生)
カナダ ~多元社会の民主主義から~その2

この記事を読むと、カナダ人とアメリカ人の意識の違いが少しわかるかも。
大体のカナダ人はアメリカ人と一緒にされるのを嫌う。
もちろんMolsonのCMの影響が大きかったのだろうが、「Z」をジーと読むと、カナダ人は『ここはアメリカじゃないんだから「ゼッド」と読めっ』て冗談交じりに主張する人もいる。

そういえば、マイケルムーア氏の映画「ボーリング・フォー・コロンバイン」でも、
表現は誇張されていたが、カナダとアメリカの違いを面白く描いていた。

カナダ生活2年目の私も、友人からアメリカはどう?って聞かれると、
私がいるのはアメリカじゃなくてカナダ!一緒にしないで、、と思う。
[PR]
Commented by mikio at 2004-08-15 10:35 x
カナダって私の中でいい印象です。
その訳をたどっていくと、『ラブレター・フロム・カナダ』という歌にあるようです。
なんか平和そうです。
『ボーリング・フォー・コロンバイン』も見ました。
みんな優しそうに見えました。
Commented by miffyinvic at 2004-08-15 20:22
そうですね、カナダ(特に西海岸)はのんびりしてますね。うちの大家さんも鍵かけずに平気でで出かけちゃいます。平和な証拠です。他人同士でも、ちょっと見はシャイだけど、こっちから話しかけると結構気さくに話してくれます。
Commented by qb731 at 2004-08-19 01:43
Molsonって、「I am CANADIAN!」のCMですよね?CMフェスティバルで拝見したんですけど、あのCM大好きです。ああいうCMがあるカナダがうらやましかったです。それにしても、本当に鍵かけずに出ていけるんですね。すごい。。。「ボーリング〜」でのカナダのスラム街にもびっくりしましたが...。
by miffyinvic | 2004-08-15 10:21 | カルチャー | Comments(3)

カナダ西海岸で5歳児と二人暮らし。補助輪なしで自転車に乗れるようになったよ!


by miffyinvic
プロフィールを見る