2017年 03月 30日 ( 2 )

病み上がりで

仕事も家事も忙しいと、一日の終わりは本当にぐったり。

ここ2週間ずっと体調不良で、先週1週間は熱は出ないものの、ずっとインフルエンザにかかったような悪寒、体のだるいような痛いような感覚、そしてひどい鼻づまりと咳で苦しみ、金曜日にあまりに調子が悪くてクリニックに行きました。薬をもらい、お医者さんに勧められた鼻うがいも週末に実行して、日曜日には友人が日中息子を預かってくれたのでだいぶ休めたものの、月曜日も一日休まないとダメな状態でした。あまりに体調が悪くなると、万一自分が救急で病院に入院なんてことになったら息子はどうなるんだろうかと不安がよぎったりします。今回は幸い、丸2日昼間しっかり休んだおかげで一気に回復した感じです。

しかし、病み上がりでも日中は仕事がいっぱいいっぱいで全力でこなし、息子をダッシュで保育園に迎えに行き、家に帰ってからは速攻洗濯、それから食べ物のストックが尽きたので、おかずを一から料理して夕食を食べ、食後の片付け、洗濯物の片付け、息子を風呂に入れたら、もう疲れ切ってしまいました。風邪をぶり返さないように早く寝たほうがいいのだけど、シャワーを浴びたら目が覚めてしまって今これを書いてます。

息子はまだ、親が体調が悪くても容赦なく構って欲しい遊んで欲しい攻撃をしてくるので、親が自分一人しかいなくて兄弟もいないと、家ではなかなか休めません。正直こんな時は自分の親や親戚が近くにいたらなぁと思います。仕事も一日休んだら金銭的なダメージが大きいし、小さい事務所で人が少ないので休みづらい。今年から家賃補助が月に3万円もカットされたので、お金の面でもあまり余裕がないのです。

それに加えて、1月から通信で取っているコースの課題&試験も今週末と来週にあってアップアップな状態です。将来のキャリアアップのためにできるかなと思って取ってみたけど、仕事、育児、家事を全部やって、さらにコースを取るのは今の状況ではちょっと難しいと実感。こんなに体調を崩したら、元も子もないですよね。続けて別のコースを取るのはやめて、今はエネルギーに少し余裕がある状態に戻そうと思っています。でも、将来的に何らかの方法で収入を増やさないと先が心配と多少焦っています。何しろ今の収入と年金の支払い年数からいって、将来の年金とかほとんど期待できないので。この先、何かいいアイディアが見つかりますように!

[PR]
by miffyinvic | 2017-03-30 16:56 | ひとこと | Comments(0)

BC州で最もリッチな事業家が75億ドルを医療機関に寄付

BCで一番リッチな事業家ジム・パターソン氏(88歳)が75億ドル(日本円に換算すると62億円ほど)をバンクーバーの病院に大きなメディカルセンターが建てられるようにと寄付したニュースを見ました。個人での医療機関への寄付額ではカナダ史上最高になるそうです。こちらで資産を持つ人たちは最近は亡くなる前に、自分の選択した団体に将来の希望を託して寄付をすることが多くなったそうです。きっと自分の意志が寄付した団体にきちんと受け継がれるように、ということなのでしょうね。それにしても本当に多額の寄付でびっくりします。これほど多額ではなくても億単位の金額が学校/大学/医療機関等に寄付される話は時々ニュースになります。

こちらで生活していて気づいたのは、企業やメディアが生活に困っている人や病気で苦しんでいる人を支援する団体に様々な方法で寄付金を集めたり、直接寄付をしたり、利益の一部あるいは労力を還元したりすることです。寄付が個人レベルだけでなく様々な企業、学校、団体のレベルで行われていて、そのおかげでひとり親家庭や貧困家庭の支援も割と手厚く受けられるように思います。また、地域メディアは貧困家庭事情を報道するだけでなく、実際に困っている家庭へ支援が集まるように街ぐるみのイベントを企画して寄付を募っています。特にクリスマス時期は、誰もが食事に困らないように、あるいは貧困に苦しむ子供達にもクリスマスプレゼントが届くようにと寄付を募るイベントが多く行われます。ここ数年は寄付金額が減少しているそうですが、それでも、日本と比べると幅広い企業、メディア、団体等の寄付のおかげで生活困難者等を支援する多くの団体が様々なサービスを提供できているように思います。もちろん、それだけではなく州の助成金も合わせて経営が成り立っているのかもしれませんが。他の都市はわかりませんが、ビクトリアはBCの州都で政府機関も多く、カナダの色々なところからリタイアしてくるお金持ちの人も多いので、割と潤っているのかもしれません。街の規模からするとびっくりするほど多くの支援団体やサービスが揃っているので、何か生活で困ることがあればそういう情報を探してみると良いと思います。

[PR]
by miffyinvic | 2017-03-30 12:43 | ひとこと | Comments(0)

カナダ西海岸で5歳児と二人暮らし。補助輪なしで自転車に乗れるようになったよ!


by miffyinvic
プロフィールを見る