カテゴリ:健康( 17 )

MSPでカバーされるマインドフルネスプログラム

カナダの医療システムは、必要な専門医に診てもらうのに時間がかかったり手術なども緊急でないものは1年以上待たされたり、弊害もいろいろあるのですが、久しぶりにいいニュースを友人から聞きました。BC州では、慢性的な痛みを伴う病気、がん、うつや不安障害などに苦しむ患者さんはドクターの紹介をもらえば、MSP(健康保険)で費用がカバーされる8週間のマインドフルネスプログラムにほぼ無料で参加できるそうです。($40は登録費用か何かで自分で払う必要がある)The Art of Living Mindfullyと呼ばれるコースが対象となっています。(2016年10月現在)

”Individuals whose lives are being affected by stress related physical or mental health challenges should see their doctor, who can determine if they qualify for MSP funding and can then refer them to the ALM course. ” (From the BCALM website)

BC在住で興味のある方はこちらのリンクをご参考に。

私自身、マインドフルネスについて最近知りましたが、アメリカやイギリスなどでは医療現場、刑務所、企業、学校などでメンタルヘルス向上のために取り入れられてきているそうです。日本でも、少しずつ注目されているようで、東京では英語で学ぶマインドフルネス勉強会も開催されています。(グーグルで見つけました)日本マインドフル・リーダーシップ協会のウェブサイトから抜粋させていただくなら、マインドフルネスを日常生活に取り入れることによって、心の平穏、明晰な思考、集中力、創造力、共感と思いやりを向上させる効果が期待できます。こちらで開催されている勉強会は1回2千円程度で良心的です。マインドフルネスは簡単に言えば、「今、この瞬間」に注意を向けるメンタルトレーニングです。昨日のことを後悔したり、明日のことを心配するよりも、「今」に心を向ける練習をします。エアロビクスエクスサイズやジムトレーニング、ストレッチ、ヨガなどで体の調子を整えるのと同じように、マインドフルネストレーニングによって心の調子をチューニングできます。

日本では昔から病は気からと言われるように、体は心の状態と深く結びついています。マインドフルネスを実践することで、免疫力が向上し、病気からの回復が早まったり悪化を防ぐ効果があると、過去20年以上の実験で実証されてきています。BC州では医療費予算が削減される中、少しでも患者さんが自己努力で症状やストレスを軽減できるようにと、マインドフルネスが取り入れ始められたようです。(*医療に代わるものではありません)

イギリスでは学校での活用によって、落ち着きのない子供たちがぐっと減ったそうです。アメリカでも生徒を停学や退学にする代わりにマインドフルネストレーニングを受けさせる学校が増えてきているとのこと。イギリスの .b (dot-be)プロジェクトウェブサイト は教育現場での活用について充実した情報が公開されています。イギリスでは8歳以上の子供を対象にプログラムを導入しています。興味のある方は是非ご覧ください。
ちょっとグーグルで見ると、日本ではマインドフルネスのコースを随分高額な費用(数万円〜数十万円)で提供しているサービスもありますが、英語でならとても良さそうなオンラインコースが無料で提供されていますよ!続けることで効果が出てくるそうなのでインスタントの結果は期待できませんが、自転車に乗る練習をするように一度テクニックを身につければ生涯役に立つスキルになるかもしれません。それを期待して、私も今このコースにチャンレジしています。



[PR]
by miffyinvic | 2016-10-21 12:37 | 健康 | Comments(0)

はじめてのカイロプラクティス

大学に、カイロプラクティス&マッサージをしてくれる小さなクリニックが入っている。友達はすっかり常連さんで、私にもずいぶん前から勧めてくれてたんだけど、未経験のカイロプラクティスにはなんとなく抵抗があった。でも、このところ寝つきも目覚めも悪くて、朝起きた時にものすごい疲れた感じがする。最近ちょっと、いろいろと将来の心配を始めちゃったものだから、夜ベッドに入ってから2~3時間眠れない日も。PCの使いすぎか、寝てる間に歯軋りしてるせいか、なんだかよくわからないけど、頭痛の一歩手前の肩と首のコリが悪化する一方。もう、これはほうっておけないと思い、ついに意を決して、カイロプラクティスに行ってみた。この治療、大学のHealth Care Planに入ってれば、500ドル分は保険でカバーしてもらえる。だから、しばらくは無料でOK。背骨や首の骨の並びをチェックされ、ずれてるところを数ヵ所指摘された。はじめてボキボキ整体してもらったんだけど、全然痛くなかったし、終わったあとは体が軽くなった感じだ。それに、あまりに肩が張っていたので、整体前にマッサージもしてくれて、久しぶりに極楽気分。でも、今日は大家さんのガーデニングを手伝って庭の雑草むしりをやった後に、またこうしてPC使って、夜にはすっかり治療前の状態に戻ってしまったみたい。あまり体がいい状態じゃないので、明日も引き続き治療してもらう予定。
[PR]
by miffyinvic | 2006-06-07 17:54 | 健康 | Comments(2)

食べるってこと

私たちは毎日何か食べてる。でも、自分の口にしてる物が、どうやって育てられ、加工され、どれだけ離れたところから運ばれてきたか、その過程でどれだけのエネルギー(労働力・水・電気・燃料など)が費やされてるか、私たちはよっぽど意識しないかぎり何も考えないで、目の前のお皿から食べ物を口にしている。でも、グローバル化された食品流通の裏にたくさんの問題が隠されてることに気がつくと、自分の住む土地で健康的に育てられたその季節に採れる食材を自分で料理して食べるほうが、自分にも環境にもいいことが分かってくる。どんな化学薬品で加工されたか分からない食材、自分の住む街から遠く離れた場所の水・土壌などの環境汚染、食品の長距離流通で消費される無駄なエネルギー、食品会社が少しでも多くの利益を生み出すために起きる貧しい国での搾取などの問題は、きれいにスーパーに並べられた食品からは想像するのが難しい。けれども、さまざまな関係をたどっていくと、どうして食べ物の過剰な先進国と飢餓で苦しむ発展途上国の格差が縮まないのか、どうして発展途上国で武力争いが止まないのかということにまで、グローバル化が影響していることが見えてくる。友達は、食べ物が人をつくるって言ってたけど、ホントだと思う。もちろん、自分は健康にベストなものしか食べないっていうほど完璧ではないけど、できるだけベターなものを選びたいなと思う。ときどき面倒で、簡単なもので済ましてしまうこともあるけれど。。以下のリンクはEnvironmental Studiesとかやってる人には役に立ちそう。

Jane Goodallの著書 Harvest for Hope: A guide to Mindful Eating (Warner Books, 2002) で紹介されたリソースより
  • EarthSave
  • True Food Network
  • The Jane Goodall Institute
  • The Monterey Bay Aquarium(Seafood Watch)
  • New England Heritage Breeds Conservancy
  • Organic Consumers Association
  • Slow Food
  • Soil Association
  • Sustainable Table
  • Blue Planet Project(Water)
  • Earth Day Network's Footprint Quiz
  • Worldwatch Institute
  • Compost Guide
  • Food Routes
  • Local Harvest
  • The Community Food Security Coalition
  • Compassion in World Farming Trusts
  • Farm Sanctuary
  • People for the Ethical Treatment of Animals
  • Cowgirl Creamery(the craft of cheesemaking)
  • Generation Green
  • Heritage Foods USA
  • Native Seeds/SEARCH
  • Niman Ranch
  • Seeds of Change
  • Skagit River Ranch(Washington, US)

  • BOOKS
  • Peter Singer, Animal Liberation (Ecco, 2001)
  • Joel Fuhrman, Disease-Proof Your Child: Feeding Kids Right (St. Martine Press, 2005)
  • Brian Halweil, Eat Here: Homegrown Pleasures in a Global Supermarket (W. W. Norton, 2004)
  • Eric Schlosser, Fast Food Nation: The Dark Side of the All-American Meal (Perennial Books, 2002)
  • Marion Nestle, Food Politics: How the Food Industry Influences Nutrition and Health (University of California Press, 2003)
  • John Robbins, The Food Revolution: How Your Diet Can Help Save Your Life and Our World (Conari Press, 2001)
  • Frances Moore Lappe and Anna Lappe, Hope's Edge: The Next Diet for a Small Planet (Jeremy P. Tarcher, 2003)
  • Sharon Yntema, New Vegetarian Baby (McBooks Press, 1995)
  • The Vegetarian Sourcebook: Basic Consumer Health Information about Vegetarian Diets, Lifestyle, and Philosophy (Omni graphics, 2002)
  • The Future of Food (Lily Films, 2004)
    [PR]
by miffyinvic | 2006-02-18 16:51 | 健康 | Comments(0)

日本でも増えてきた子どもの肥満

Yahoo!ニュース - 産経新聞 - 肥満予防、子供から 厚労省 生活習慣病対策へ食育

あらっ、と思ったニュース。アメリカやカナダではずいぶんと子どもの肥満が問題になっているけれども、これ、日本も同じ傾向にあるみたいですね。最近では、子どもにも第2型の糖尿病が見られるようになったと聞くし、10~20代で糖尿病になる人も増加しているそうです。怖いですね。(もちろん、生活習慣以外の原因、遺伝などで糖尿病になる子どもたちもいます。)アメリカ・カナダでは、お菓子メーカーが、お菓子のオリジナルキャラクターを使った絵本やビデオなどを作り、小さな子どもたちにお菓子ブランドのイメージを露骨に売り込んでいて、そのマーケティング戦略にはびっくり。日本でも、子どもを釣るために人気のアニメキャラなどがお菓子のパッケージに使われてますが。。それから、もう何年も前から親子でファーストフードを食べる光景はめずらしくなくなりましたよね。今は少し落ち着いてるかもしれませんが、一時期の日本のマクドナルド出店は、全ての駅前にマックができるんじゃないかと思うほどの勢いでした。ファーストフードが美味しく感じられるのは、お砂糖と油がたっぷり入っているからで、体にイイことありません。コーラやファンタに入っているお砂糖の量も半端じゃない。子どもの時からあの味に慣らされちゃうのは、本当に危険です。家での食生活も、お料理が面倒な親御さんたちは手軽な冷凍食品やできあいの揚げ物で家族の食事を済ませたり、子どもを静かにさせておくためにお菓子をあげすぎたりしてるんじゃないかと心配になります。まあ、余計なお世話ですけど。あと、これも絶対原因だって思うのが、運動不足。体を動かす遊びや運動が足りないのは、体力低下だけじゃなく、肥満増加にもすぐつながります。女の子の肥満は、特に10代すぎると大きな心理的問題につながることがあって、ちょっとぽっちゃりしているだけなんだから、では済まなくなってきます。無理なダイエットや過食、やせるための喫煙などに発展しかねません。子どもたちの肥満を減らすのは、大人たちの責任。子どもたちにもっと質のいい食べ物と、体を動かす時間を作ってあげるのが大事だと思います。
[PR]
by miffyinvic | 2006-02-12 13:39 | 健康 | Comments(0)

鳥インフルエンザの分布

東南アジアから西に分布が広がってきた鳥インフルエンザ。感染症情報センターが作成した分布図はわかりやすい。ウイルス感染拡大のグローバル化の様子がよく見えてくる。

1月9日現在、トルコの首都で新たに3人が鳥インフルエンザによって亡くなった。
Yahoo!ニュース - 共同通信 - トルコ、懸命の対応 鳥インフルエンザ拡大
[PR]
by miffyinvic | 2006-01-06 14:56 | 健康 | Comments(0)

どうしたらもっとよく眠れるの?

ここにいくつかのTipsを紹介します。
  • 夜はできるだけ毎日同じ時間に寝る。
  • 夜なかなか寝つけない人は、昼寝をしない。
  • 夕方から夜寝る3時間前までの間に30分程度ウォーキング等のエアロビクス運動をする。
  • 夕食を食べた後は、カフェイン入りの飲み物(緑茶、コーヒー、紅茶、コーラなど)を避ける。かわりに水、カフェインの入っていないお茶(カモミールティー等)を飲む。
  • 寝る間際の食事は避ける。おなかが空いて耐えられない場合は、バナナがおすすめ。
  • タバコ・お酒を控える。タバコは覚醒作用があり、お酒は睡眠の質を低下させる。
  • 寝る直前のお風呂・シャワーは眠気を覚ますので避ける。
  • 眠いなと感じたときに、すぐにベッドに行く。
  • ベッドに入ったら、呼吸法を利用したリラクゼーションテクニックで眠気を促進する。
  • 寝心地のいい布団・ベッド・枕を使う。
  • 部屋は適温に調節し、なるべく騒音や光が睡眠の邪魔をしない環境を作る。
  • 心配事が多くてなかなか寝付けない人は、専門の医師やカウンセラーに相談する。
朝起きるのがつらい人は、
  • 寝る時間を早める。深夜族になってしまって朝起きられない人は、寝る時間を毎日15分ずつくらい早めて就寝時間を調整するといい。一気に時間をずらすと逆効果の場合あり。
  • 目が覚めたら、ベッドまたは布団の上で伸びや軽いストレッチをして体を動かす。
  • 起きたら、雨戸やカーテンを開けて明るい光を浴びる
などを試してみるといいそうです。
[PR]
by miffyinvic | 2005-11-09 16:47 | 健康 | Comments(1)

睡眠は8時間がベスト?睡眠不足の弊害

私たちはどうして毎日眠るのだろうか?1日の疲れを癒して次の日のエネルギーを回復するため、というのは常識だが、最近、眠りのもう1つの重要な役割が分かってきた。それは、日中に経験した出来事や学んだ情報を、脳内で整理して記憶のネットワークを強化すること。

いくつもの大学の調査で、毎日十分な睡眠をとっている学生は、睡眠不足の学生に比べて成績がよいという結果が出ている。これはもちろん睡眠だけの影響ではないが、睡眠の効果もある程度関係しているようだ。ハーバード大学での睡眠と記憶に関するの実験(*)では、6時間以上眠った学生では記憶の向上が見られ、8時間眠った学生は、睡眠が8時間未満だった学生よりもさらに記憶が強化されたという。睡眠研究者たちは、眠ってからの1~2時間(ノンレム睡眠)と、自然に起きる前の1~2時間(レム睡眠)が特に記憶を強化するために重要だと報告する。つまり、本当はもっと睡眠時間が必要なのに朝無理やり眠い目をこすって起きるのは、記憶を作る時間を台無しにしているのかもしれない。

レム睡眠は私たちの毎日の活動に重要な役割を果たしているらしく、実験で数日間30分しか睡眠を許されなかった被験者は、その30分のほとんどをレム睡眠に費やしたそうである。女性の場合、生理の1週間前くらいにイライラしたり、頭痛がしたり、日中に異常に眠くなる人がいるが、この症状が重い人ほど、この時期にレム睡眠の時間が少なくなるという報告もある。女性特有の日中の眠気は、体がもっと睡眠を必要としているサインなのだろう。

睡眠不足や睡眠障害は、居眠りが原因の車や勤務中の事故にはじまり、仕事(勉強)中の効率低下、体の免疫機能の低下、うつ病など心の問題の一因にもなっており、社会的にも大きな損失になっているという。私たちは忙しいと、時間を作るのにまず睡眠を削ってしまうが、この間違った選択は私たちの様々な問題の一因になっているのである。極端な例かもしれないが、睡眠不足のせいでイライラする→些細なことで不機嫌になる→夫婦、カップル、親子同士の言い争い→家族や恋人間の亀裂・断絶、にもつながりかねない。睡眠不足は私たちの生活のすみずみまで影響を及ぼすのである。

私たちの起きている時間と眠る時間は、充電池の仕組みに似ている。私たちの体は1日1回エネルギーを充電するように作られていて、眠りによって得られたエネルギーは、起きている時間中ずっと様々な体内活動によって消費される。十分な睡眠時間をとっていれば、このサイクルがちゃんと働くが、もし日々80%のエネルギーしか充電せずに100%のエネルギーを使おうと思ったら、数日後には、残り少ないエネルギーでいつもと同じだけの活動をしようと体が無理をすることになる。これがずっと続くと、体は赤信号を発するしかない。電池切れでは携帯やデジカメが動かないのと同じように、エネルギー切れでは脳も体もちゃんと働けないのである。日中の居眠りや体の疲労・風邪の初期症状は、体が睡眠を必要としているサインであり、無視しているとどんどん弊害が大きくなる。

日々規則正しい生活を送るのは、忙しい学生や社会人、特に交代勤務で働く人たちには難しい。睡眠不足や睡眠障害の場合、よく、毎日同じ時間に起床・就寝するようにとアドバイスされるが、多くの人には無理な注文だろう。でも、睡眠研究で著名なDement博士によれば、夜5時間しか眠れなかった次の日は8時間眠ったり、昼寝をしたり、平日6時間しか眠れない人は週末に足りない睡眠を補ったりすれば、ある程度のバランスが取れるという。私たちが週末にお昼近くまで寝てしまうのは、日ごろの寝不足の証拠であり、体が必要としているのである。博士は、平均して1日あと30分から1時間多く眠れば、かなり多くの人の日中の効率が向上し、人々の気分も改善されるだろうと試算する。なかなか十分な睡眠をとるのは難しいが、1日1つ何か活動を減らして(1つテレビ番組をあきらめる等)その時間を睡眠に充てれば、私たちの問題のいくつかは解決されるかもしれない。

レム睡眠とノンレム睡眠とは?(他のサイトへのリンク)

*Stickgold, R., Whidbee, R., Schirmer, B., Patel, V., & Hobson, J. A. (2000). Visual discrimination task improvement: A multi-step process occurring during sleep. Journal of Cognitive Neuroscience, 12, 246-254.
[PR]
by miffyinvic | 2005-11-09 09:15 | 健康 | Comments(1)

Health Psycのクラスで

今日はHealth Psychology(健康心理学)のクラスで、BCの州予算の約42%が医療費に使われてる話になった。そのコストは1時間で$1.2million、1日で約$30millionだそうだ。さて、カナダでも医療費の対象となる病気で高い割合を占めるのは、生活習慣病といわれるガン、心臓病、糖尿病等である。カナダ全体では1年間に男性10,000人が、女性8,000人が肺がんで亡くなるそうだが、BCでは肺がんになる人の90%が喫煙者だという。Health関連のクラスで健康志向の学生が多いせいか、喫煙者はほとんど同情されない。それどころか、喫煙者が肺がんになるのは自業自得、タバコを吸わない人が喫煙者の医療費をまかなうほうが馬鹿げてる、彼らにはペナルティを課すべきだ、などの厳しい意見が学生たちから出されていた。元喫煙者の私は、しかし、それじゃあ、砂糖と油たっぷりの食事をしてる人が病気になってもその人の責任だから、税金から医療費を出すのはおかしい、というのと同じ理論じゃないか、と思ったが。。ある学生からは、なぜタバコがこんなに体に悪いと分かっているのに法律で禁止できないのか?と質問が出た。先生の回答は、法律で禁止するとブラックマーケットができて混乱が起きる、タバコ産業への打撃が大きい、それにタバコから得られる多大な税収がなくなるのは政府にとっても不利益だから、ということだった。さらに、一般には喫煙者に多くの医療費がかかっていると思われがちだが、じつは喫煙者は非喫煙者よりも早く死ぬことが多いので彼らにかかる医療費は非喫煙者と比べたら少なく、逆に彼らが政府に貢献している税金のほうが多いかもしれない、という話だった。(でも、アメリカの調査では喫煙者のほうが非喫煙者より生涯の医療費が多くかかると結果が出ている。)生活習慣病の話になると目の敵にされるタバコだが、お酒、それに砂糖・油たっぷりの食生活、車中心であまり歩かない生活パターンも、多大な医療費に結びついているように思う。
[PR]
by miffyinvic | 2005-09-21 14:08 | 健康 | Comments(6)

サプリメント

Internalmedicineさんの記事にTBさせていただきます。

最近はやりのサプリメント、私もビタミン剤は利用しています。(すみません、サプリメントの厳密な定義はよく分かってませんが。。)たまたま今日Stress Plexというビタミン剤をドラッグストアで購入したところに、サプリメントの信頼性を問う面白い記事を読ませていただきました。Internalmedicineさんの指摘するように、企業の利用する実験結果や有効性に関する資料は、企業が都合よく解釈して大げさに宣伝に利用したり、問題点をよく検証していないことは時々耳にする話です。なんとなく、大企業だから安心、みんなが使っているから安心と思って、製品を買ってしまうことが多いのですが、何を買うかは自分の選択。特に体に取り入れる食品、医薬品には、もっと注意を払う必要があるのかもしれません。実際に、一つ一つ自分の買うものを検証するのは難しいですが、普段の生活の中で、企業の宣伝をすぐに鵜呑みにしないことは大事ですね。
[PR]
by miffyinvic | 2005-01-12 14:03 | 健康 | Comments(0)

風邪?

最近ずっと体調は良かったのだが、昨日の夜からなんとなくだるいような頭が重いような感じがしていた。そして、今朝になって猛烈なのどの痛みで目が覚めた。のどが腫れている感じでとにかく痛いのだ。仕方なく起き上がって塩水でうがいをして、それから手元にあったレモン味のロリポップキャンディーを口にした。飴でも舐めていないとどうにも耐えられない具合の悪さだった。とりあえず、風邪っぽい時の常備薬パブロンを飲んで1日過ごしたが、鼻・のど・気管にかけて変な感じがしていて、体の節々がなんとなく痛い。これはとにかく無理をせず、ゆっくり休むしかなさそうである。。。(タバコは吸ってません)

ところで、体があったまる飲み物として、飲み残しのアップルジュースに生姜の絞り汁と蜂蜜とシナモンパウダーを適当に入れて鍋で温め、ホットアップルジュースを作ってみた。これが思いのほか美味しく、飲んだ後は体がポカポカして、とても気に入ってしまった。明日もっとアップルジュースを買ってきてまた作ろうと思う。風邪っぽいときや体が芯から冷えるときにお勧め。
[PR]
by miffyinvic | 2004-11-03 18:05 | 健康 | Comments(4)

カナダ西海岸で5歳児と二人暮らし。補助輪なしで自転車に乗れるようになったよ!


by miffyinvic
プロフィールを見る