カテゴリ:Uvic( 87 )

クラスの選び方

毎学期、自分の取りたいクラスを選択して登録するのだけれど、その選択方法は人それぞれ。時間帯を優先する人、授業内容を優先する人、先生を優先する人、バラエティに富んだ科目を取る人、自分の専門分野で固める人など、さまざまである。自分はというと、授業内容と先生をもっとも重視して選ぶ。まずはその学期にオファーされているクラスの中から、自分の興味と一致するものを選んで、それから教えている先生を確認する。毎回、必ずといっていいほどwww.ratemyprofessor.comで学生から見た担当教授の評価をチェック。で、自分の興味のあるクラスで、なおかつ先生が良さそうなクラスを登録する。この登録は早い者勝ちなので、登録開始が可能な日に人気のありそうなクラスは即登録する。例えば、次の学期に4コースしか取らないつもりでも、興味のあるクラスは登録できる数だけ(UVicでは6コースかな?)さっさとレジストしておく。で、学期の始まりに、それぞれのクラスに行ってみて、実際の先生の方針や試験・宿題の出し方を確認し、各クラスのスケジュールをチェック。なるべく試験や課題の提出日が重ならないように、優先順位の低いクラスからドロップアウトしていく。こうすることで、本当に気に入ったクラス、興味の持てるクラスを取ることができる。やっぱり高い学費を払うなら、その分学べるクラス、あるいは面白いクラスを選ぶべき、というのが私の考えである。私にとっては特に先生の質が重要。先生が自分の教えている内容が好きで、一生懸命に授業を面白く工夫してくれるようなクラスが理想。なので、クラスの時間割りは多少偏りがあっても、私は自分の興味に一致してなおかつ先生が面白いクラスを選んでいる。あと、私は授業の合間に勉強するのが好きなので、クラスとクラスの間になるべく空き時間ができるようにする。そうすると、試験の日もその直前に勉強する時間が取れるし。UVicの心理学部はたくさんの選択肢があるのでありがたい。UVicのいいところは、カナダの中でも気候がよく、のんびりした雰囲気の場所にあるので、結構いい先生が揃っていることだと思う。
[PR]
by miffyinvic | 2006-01-31 17:17 | Uvic | Comments(2)

結局

今さっきかなり長い記事を書いていたのに、何かのKeyに触れた拍子に全部消えた。あーあ、せっかくまじめに将来のプランのこととか書いてたのに。。もうその話は別の機会に書くことにしよう。今学期のクラスは結局400番台を2つ取ることにした。1つは子どものSelf-controlと脳の発達について。このクラスでは自閉症やADD/ADHDなどについても学ぶ。もう1つは健康に関する行動の動機づけについて。健康的なライフスタイルをより多くの人が取り入れるためにどうしたらいいのかを考える。300番台のクラスでは社会心理学と青年心理学(思春期から20代前半までを扱う)を勉強する。どれも自分が興味ある分野で楽しみなんだけれども、リーディングの量が今までと比べてぐんと増えた。リーディングが相当な量の1クラス分と他のクラスの分も合わせると毎日コンスタントに50ページくらいは読まないと終わらない。今の段階ですでに結構きついんだけど大丈夫かなぁ。まあ、完ぺき主義はやめて、飛ばし飛ばし読む方法を身につけよう。。でないと、自分の身が持ちません。
[PR]
by miffyinvic | 2006-01-16 18:03 | Uvic | Comments(0)

コース選択

学校が始まって約1週間。だんだん、気持ちも学校モードに戻ってきた。今学期は最後の学期になり、セミナー形式のクラスも含め全部で4クラス取る予定だ。でも、自分の興味のあるクラスが4つ以上あって、今登録している6クラスから4クラスに絞り込むのに苦労している。どれも面白そうだけど、心理学のクラス4つ取るのでも今学期は相当な勉強量になりそうなので、今すぐにでも取るコースを決めてそれに集中したいところ。何しろセミナー形式のクラスは読む量が多くて、そのクラスだけで、来週の月曜日までに100ページ近く厚さにして1cm以上ある。今考えているのは、Organizational BehaviorとConditioning and learningを落として、Social Psyc, Adolescent development, Child development (Development of Self-control), Psychology of motivating health behavior changeを取ること。でも、Adolescent developmentはまだWaitlistになってるから先生に相談しなくては。保険としてLearningはぎりぎりまで残しておくつもり。
[PR]
by miffyinvic | 2006-01-11 12:26 | Uvic | Comments(2)

今セメ取ったクラス

今学期も無事に終わったので、取っていたクラスの感想を書いとこう。

一番良かったクラス:Health Psyc(PSYC332)。夜のクラスだったけど、先生がユーモアたっぷりに授業を進めてくれて、毎回授業に行くのが楽しみだった。テストはたった2回(オールマルチプルチョイス)とペーパーが1つ。テスト内容はレクチャー・教科書両方からしっかり出題されたけど、比較的易しかった。毎回「みんな今夜も授業に来てくれてありがとう」と言い、サービス精神とエネルギーにあふれる先生のクラスはオアシスみたいだった。内容は医療費問題から始まり、ストレス、免疫機能、食事やエクスサイズ、ポジティブ思考、幸福、プレセボ効果、酒・タバコの問題、加齢、(身体的)痛み、ヘルスケアと患者の関係、末期疾患、死についてなど、幅広かった。

大変だったクラス:Environmental Psyc(PSYC350)かな。一番教科書が分厚くて読みにくかったのと、3つのテストと大きなペーパーに加えて、5ページのラボレポート提出が3回あった。毎回テスト範囲のためのリーディングの量が150ページ近くあった。先生が教科書の著者なので、テストは基本的なことから細かいことまで聞かれた。記述問題では、答えるべき細かい内容を覚えられず、あまり点数が取れなくて苦手だった。授業はけっこうラクだし、内容は面白かったけど、自分で勉強する量が多い。ラボはちょっと面倒だけど、レポートは書くことが決まってるし、ちゃんとAPAStyleでやればOK。TAはけっこうフレキシブルな人で、点数の交渉をしたらちゃんと対応して(点を上げて)くれて嬉しかった。

イマイチだったクラス:Environmental Philosophy(PHIL333)とAbnormal Psyc(PSYC360)。両方とも90分のクラスなのに、ほとんどひたすら話を聞いているだけの授業形式で、しかもスライドとかボードをあまり使わなかった。やっぱり話を聞くだけのクラスだと、ノートも非常に取りにくいし、聞き取れなかったり理解できないところがそのままになってしまいがちだった。特に、Philosophyは自分の専門外なので、授業に行って話を聞いてもイマイチついていけないことがたびたびあった。ちゃんと予習する余裕があれば問題なかったのだろうけど、いつも目の前のテスト・課題に追われて、とりあえず授業に出てテスト直前にリーディングする状況だった。幸いに、どちらのクラスも、主に教科書に沿った内容で点数を甘くつけてくれる教授のおかげで救われた。コースで学んだ内容(テキストも含む)はとても興味深く、考え方も広がってためになった。Environmental Philの内容はEnvironmental Psycを取る人にも役に立つと思う。環境と人間との関係を、資本主義社会、人口問題、発展途上国、女性、動物保護、自然保護など、いろいろな視点から考えるきっかけになった。Abnormal Psycでは、メンタルヘルスの治療が必要な場合とそうでない場合の境界線がどこなのか、精神的に障害や問題のある場合も、それはその人の個性と捉えることもできるし、やっぱり実生活に支障をきたしてしまう場合は、薬やカウンセリングでの治療がどの程度助けになるかなどを学んだ。みんなそれぞれ顔や背丈が違うように、脳の形状(&それによる物の感じ方、認識や情報処理のしかた)も人それぞれ個性があるんだなぁと思った。

面白かったけど難しかったクラス:Human Psychophysiology(PYSC324)。心と体の関係を勉強した。いろんな精神状態のときに、心臓や心拍数、瞳、皮膚の状態、汗、筋肉、脳波などがどう変わるか、それから免疫機能、バイオフィードバック、瞑想の効果などについてを、様々な実験結果を例に学んだ。一生懸命でいい先生なのだけれど、説明がいまいちすっと入ってこなかった。ノートの情報がうまく整理されてなくて見づらく、教科書もけっこう読みにくかったのがちょっと難。ただ、ほぼ毎週あるクイズまたはテストのおかげで、授業についていくのは比較的ラク。テスト内容はけっこう難しいけど全部マルチプルチョイスでファイナル試験もなし。Health Psyc、Abnormal Psycとも内容が関連していて良かった。
[PR]
by miffyinvic | 2005-12-17 16:20 | Uvic | Comments(2)

もうすぐファイナル試験

ただいま、追い込みの勉強中。
今週の木&金曜日に1つずつファイナル試験がある。
まずはEnvironmental Philosophy、それからAbnormal Psyc。
その後はちょっと間が空いて、14日にEnvironmental Psycの試験がある。
スケジュール的には、適度に勉強する時間があってラッキーなほうだ。

今日はAbnormal Psycの勉強をしてたのだけれど、トピックがSubstance use, abuse, dependenceで、お酒、タバコ、麻薬などの中毒・依存症のコース、症状、原因など、ちょっとヘビーな内容。カナダでも日本でも、環境からそこにたどり着くしかなかったケースや、ちょっとした冒険心から麻薬のワナに嵌ってずるずると人生の貴重な時間とチャンスを失ってしまうケースなど、そこに至るまでの道は様々だけれど、お酒や麻薬に人生を奪われていく人たちが大勢いることは事実。たまたま依存症になりやすい体質に生まれてきて、たまたまその人の環境にお酒や麻薬があって、何か精神的なストレス(人間関係、事故、犯罪被害等)がきっかけになって、頼れる人がいなくて等、いろんなマイナス要因が重なって薬物乱用や依存に発展してしまう。そんな話を読んでいたら、ちょっと悲しくなってしまった。

気を取り直して、Environmental Philosophyのほうに取り掛かろう。
[PR]
by miffyinvic | 2005-12-07 16:07 | Uvic | Comments(0)

今日で今セメのクラス終了!

今学期のクラスは今日で全て終了!あとはファイナル試験3つを残すのみ。昨夜そして今日は試験続きだったし、今学期は毎週のように試験、ラボレポートあるいはペーパーの提出に追われて、学期の最後は疲れがたまってしまったせいか結構しんどかったです。今日の最後のクラスはPsycophysiologyの試験で、終わったあとは解放感よりも、グッタリ感のほうが大きかったなぁ。でも、いちおう締めってことで、夜はわが家で友達と美味しいものを飲み食いし、楽しい一夜を過ごしました。

ところで、昨日、ビクトリアにしてはめずらしく雪が降りました。積もるほどではなかったけど、屋根や芝生の上にはまだうっすらと雪が残ってます。
[PR]
by miffyinvic | 2005-12-03 18:38 | Uvic | Comments(1)

短すぎるリーディングブレイク

今学期のリーディングブレイクは水曜から金曜日までの3日間プラス週末のみ。春の学期は10日くらい休みがあったので、それと比べるとほんとにあっという間の休み。しかも、11日はRemembrance Dayで祝日だったので、実質のリーディングブレイクは2日のみだった。この休みにあわせてトロントから彼が遊びに来てくれていて、毎日あっという間に過ぎていく感じ。もうリーディングブレイクが終わりなんて、ほんとに残念!明日から残り3週間は今学期のラストスパートだ。
[PR]
by miffyinvic | 2005-11-14 17:13 | Uvic | Comments(1)

環境について考える週末

月曜日のテストのために、今週末は環境に関する哲学のエッセイを読んでいます。内容は、私たちの食習慣(特に大量の食用肉の消費、菜食主義について)、環境保護あるいは環境との共生をどのような立場で考え賛成・反対するのか、などです。

論理的ではありませんが、最近の自然災害の多発(ハリケーン、洪水、大地震、津波)、そして私たちの食習慣に影響を与えている狂牛病や鶏インフルエンザなどは、自然が人間に何かを知らせている、警告しているように感じます。

私たちは目の前の楽しみ、短期的な利益を追求するあまりに、長期的な自分たちの利益を自ら手放しているのかもしれません。地球のリソース(資源)には限りがあります。石油などのエネルギーだけではなく、食料や水、そして人間の労働力、すべての資源には限界があります。それを無駄なく使えるのが理想ですが、現実はかけ離れています。先進国での果てしない欲望、不健康な生活が人々を不幸にする一方で、後進国では内戦が続き、飢餓と病気が蔓延し、毎日何千人もの子どもが死んでいきます。

今の社会システム、資本主義は、それぞれの人が自分の利益を追求し、より多くお金を産み出し、税金としてその一部を社会に還元することによって、より多くの人を幸福にし、社会問題を解決することができる、という理論だったと思います。たしかに500年前、100年前、50年前と比べたら、今の私たちの生活はずっと快適に便利になっているのだから、資本主義は今までの社会システムの中では一番うまく働いているのでしょう。

でも、永遠にマーケットを拡大し利益を追求し続けることは、爆発的な人口の増加に伴い、それをサポートする地球環境の破壊につながってきています。もし私たちが長期的な利益を追求していくなら状況は変わるかもしれませんが、どうも人間は短期的な利益を優先してしまう生き物のようです。それがたとえ自分の命にかかわっても。長引く過労、時間に追われたストレスだらけの毎日、過剰な飲食等は、多くの病気の原因になっています。私たちはもっと上手なリソースの使い方を身につける必要がありそうです。私たちの生きる目的はお金を産み出すことではなく、満足した生活を送ることのはず。お金と幸福のバランスは、自然環境とも大きくかかわっています。

環境ジャーナリストの枝廣淳子さんのWebsiteはとても興味深いです。
[PR]
by miffyinvic | 2005-11-06 07:33 | Uvic | Comments(2)

Overloaded Schoolwork

最初の中間テストの時期が終わって、その後2週間くらいなんだかのんびりしていたら、ツケがまわってきた。今週水曜にあったEnvironmental Psycのテストは分厚い教科書の1/3、150ページほどが試験範囲で、リーディングが間に合わず5章のうち1章はほとんど読まずにテストを受けるはめに。というのも、今日提出だったHealth Psycのプロジェクトペーパー(10ページくらい)をテスト勉強と同時にやっていて、こちらは先週末に書き始めて半分くらいやっていたのだ。ペーパーの残りは昨日の午後から再開したけど、結論の部分がうまくまとまらずかなり苦戦。皮肉なことに、ペーパーのテーマが睡眠なのに、これを書き上げるのに学校始まって以来2回目の貫徹になってしまった。しかも結局全部終わったのは今日の午後。なんか、焦ってると余計、いろんなコトがうまく回らない、そんなパターンに陥ってしまった。結局、昨日はテスト勉強のために朝5時に起きて、そのままペーパーのために今日の夕方の5時まで起きていて、夕方耐えられずに30分寝たけど、その後また学校に行ってHealth Psycのクラスでそのペーパーを提出してきた。朝の授業では眠さに耐えられずノートが取れないほどウトウトしてしまった。明日もPsychophysiologyのクイズ、そして月曜日にはPhilosophyの中間テストで、これまた勉強が手付かずになっているところが試験範囲の上にがエッセイ形式。あーもーストレスたまりまくり。今夜はもう勉強する気力もないし、もう目が半分閉じてるので、クイズの勉強はまた明日やろう。それにしても、最近調子が悪いのは雨と時差(夜暗くなるのが早くなった)のせいかと思ってしまう。Light Therapyでもやってみたほうがいいのかな。でもまず今必要なのは睡眠ね。

b0000372_1550435.jpg
ちなみに今朝はすごい嵐でした。庭の大きな木もあっという間に葉っぱが落ちていきます。早い回線を使ってる人はビデオで撮った今朝の窓からの様子(5.23MB)が見れます。上の写真と左の小さい写真とビデオの中の木々はみんな同じものです。
[PR]
by miffyinvic | 2005-11-04 15:55 | Uvic | Comments(4)

PSYC332

とは、Health Psychologyのクラス。この授業はなかなか楽しいのだけれど、プロジェクトに、自分の生活の中で健康にプラスになることを何か2~3週間続けて行い、毎日日記をつけて、関連するジャーナルの記事を5本以上読んで、10枚程度のペーパーを書く、というのがある。このプロジェクトをスタートするため、まずは先週試しに、朝晩リラクゼーションテクニックを使ってみることにしたのだけど、朝、時間ぎりぎりに起きるとリラクゼーションを15分とかやっている余裕がない、あるいはリラクゼーションテクニックはリラックスしすぎてまた眠ってしまうこともあって、この企画は没になった。かわりにもっと切実な問題、夜更かし気味で朝起きるのがつらい、という状況を改善するほうが先決だと気がついて、今日から毎日12時には寝ることをテーマに決めた。ジャーナル記事も探したし、今日から2週間、とりあえず勉強やインターネットは早めに切り上げてさっさと寝ます。ま、どうしても時間が必要なときは朝早く起きよう。
[PR]
by miffyinvic | 2005-10-12 15:40 | Uvic | Comments(3)

カナダ西海岸で5歳児と二人暮らし。補助輪なしで自転車に乗れるようになったよ!


by miffyinvic
プロフィールを見る