カテゴリ:Uvic( 87 )

ふぅ

今週は先週よりもさらにきつい状況で、火曜日にEnvironmental Psycラボリサーチのペーパー(先週末に5ページ書いたけど月曜夜に多少訂正して仕上げた)を出して、水曜日にEnvironmental Psycの中間テスト(マルチプル40問、ショートアンサー2問)、明日はEnvironmental Philosophyのテスト(しかも初のエッセイ形式問題)、そして金曜日にPsychophysiologyのクイズがある。明日のエッセイ形式のテスト準備が終わらない、まずいな。。昔からだけど徹夜できない派なので、もうあきらめて寝るかなぁ~。最近、勉強以外の楽しみといったら、急いで作る夕飯くらいだ。けっこう疲れがたまってきてるな~と思う。今度の週末は月曜日がThanksgivingで休みなので、そこで他の科目の遅れを少し取り戻せるかな??うーん、丸1日勉強を何もしない日が必要な気がする今の自分。週末が待ち遠しい。
[PR]
by miffyinvic | 2005-10-06 17:00 | Uvic | Comments(0)

さて今週は、、

中間試験が2つ。1つは明日のAbnormal Psyc、もう1つは明後日のPsychophysiology。そうそう、学費納入の締切りが30日なので、今週中に学校にチェックを持っていかなくては。
[PR]
by miffyinvic | 2005-09-26 07:53 | Uvic | Comments(2)

今学期は、、

初めての5コースにチャレンジ。
今までは4コースでやっていたので、どうなることやら。
私にとってはかなりのチャレンジです。
取っているコースは哲学1つに、
心理学4つ(異常心理、健康心理、環境心理、精神生理学)。
スケジュールを確認すると、うーん、
毎週のように試験、試験、そしてペーパーの連続。
今回は自分の興味のあるコースばかりで、
どうしても1つ捨てる(ドロップする)ことができなかった。
そんなわけで、ネットにうつつを抜かしている時間も
もうすぐなくなりそうです。
[PR]
by miffyinvic | 2005-09-20 18:01 | Uvic | Comments(0)

カヤッキング

ラッキーなことに、うちの目の前は海だ。毎日のように大きな船や小さなボート、ヨット、そしてカヤックが海を横切っていくのがダイニングルームから見える。私は今の家に住むようになってから、ビクトリアにいる間に絶対いつかカヤックをやりたいと思っていた。そして、今学期ついに実行に移すことにした。

大学にはさまざまなクラブがあるのだけれど、そのうちのひとつにKayaking Clubがある。このクラブはWhite Water Kayakingが中心なのでSea Kayakingとはちょっと趣が違うのだけれど、まあ基本はそんなに変わらないだろうということで、今学期ついにクラブに入ることにした。

今日、最初のClub Meetingがあった。Kayaking Clubらしく集まる場所は学校のプール。時間が金曜日の夜8時半から11時までとけっこう遅いのだが、まあ帰りたければ途中で抜けて帰ることも可能な雰囲気だった。いつもはわりと閑散としている大学のプールなのだが、今夜はプールに20艇以上のカヤックが浮かんで賑やかだった。

いきなり初日からSelf-Rescueの練習で、自分が乗っているカヤックをひっくり返して、そこから脱出する練習とか、ひっくり返りそうになったときに体勢を立て直す方法、あとは簡単なパドリングの練習をした。最初にひっくり返ったカヤックから脱出する練習をしたときは、かなり緊張したけれど、やってみれば意外と簡単。中級以上(?)の人はカヤックに乗ったままひっくり返ってまた元の体勢に戻っていてかっこよかった。自分もいつかそんなことができるようになるのだろうか?練習の時間はちょっと長かったけれど、やっぱり水と一緒に遊ぶのは楽しい。明日はきっと上半身と腕が筋肉痛だけど、今のところ気分爽快だ。クラブでは学期中にKayaking Tripも計画されているのでそれも楽しみである。
[PR]
by miffyinvic | 2005-09-17 17:06 | Uvic | Comments(0)

成績の基準が変わった!

UVicの心理学部では今年9月から成績の基準が変わってしまい、
いい成績を取るのが今までよりも難しくなってしまった。今まで、
90点以上ならA+だったのが95点以上に、
85点以上がAだったのが90点以上、
80点以上がA-だったのが85点以上、
そして B+が75点以上だったのが80点以上に変更された。
しかも今までは84.9点なら繰上げでAになった場合が多かったが、
小数点切捨てのシステムになり84点と換算するようになった。
新しい基準だと同じ点数がB+の評価になってしまうのだ。
心理学の全クラスで小数点切捨てなのかはの設定かは不明だが、
点数の基準については統一されたようだ。
学部によって、そのあたりの基準は違うようなので、
いい成績が必要な人は心理学部以外のクラスを取ったほうがいいかも。
他の大学や学部ではどんな基準が採用されてるのかな?
[PR]
by miffyinvic | 2005-09-14 13:38 | Uvic | Comments(2)

環境哲学のクラス

無事に自宅のインターネットが復活したので学校のことを書こうと思う。今年でついに4年生。このままいけば、早くて来年の春、遅くても夏には卒業できる予定だ。

さて、心理学専攻の場合、卒業までに何か1つ哲学のクラスを取らないといけないので、PHIL333(Philosophy and Environment)のクラスに登録してみた。かなり自分の興味のある内容なのでこのまま取り続けたいと思ってるのだが、以前にこのクラスを取った人の話では試験は大きな問題が2つくらい出されて試験時間内にエッセイを書く形式だと聞いているので、それがちょっとネックである。やっぱり未だにエッセイ形式の問題だとなかなか点数が取れなくて苦労してるのだ。内容的には、今の環境保護に反する経済中心の世の中に疑問を持っている1人として、哲学が環境問題とどうかかわるのか、環境問題を解決するための議論を哲学的な視点でどう発展させられるのか、環境に関する公共政策に哲学がどのような役割を果たせるのか、などとても興味深い。

私が環境問題に興味を持つようになったのは、ずいぶん前になる。自分が10代半ばの頃、朝シャンが流行るようになった。当時、毎朝シャンプーする私に、母は「そんなにシャンプーしたら将来髪の毛が禿げるよ」と言っていたが、私は毎日シャンプーするのはエチケットの1つと思い込んでいた。そんな時、ある雑誌の投書で、中学生の男の子が朝シャンブームに疑問を投げかけていた。「ブームに乗っている人たちは、毎日のシャンプー&リンスが環境にどれくらいダメージを与えているのか考えたことがあるのか?きっと、そういう人たちは環境問題なんてこれっぽっちも考えていないのだろう。」という主旨の投書だったと思う。この記事は今でも覚えてるくらい、私にとってインパクトのあるものだった。彼の書いたことは本当に的を得ていると思った。たいがい、私たちは生活習慣と、その環境への影響を結びつけることなく行動している。もちろん1人の影響は少ないけれど、何千万人、何億人が使うシャンプーや洗剤はどれくらいの量になるのだろう。それが自然環境の中に入っていけば、当然影響がないはずがない。(実際にどんな問題を引き起こすのかは勉強不足なのでわかりませんが。。) 環境問題と、私たちのエネルギーとなる食べ物を産み出す土や、川・海の水のことをもっと考えたいと思う。
[PR]
by miffyinvic | 2005-09-12 16:17 | Uvic | Comments(0)

余裕のない日々

時間的プレッシャーに弱い私は、何かを同時進行でやるのが苦手だ。マルチタスクがうまくできないタイプなのだ。だから、今、2つの試験勉強を同時進行しながら、さらにペーパーを書く準備もしなければならない状況に気が重くなっている。ペーパーを書く準備としては、資料(自分のリサーチに関連した論文記事)を読んで、自分のリサーチとどう関係するのかを整理して、過去の実験を参考に自分のリサーチの手順を組み立てるのだが、資料はプリントしたものの机の上に放置されている。とりあえず毎日の授業についていくのに精一杯で、ノートのレビューはしているものの、来週の試験範囲になっている教科書のリーディングはまだ全然進んでない。試験は来週なんだから、まだまだ時間があると思いきや、今週末は友人の結婚式と誕生日会、来週の試験前日は日本語のティーチングが入っていて、できるだけ前倒しで勉強しておかないとまずいのだ。なのに、この遅い進み具合。うーん、集中力が勝負か?
[PR]
by miffyinvic | 2005-07-29 02:20 | Uvic | Comments(6)

PSYC313のテスト

どのコースでも、だいたいmidterm exam(中間試験)があるけれど、今までに授業を取ったことのない先生の最初のテストはどんな内容か想像がつかないので、ちょっと緊張する。今日のCognitive Psycの試験は、レクチャーノート&教科書の両方から、かなり正確に内容を覚えていないと解けない問題が多く出されて、けっこう難しかった。形式は、Multiple choiceが25問、Short-answerが7問(そのうちの2問は問題a.b.とあったので、正しくは9問)あり、試験時間は110分。Short-answer(記述形式)の問題では、全般的に、いつもWritingのスピードが遅くて、全部の問題に答えられなかったり、途中までしか答えが書けずに時間切れになったりして、本当は答えが分かっていてもテストで点が取れなくて損をしてしまう。今回のテストはまあまあ出来たと思うけれど、テスト時間の最後に先生が「あと20秒以内に提出しないと、テストを受け取らない」というようなことを言ったので、あと1sentence書きたかったのにあきらめて提出して、悔しい思いをした。今取っている先生はPh.Dを終わったばかりの新しい先生で、授業の説明はわりと分かりやすいが、授業やテストは一刻も早く終わらせて教室から出て行きたいという態度なのが少々難。テストについては、できるだけのことはやったので、まあよしとしよう。次は、Statisticsの試験が金曜日にあるのだが、こちらも今習っているコンセプトが難しくて、理解するのに時間がかかっている。授業に遅れを取っているので、頑張って金曜日までに何とかしたいと思う。
[PR]
by miffyinvic | 2005-07-19 16:43 | Uvic | Comments(0)

勉強・勉強

夏のコースは進むのが早い。来週の月曜にあるCognitive Psyc(認知心理学)の試験では、授業が始まってから2週間で、教科書の5章分(約190ページ)&レクチャーノートが試験範囲になっている。レクチャーノートは教科書に書いてない内容も含まれているので、かなり膨大な量を勉強しなければならない。同時に、Statisticsもどんどん進んでいく上に、授業で聞いただけでは飲み込めない内容が増えてきて、ちょっと焦る。
[PR]
by miffyinvic | 2005-07-13 14:25 | Uvic | Comments(0)

夏後半

後半7月からは心理学のための統計(PSYC300B)と認知心理学(PSYC313)を取っている。いずれも夏の2ヶ月のコースで1日2時間、週3回のコースである。統計学のほうは、前期とほぼ同じ学習量にプラスして、リサーチペーパーがある。中間試験が2回あって、ファイナル試験は授業最後の日に学期中に学んだ全ての内容がテストされる。クラスでのグループエクスサイズは全部で7回あり、宿題もたぶん6回くらいあるので、それに加えてのリサーチペーパーはなかなか忙しくなりそうだ。認知心理学(Cognitive Psyc)は以前に取ったPerceptionのクラスと内容がかぶる部分が結構あるので、今のところはそれほど苦にならずに済んでいる。でも、2つのコースから来週水曜日提出の宿題が出されているので、週末は宿題をある程度まで仕上げたいと思う。
[PR]
by miffyinvic | 2005-07-07 16:05 | Uvic | Comments(0)

カナダ西海岸で5歳児と二人暮らし。補助輪なしで自転車に乗れるようになったよ!


by miffyinvic
プロフィールを見る