カテゴリ:子育て( 28 )

アフタースクールケア(学童保育)の申し込み

こちらのアフタースクールケア(日本でいう学童保育)は学校内ではなく別の施設で運営されていて、うちの学区の施設は今日が申し込み受付開始日。朝6時から登録受付。先週金曜日に申込書をくれた担当者が6時前後に行けば大丈夫というので、少し早めに行こうと同じアパートの友人に息子が寝ている間うちで留守番してもらって、5時半すぎに出かけました。こんな日に限って、前夜から雪が降り積もりビクトリアにしては大雪という状態。でも、大きな通りは除雪されていると聞いたので、自分で運転していきました。到着すると、受付の建物の外には人がいないけれど、パーキングには何台も車が止まっていました。あれ、もう少し人が並んでることを想像していたけど!?とにかく車から降りて建物の入り口の近くまで行くと、キャンピングチェアが10個くらい並んでいるのに誰もいない。そしてドアのところまで来たら、もう中で大勢列を作って受付待ちをしてました。それを見た途端、まずいなー出遅れた(汗)と思いました。一応、キンダーガーデンに入る子以外の上の学年の親も少しは他にいたようだし、もう1つ別の学区の子供の受付もしていたので、入れたらいいけど微妙かも。メインは私と同じく今年うちの学区のキンダーに入る子供の親が並んでいる感じだったし。受付の順番は37番でした。あと1時間早く行っていたらと後悔してもすでに遅し。学校の迎えを頼める両親や親戚、元夫、ボーイフレンドも誰もいないので、本当にこの近所のアフタースクールケアに入れなかったら痛い。ひとり親優先とか、頼れる家族がいない人優先にしてもらえたらいいのに、そういうのはなく先着順なのです。結果は4月末ごろわかるようなので、もう運を天に任せるしかありません。

近所のキンダーガーデンの入学については、学校に電話で問い合わせると、英語の一般プログラムの入学決定はまだ調整中で、教育委員会から結果が出ていないとのこと。まだクラス数または1クラスの人数調整などをしていて、へたをすると7月まで結果がわからないかもしれないそうです。キンダーガーデンとアフタースクールケアの申し込みで、ストレスが一気に増えてます。当面は何も結果がわからないので、とにかくできることはやったのだから、しばらくはどちらについても忘れるのが一番。でも、今朝の出来事だから、いろいろと心配してしまいます。

[PR]
by miffyinvic | 2017-02-08 16:33 | 子育て | Comments(0)

カナダBC州の公立小学校入学事情

うちの子、今年の9月からキンダーガーデンに入学予定なのですが、義務教育でも自分で入学の申し込みをしないと入れません。(カナダでは小学1年生の1年前から義務教育がスタートして、学校に入学します)BC州の学校運営はいろいろ問題があるらしいのですが、入学申し込みで大変だとは全く想像していなくて、以前から徒歩5分ほどの近所の公立小学校のフランス語で授業をするプログラムに入れたらいいなと思って、先週申し込みの手続きに行ってきました。フランス語プログラムは人気があるので期間内に申し込みして、その後機械的に抽選が行われます。学区域だし、まあ入れるかなぁとなんとなく望みを持っていましたが、結果は落選。電話して聞いてみたらうちはウェイトリストでは14番目。全部で37人ウェイトリストだったそう。こちらは学校の規模が小さいことを忘れていました!近所の小学校、フランス語のプログラムは2クラスだけで40人しか定員枠がなく、さらにすでに兄弟姉妹が同じ学校に通っている子に優先権が与えられるのです。そして、これも電話で確認してわかったことですが、なんと英語のプログラムも同じく2クラスのみ40人の定員枠とのこと。こちらも兄弟姉妹優先。しかも英語は受付は早い者勝ち。ということは実質家族で初めて子供が小学校に入学する場合、学区域内でも普通に申し込んで入れない可能性が大いにあり、あぶれてしまう子供たちが大勢いることがわかりました。週明け月曜日、朝8時が英語プログラムの申し込み受付開始ですが、息子を早朝に近所の人に見てもらって朝6時から並ぶつもりでいます。もしかしたら、徹夜で並ぶ親御さんもいるかも。ひとり親だと同じことは不可能。もう運に任せるしかありません。他の人から聞いた話だと、昨年どっかの学校では8時に受付開始、8時1分に受付終了になったそうです。私立の人気校の話ではなく、普通の公立校のキンダーガーデンの話ですよ!もう入学する前から、ありえない!!と思うような状況…。

キンダーガーデンに入学する学校が決まり次第、次はアフタースクールケアと呼ばれる学童保育の申し込みをしなければなりませんが、こちらも相当熾烈な競争のようです。近所の小学校の生徒を担当するアフタースクールケアに確認すると、こちらは受付開始が朝6時で、スポットを確保するためには受付初日の朝6時に来てくださいとのこと。別のアフタースクールケアの事情を今日友人から聞いたら、そこは希望者が多くて入るのが難しく、夜中1時から並ぶのが当たり前だとか。共働きのその人は旦那さんに夜中から並んでもらうそうです。義務教育の公立の小学校で入る前からこんな状況とは、BC州酷すぎです。今年は子供の数が多いらしいし、本当にどうなることやら。まあ、義務教育だからどっかの学校には入れるだろうけど、アフタースクールケアは、もしあぶれてしまったら自分でプライベートのサービス等を探さないの?と本当に戸惑うばかり。もしも希望の近所の学校に入れない場合のことも考えて、第2、第3希望の学校も確認しなければ。(ため息)

この2−3週間には結果がわかると思うので、また決まったらアップデートを報告します。

[PR]
by miffyinvic | 2017-01-22 15:14 | 子育て | Comments(1)

久しぶりの青空、なのに

ビクトリアの秋は雨が多い。ここのところ、ずっと雨、曇り空が続いてたのだけど、今日は本当に久しぶりに雲ひとつない快晴の青空。なのに、こういう日に限って?息子の風邪が悪化して、またもや家に引きこもりになりそう。咳がひどい上に熱も出て、参加予定だったバースデーパーティーもキャンセル。スーパーでの買い物だけは行かないとまずいんだけど、行けるかどうか。一人で困るのは本当にこういう時。こないだ同じような状況の時に、スーパーのオンラインオーダーを使ってみたけど、朝注文しても当日配達はしてくれない。そして初回の配達は、注文時にすでに翌日の都合のいい配達時間は不可になっていた上に、お店側の事情で予定日(翌々日)にも配達されず、注文してから実際にものが届いたのは3日後。結局オンラインオーダーした意味がなかった。

息子は遊ぶ元気はあるのに、用意したご飯はほとんど食べないし、それで具合が余計悪化しているから、ママのイライラは募るばかり。月初はお給料の支払いとかで会社は休みづらいので、どうしても明日までに治ってもらわないと困るのに。

[PR]
by miffyinvic | 2016-12-05 04:56 | 子育て | Comments(0)

息子のおもらし

最近、息子の日中のおもらしがひどくて困っています。おもらしといっても1回に出ちゃうのはほんの少しですが、臭いもつくし、その度にパンツとズボンを交換してたら、すぐに履くものがなくなってしまうくらい。何しろ、アパートで洗濯がコインランドリーだから、1回の洗濯に$2ドル、乾燥もしたら両方で$4ドルの出費。昨日洗濯したばかりなのに、半日ですでに4回服を取り替えてます。病院で見てもらわないとやっぱりだめかな。専門のお医者さんに見てもらうのに、どれくらい時間がかかることやら。
[PR]
by miffyinvic | 2016-12-04 02:52 | 子育て | Comments(0)

久々の息子の高熱

昨日の夕方、仕事のあと息子を保育園に迎えに行って、さらに買い物に行って、やっと家に帰り着いたら、買い物袋や二人の荷物をいっぱい手に持っていた私はできるだけ近道で早く部屋に帰りたいと思っていたのに、息子はわざわざ遠回りしておまけにお腹が空いて歩けないと大泣きしだした。だいぶ長い時間すごい声で外で泣いていて、なんでこんなに機嫌が悪いんだろうと頭を抱えていたら、夜中に高熱が出た。体調が悪かったからあんなに変に泣いていたのだとわかった。しばらく前から鼻風邪で本調子じゃなかったけど、なんとか毎日元気で保育園に行って頑張っていた息子。今週から水泳教室が始まったし、昨日は体操教室があったし、疲れが出てしまったのだろう。今日はもともと仕事は半日の予定だったし、保育園を休ませた。今日は休んで大正解。解熱剤が切れる時間になったら、ぱーっと熱が上がってきて、薬を飲んで熱を下げて、眠って、また熱が上がって起きて、薬飲ませての繰り返し。週末で助かった。今週末は特に予定もなかったし、家でゆっくり休んで、週明けには熱が下がりますように。
[PR]
by miffyinvic | 2015-10-03 09:53 | 子育て | Comments(1)

新しい楽しみ

夏ももうすぐ終わりに近づいていますが、今年から子連れキャンプに行き始めました。

個人的なごたごたで去年はすっかり忘れていましたが、ここカナダ、BC州といえば、スローガンはスーパーナチュラルBC、キャンプ天国ではありませんか!手軽に安く遊べて、自然の中でいろんな体験ができるキャンプ。最高です!いや、子連れだし、シングルマザーだし、準備/片付けはちょっと大変ですが、それでも夜は星を眺めながらワインを飲んで、朝は鳥のさえずりを聞きながら目覚めるのは最高〜。子供もあちこち存分に走り回れるし、場所によってはキャンプ場に子供用の遊具のある公園もあって、ファミリーキャンプが快適にできます。

最初は保育園のお友達のシングルマザーの人からお誘いいただいて、息子を連れてのキャンプを初体験。それで、すっかりキャンプの楽しさに目覚めて、日本人ファミリーのお友達と他の場所に行ってみたり、ここのところはほぼ隔週でキャンプしています。今年は水不足で山火事の危険があるため、7月以降はキャンプファイヤーが禁止なのが残念だけれど、煙臭くならずに済むのでそれはそれで良いかも。同行する人の持っているコンロを借りてお料理やバーベキューを楽しんでいます。

今のところ行ってみたところは:

Goldstream Park - 車で40分程で近いのに自然を味わえるのが魅力。公園も水洗トイレもあり、人気があるので賑やか。2回行きました。ほんとに車ですぐだし、綺麗なのが良いです。ただし、初めて行く人はかなりの確率で間違ってハイウェイ沿いのグループキャンプサイトに行ってしまいます。私もその一人でしたが…。日帰りのピクニックサイトがあるパークとは別の場所で、ハイウェイの反対側に位置し、Westshore Rdの信号を左に曲がらないといけないので注意。初めて行く人は場所を地図で確認することをお勧めします。

b0000372_17393766.jpg


Living Forest Ocean Side in Nanaimo - こちらはちょっと遠くて車で1時間40分ほど。でもここも設備が整っていて、RV車もいっぱい。川と海がぶつかる位置でビーチもあって、快適。ただし、暑かったせいか蚊と蜂がけっこういた。帰りは車で30分ちょっとのParksvilleのビーチに寄って、カイト(凧)フェスティバルとサンドキャッスルのイベントを見てきました。

b0000372_17423598.jpg


Ruckel Park in Salt Spring Island - 海の目の前でキャンプができて絶景です。キャンプサイトから行き交うフェリーや船も見えて素敵。でも、かなりハードコアなキャンプ場で、駐車場からキャンプサイトまで数分歩かなくてはなりません。キャンプギアや荷物の移動用にウィールバレル(台車)が置いてあります。シングルマザーにはちょっときつかった。子供を他の人に見てもらいながら、全部の荷物の移動に5往復くらいしました。一泊のための準備と片付けとしてはかなりハード。トイレも水洗ではなく、手洗いの水道や電気すらついていません。夕方以降にトイレに行くには懐中電灯必須。キャンプサイトは蜂も多くて、友達が蜂やハエを退治するテニスラケットのようなものを持っていたし、ピクニックテーブルを覆えるスクリーン付きの背の高いテントがあったから助かったものの、そうでなかったら蜂との戦いで大変だったかもしれません。給水する水道のところには昼間は蜂がブンブン何十匹も飛んでいて、水汲みが怖かった。蜂のことを気にしなければ、2泊くらいして、ゆっくり島を探索したいかも。Salt Spring Islandはフェリーで35分で近いし、キャンプでなく普通にどっか宿泊するのもいいなと思います。

b0000372_174601.jpg



b0000372_17465159.jpg

[PR]
by miffyinvic | 2015-08-17 17:49 | 子育て | Comments(1)

カナダの公共サービス

カナダの、といってもBritish Columbia州の話ですが、保育園の補助金を申請する窓口はとっても不親切。申請は郵送またはFAXのみでの受付で、FAXで送っても書類を処理してもらえるまでに3週間くらいは余裕で待たされる。その上、ちょっとでも書類が足りないと電話ではなく郵送でそのことを知らせてくるので、それで1週間から2週間遅れ、再度書類を提出するとまた平気で3週間待ちを食らわされる。また、たまーに窓口の担当者から、折返し電話をするようにと留守電が入ってたりするのだけれど、掛け直すと自動音声で「ただいま大変混み合っております。あとでまたお掛け直しください。」と言われて、向こうから電話が自動的に切られるという有様。日本だったら、こんなこと有り得ないだろうなといつも思います。ここで、公共サービスからお金を貰うのは、かなりの手間と時間を要します。
[PR]
by miffyinvic | 2015-07-21 07:00 | 子育て | Comments(0)

子どもの風邪

息子はいまだに調子が悪く、けっこうひどい鼻水と咳が続いていて、機嫌が悪い。そのせいで、何かにつけては抱っこ要求してきます。すでに体重は17キロで、抱っこするたびにこっちの背骨が縮んでいくよう…。4連休の直前に看病で仕事を休んだので、月初の仕事が溜まっていて、まだそれほど慣れていない山盛りの仕事をこなすのに正直かなりいっぱいいっぱい。ストレスもいっぱい。子育てと仕事でへとへとです。それでも絶対今は自分が風邪ひけないと思って気を張っているおかげか、なんとか息子の風邪がうつるのは免れてます。しかし気持ち的にはけっこう落ちてる。

今朝はベッドに息子のおしっこが漏れて、そのままではさすがに気持ち悪いので、仕事で疲れて帰ってきてからシーツとその下のカバーを洗濯してます。(アパートのランドリーは朝9時からオープンなので、仕事に行く前に朝一で洗濯できない。)シーツの替え、やっぱり買っておいたほうがよさそう。こういう予定外の家事が増えるのも、子供がいたらよくあることですね。とにかく息子の風邪が早く治って、機嫌よく遊んでほしいものです。
[PR]
by miffyinvic | 2015-04-09 11:58 | 子育て | Comments(0)

イースターの連休

昨日おとといは肌寒かったものの、今日は天気も良くおだやかに晴れた休日。こちらはイースターで金曜から月曜日までの大型連休です。が、うちは息子が水曜日の夜から高熱を出して、木曜日は仕事を休み、昨日も看病、今日も大事をとっておとなしく家で過ごしています。咳のひどい風邪をもらってきてしまったらしく、夜寝ている時もゴホンゴホンひどい咳をしていたせいか、息子は午後ずっと昼寝しています。熱もやっと下がったばかりだし、休養が必要…。明日はイースターのエッグハントのイベントに行く予定だけど、どうかなぁ。様子を見ます。

さて、一部の人にしか報告してませんでしたが、2月半ばにようやく自分がやりたい事務の仕事に就くことができました。ひとり親家庭に理解のある職場で、しかも朝はゆっくり目で時間も多少は融通が効くので助かっています。元パートナーからの生活援助が一切なくなり、本当にこの先どうしたものかと思っていた矢先に、タイミングよく仕事が決まって本当にほっとしました。この仕事が見つかったのは、今まで取っていたマイクロソフトオフィスのコースの先生が、求人をしていた今の職場のオーナーに私を紹介してくれたおかげでした。他にも候補者が数名いましたが、かつて心理学を勉強したことと、以前この職場で日本人スタッフが働いてて、日本人に信頼と親しみを持ってくれていたのも採用してもらえた理由だったと思います。

でも、仕事を始めてからは息子とゆっくり過ごす時間が当然ながら減ってしまって、朝の保育園では私が出かけてしまうのを嫌がったり、寂しい思いをさせてしまって申し訳なく感じることもたびたび。でも、お互いに慣れるしか仕方ありませんね。

日本への帰国は、金銭的に事情に加えて、新しい仕事も始まったため、しばらくは帰れそうにありません。ときどき日本だったら家族もいるし、息子が大好きな電車にもいっぱい乗れるし、遊びに行ける場所もいっぱいああっていいなぁと思うけれど、当面はこちらでの生活していきます。




[PR]
by miffyinvic | 2015-04-05 08:57 | 子育て | Comments(0)

断乳のその後の話など

どうなるかとものすごく心配していた断乳、息子に誕生日の前から「3歳になったらもう大きな男の子だからやめようね」と言い聞かせてたせいか、2夜はさすがに連続して泣いて夜中に起きて大変だったけれど、3夜目は寝てから一度も起きずに朝までぐっすり眠ってくれたんです。私にとっては奇跡みたいな出来事。自分が7時間以上、途中息子に起こされることなく眠れたのは3年ぶり。4夜目は寝る前に一言「あったったい(息子がずっと使ってきた隠語)飲みたい」といったけど、「もうあげられないの、ごめんね」と返事をしたら素直に分かってくれたみたいで、ベッドでハグだけしながら寝てくれました。そして、また朝までぐっすり!今日も寝る前にハグ以外なにも求めてこなかったし、無事に断乳成功したようです。ほんとにうれしい!!

その一方、急に物心がついてきたのか、3歳になったとたん保育園行きたくないと言い出してちょっと困っています。朝送るときも、保育園の近くに行くと「デイケア(保育園のこと)いらない」と言って、かわりにバス乗りたいとか公園行きたいとか要求してきます。つい先週末、前からバスに乗りたがっていた息子を誕生日ということでバスに乗せてあげたら、バスがすっかり気に入ったらしいです。今度は車に乗らないと言い出して、これにもまた困っています。今の我が家では車を保有してるのにもかかわらずバスに乗るということは贅沢(ガソリン代もだいぶ安くなったし)。バースデーウィークだったし、公共のバスに乗るのもいいことだから、先週、今週と何度かバスに乗せて保育園に連れてってますけど、バス代1回250円ほどかかるんで行き帰り2回は乗せられません。でも、初めてバスで保育園に送って、その後ためしに家まで歩いて帰ったら、急げば自分の足で15分程度の距離とわかって、いい発見でした。車だと少し大回りするので遠く感じていたけど、近道を歩いたら意外と近い。ここ2-3日は、保育園の帰りも車に乗りたくないと言う息子を、無理やりなだめすかせて車に乗せて帰っていましたが、今日は思い切って息子と初めて歩いて帰りました。息子と一緒だと25分近くかかって、最後は息子は疲れて派手に転んで泣いて、ラストスパート5分は抱っこになってしまいました。重くてほんと腕がちぎれるかと思ったので、明日の帰りは車にします。

[PR]
by miffyinvic | 2015-01-21 16:47 | 子育て | Comments(1)

カナダ西海岸で5歳児と二人暮らし。


by miffyinvic
プロフィールを見る