カテゴリ:ひとこと( 257 )

あけましておめでとうございます

昨日無事にカナダに戻ってきました。去年6月に移民用のPRカードの期限が切れる前に、更新手続きの書類を送って新しいカードを待っていたけれども結局届かず、そのまま日本へ帰国して、有効なカードもトラベルドキュメントもなしでカナダにちゃんと再入国できるか心配していました。幸いにも空港の移民局窓口の人が優しい人で、年明けで忙しいし、シングルマザーで仕事に戻るなら今日は審査なしでいいでしょうと、そのままゲートを通してくれて、トラブルなく戻ってこられました。今日1日休んで、明日から仕事ですが、時差ぼけのせいでぜんぜん眠くならない。今朝は起きたのが10時半でした。自分でもそのボケぶりにショック。明日の朝は起きられますように。

今日は、年末に自分の完全不注意で車をぶつけてバンパーが壊れてしまったのを修理に出しました。しばらく代車を運転するので、慣れない車を気をつけて走りたいと思っています。自分の車が戻ってきたら、今年の保険を更新しなければ。

日本からこちらに帰ってきて、息子が戸惑わないか少し心配しました。でも、日本から遠いカナダの我が家に帰ってきたことをちゃんとわかっている様子。わがままぶり、甘えたい様子はいつも以上な気もしたけれど、まあ大丈夫かな。せっかく日本に行って日本語環境に触れたので、こちらでも息子に日本語で本を読んだり、言葉を教えるようにしたい。今年9月から日本語学校の幼稚園クラスにも入れるので、申し込み方を調べよう。ついでに思い出したこと。在外投票ができるように手続きをしたい。いつかまた日本に戻って息子と一緒に日本で生活することもあり得るし、海外にいる日本人全部が投票したら小さな1県の人口と同じくらいのパワーになるようなので、自分の賛同できる人に一票を投票できたらと思います。

ところで、日本で再会した友達とLINEでちょこっと話して、今年の目標は家の整理整頓というと、わたしも私も!という声が。もともと片付けや整理整頓は得意じゃないけれど、子供がいると輪をかけてなかなか家が片付かず、イライラすることあり。せめて自分のものは、使わないもの、なくても済むものを処分して、週末は小さなスペースの整理整頓を目標に、今年の年末には部屋全体がいくらかすっきりした!と言えるようにしたいです。たぶん来年は帰国しない代わりに、少し家具等のアップグレードを目指します。何しろ今はただでゆずってもらった家具やベッドで、あり合わせ感漂っているし、収納のシステムがまるでできてないので困っています。今年はいらない書類や使わない古い文房具等の処分、引き出しの整理整頓から少しずつやっていくのが目標です。
[PR]
by miffyinvic | 2016-01-05 18:53 | ひとこと | Comments(0)

大晦日

今年の大晦日は日本にいます。短い滞在ですが、以前に仲良くしていただいた近所のママ友に会えたり、家族や親戚と時間を過ごしたり、久しぶりの帰国を楽しんでいます。息子を連れてあまりバタバタあちこち出かけるのも大変なので、今回の帰国はゆっくり目のスケジュール。そのため独身時代からの友達にはほとんど会えなくてちょっと残念。

でも、息子がすっかりおばあちゃんになついて、「おばあちゃん、おばあちゃん」と甘えている姿を見たりすると、帰ってくる場所があるのっていいなぁとつくづく思います。もう90歳をすぎているふたりのひいおばあちゃんたちにも息子の顔を合わせることができて幸せです。またすぐにカナダに戻ってしばらく会えなくなると思うと寂しさはあるけれど、これからも常に「今」を大切に、自分のいる場所でできることを一生懸命やっていきたいなと思います。

新しい年を迎えるにあたって、みんなの気持ちが和やかでありますように!遠くから応援していてくれる家族と友人に感謝しています。そしてカナダでお世話になっている友達のみんなも、どうもありがとう。新年もどうぞ宜しくお願いします。
[PR]
by miffyinvic | 2015-12-31 23:00 | ひとこと | Comments(0)

12月。今年を振り返ると

またもや、今年も激動であっという間に1年経ってしまった感じ。まだ終わってないけど、12月もいっそう勢いよく毎日が過ぎていきそう。今年に入ってようやくカナダ生活が丸1年経って、政府からの低収入者向け住宅補助を受けることができるようになったり、長く続けられる安定した就職先が見つかって、仕事とさしあたりの生活を心配しなくて良くなったり、いいこともあった反面、元夫の完全倒産、まったく音声会話なしでの離婚成立、そして元夫に関するさらに悪いニュースなど、精神的にダメージになるようなこともあった。

その間に、息子は3歳になり、ずいぶん時間はかかったけれど保育園のおかげもあって無事にトイレトレーニングを終了し、オムツから解放され、息子が勝手に一人でトイレに行って出てこられるようになった便利さに感動したり、ずいぶん重くて大きな物を運んで動かせるようになったり、すごい速さで走るようになったり、大人が考えもしないようなおもちゃの組み合わせで想像力豊かに遊んだりして、その成長ぶりに驚かされたりする。仕事と育児であっという間に毎日、毎週、そして毎月が過ぎ去っていく。

離婚して、夫からの金銭サポートゼロでも、親にも頼らず、何とかまともな生活をやっていけるようになって、やっと一息ついている。もちろん、外食も自分のための服の購入もほとんどしないし、美容院に行くことがものすごい贅沢なことになったし、時々世の中の経済活動から離れて生活しているような気分になるけど、それでもカナダにいるおかげか貧乏生活がそれほど苦にはならない。いろんな人種、バックグラウンドの人がいるから、他の人と比べたりせずマイペースでやっていける。まわりであれこれいう家族親戚もいないから、プレッシャーとも無縁。だから、かなりハッピーにやってこられたのだと思う。

世界では、たまたまシリアに生まれたというだけで戦争に巻き込まれ、毎日生死の恐怖に直面して、命からがら幼い子供を抱きかかえて逃げて、ものすごい距離を歩き、鉄のフェンスを越えて、難民として他の国に移動せざるを得ない家族が沢山いる。逃げてきた異国でも邪魔扱いされ、寒さに震えながら夜を過ごしている人たちが何万人もいるのだろう。そんな壮絶な環境の中で懸命に生きようとしている人たちを見たら、自分の問題は大したことがないし、ものすごくラッキーだとしか言いようがない。

2012年は世界の終わりの年で、新しい世界が始まると言われていたけれど、それは平和な世界の終わりで、暴力的な世界が始まってしまったのだろうか。第3次世界大戦はもう始まってしまったのだろうか。悲惨なテロ事件が世界でいくつも起きて、注目はあまり浴びないけれど中東ではもっと頻繁にテロ事件で大勢の人が犠牲になっている。テロがさらに欧米に場所を移すようになると、世界的に事態はますます良くない方向に行くのではないかと不安になる。世界の経済が行き詰まると戦争が増えるのは歴史の繰り返しのようだ。ニュースを見るたびに、人間が引き起こすあまりにも残虐、悲惨な事件で気分が悪くなるので、もう見るのをやめようかと思う。

今ある幸せを大事にして、日々過ごしたい。
[PR]
by miffyinvic | 2015-12-07 17:37 | ひとこと | Comments(0)

不思議な縁

今の職場、シングルマザーに理解のある上司に恵まれて助かっています。一人の女性上司は、彼女自身も3人の息子さんを一人で育てたシングルマザー。不思議な縁で、他にも自分と似た境遇の人に出会いました。今オフィスの改装でお世話になっているアーティスト兼インテリアデザイナーさんもシングルマザーとして2人の娘さんを育てているそう。仕事を始める前に知り合った人でも、息子さんが生まれた時からシングルで、家族に子供を預けて、お金のためもあって、ずっと息子さんから離れて仕事をしてきたという女性もいます。シングルマザーで家族の手伝いもほとんどなく2人、3人の子供を育てた女性ってすごいなーと思うけど、それだけでなくちゃんとキャリアを築いて立派な仕事をしているからほんと尊敬します。女は強し。
[PR]
by miffyinvic | 2015-10-03 10:17 | ひとこと | Comments(0)

PCが遅い!

たいして使ってないWindows PCなのに、Nortonを入れたら遅くなったような。いや、その前からたまに変なエラーが出てたんだけど、差し障りなかったので、そのまま使ってた。でも最近あまりに遅いので、購入後1年くらいたって初めてメンテナンス。あれこれやってるとすごい時間かかる。

息子が起きてるときはPC長時間触ってるの絶対無理だから、夜中にやらざるを得ない。息子いるときは10分もPC使うの難しい。シングルマザーだとこういうのはほんと不便。お金あったら、プロに頼んでメンテしてもらいたい〜。

今までこんなことまで手が回らなかったから、ようやく無理やりやってるけど、睡眠時間減ると疲れやすいしどうしてもイライラしやすくなってしまって辛い。っていうか息子がとばっちり受けてかわいそう。

普段仕事してそれ以外の時間は子供の面倒見ながら最低限の家事して、健康を保つために睡眠時間確保すると、エクストラのことをする余裕は本当ないです。まだ時間かかるようなので、とりあえず一回寝ることにします。


[PR]
by miffyinvic | 2015-09-27 19:08 | ひとこと | Comments(0)

自家製いくら

3週間くらい前に、何気もなく、会社のボスに釣りしますか?と聞いて、もしサーモンを釣る機会があったら、卵を捨てないで分けて欲しいとさりげなくお願いしました。こちらの人はサーモンの卵を食べる習慣がなく、大体は釣ってきても捨ててしまうらしいので、日本では高級食品として人気なんですよーと言っておきました。そしたら、今朝会社に行くと、私のデスクにメモが貼ってあって、冷蔵庫にサーモンの卵(生の筋子)が入っているではありませんか!やったー!こんなにすぐにお願いが叶うなんてびっくりです。

家に帰ったら、さっそくネットを見ていくらを作ろうとワクワクしました。息子もなぜかいくら好きなので、作りがいがあります。今夜も息子がなかなか夜寝てくれなかったので、寝かしつけも適当にあきらめて、いくら作りを開始。何度も塩の入ったお湯で洗ってゴミなどを取り除いて、やっときれいにして、ほんのり塩味のついたいくらを息子も少しだけ食べてから寝ました。それをお醤油のたれに漬け込んで今晩寝かせれば、明日は美味しいいくらご飯が食べられるはず。冷凍保存でかなり長く持つそうなので、大事に食べようと思います。手が魚臭くなってしまったのには、ちょっと困ってます。どうしたら匂いが取れるかな。

b0000372_125598.jpg

[PR]
by miffyinvic | 2015-09-01 17:01 | ひとこと | Comments(1)

さらに2週連続で

週末キャンプ行ってきました。先々週はバンクーバーアイランドにある州立公園キャンプ場で絶大な人気のRathtrevor Parkに、日月のスケジュールで予約を取っていた友達のお誘いで行くことができました。いや、連休でもなかったのですが、ちょうど仕事が暇で上司が直前の休暇リクエストをOKしてくれたのでラッキーでした。お天気にも恵まれて、パークスビルのビーチ沿いにある子供用のウォーターパークや、広〜い砂浜のビーチでたくさん遊べました。キャンプ場は林の中の感じだけど、2−3分歩いてちょっと小道を抜けると石のたくさんあるビーチに出ることができました。砂浜の広ーいビーチは日帰りのピクニックエリアのほうにあって、車でちょっと移動すれば簡単に行けるし、散歩がてらぶらぶら歩いて行くこともできそう。そして、トイレとシャワーがかなり綺麗で使いやすく、手を洗うところはお湯も出る!冷える朝には嬉しい。超人気スポットなのも納得でした。

b0000372_15501076.jpg

b0000372_15534710.jpg
b0000372_1559410.jpg


そして昨日おとといの週末は、天気予報では100%の雨でお天気が悪いのは3−4日続くという話。さらに出かける直前に、絶対通らないといけないハイウェイが事故で封鎖されていて、夕方まで道路が開かないかもというニュースが入ってきて、代わりにフェリーで迂回して行くか!?という選択肢を迫られ、出かける前からキャンプ行って大丈夫かなぁという雰囲気でした。前日の夜準備するつもりがうっかり寝てしまって、準備はほぼ全て出発当日朝にやることになってしまったし。

でも、出かけるのが遅くなってしまったのが幸いして!?午後1時半頃にはハイウェイがオープンするというニュースを友達が知らせてくれて、フェリーに乗らずにハイウェイでキャンプ場に向かうことができました。雨は降っていなかったけれど、それでも、途中ハイウェイではストーム(嵐)の影響でかなりの強風。車が少し煽られる感じだったし、小枝や葉っぱがたくさん空を舞っていました。

今回のキャンプ場、Little Qulicum Falls は今まで行った中で一番遠くて、車で2時間半ほど。現地に近づくと雨が降り出しどんどん天気が悪くなってきました。それでも、まあキャンプ場に近づいてきたし、行くだけ行ってみると、到着した時には結構本降り。地面もところどころ水たまりができているほど。友達はまだ来ていなくて、こんな雨でキャンプほんとにするのかなと思いながら、仲間の到着を待ちました。キャンプに慣れている友達が到着すると、これくらいの雨なら大丈夫だねと、キャンプする気満々。心の中で、「え、こんな地面濡れてるけどテント張って大丈夫なの!?」と思いましたが、水たまりから離れたところにタープを敷いて、その上にテントを張り、さらにもう一枚大きなタープでテントを覆って雨よけにしました。他の人から、テントの中に雨が入ったり、地面から水が浸みてきて大変だったという話を聞いてたので、床の部分もさらにもう一枚大きなビニールシートを張り込んで、かなり周到に雨対策をしたつもり。その甲斐もあって、寝袋や床は濡れずに済みました。ただ、テント内に雨は入らなかったものの、朝にはテントの側面がしっとり濡れていて、湿気もすごかったです。

思ったよりは寒くならなかったのと、少なくとも夕食と朝食の時は雨が止んでいて、ちゃんとお料理&食事ができたのは助かりました。今回は鍋を持っていくのを忘れて、スープを温められなかったのが残念。夕食の時間はけっこう遅くなってしまって、風もあって肌寒かったので、BBQ以外のご飯やスープも温めて食べられたらよかったかも。

到着した日は、雨の中、森の中をハイキングして滝を見に行って、翌日は巨木の森Cathedral Gloveをハイキング、帰りはCoombsに立ち寄ってランチをしました。Coombsのマーケットはものすごい品揃えの上、いろんなものがかなり安くて、すごく混み合っていました。あんなに人が大勢いるお店に行ったのは久しぶりです。もっと時間があったら、いろいろ買い物していたかもしれません。インテリア用品やおもちゃ、様々な輸入食品、普通のスーパーにあるような食品まで、いろいろ割安に売っていました。Coombsを出発したのが午後3時過ぎで、友達の家に寄ってからわが家に帰り着いたのは6時過ぎで遅くなってしまったので疲れましたが、楽しい充実した週末でした。息子も、雨のキャンプも楽しかったようで、明日もキャンプ行きたいと言っています。
[PR]
by miffyinvic | 2015-09-01 16:48 | ひとこと | Comments(0)

日本に帰れないわけ

以前、学生のときは1年に1回は日本に帰ってました。

でも、息子がいて、仕事をしている今、この1年半日本に帰ってません。移民の更新手続きのためにカナダでの滞在日数を稼がないといけなかったのも帰らなかった理由の一つだけど、最終的にここに居残る決心をしたのは、子育てと両立がしやすい仕事が見つかったからです。

もちろん時々ホームシックというか、東京の以前に住んでいた街に帰って、家族や友達に会ったり、(ウインドウ)ショッピングを楽しんだりしたいなぁと思うこと、あります。お金と時間さえあれば、カナダと日本もそれほど遠くない。たった10時間の距離。一晩飛行機に乗れば帰れるんです。でも、息子と帰国するだけで、今の年収の10%を使ってしまうこととなると、そうそう簡単には帰れません。何しろ生活はキツキツなので。

こちらに来た当初は、今くらいの時期に日本にまた帰国して東京にもどって暮らすつもりでしたが、当初は予期しなかった離婚、元夫からのサポートが一切なくなったこと、こちらで子育てと両立できる仕事が見つかったこと、生活の基盤が出来上がってきたこと、そして金銭的に日本に帰るのが難しいこと等で、このまま当面はカナダの今いる場所で生活していくことにしました。

カナダという異国の地で、本当に幸いにも、自分のやりたかった事務系の仕事、しかもカウンセリングクリニックで以前に勉強していた心理学と関わりがある職場に就職できました。一緒に仕事をするカウンセラーの人も経験豊富で尊敬でき、気持ち良く働ける環境。なおかつ、ほぼ週休3日で時間も朝10時から夕方5時で、保育園に子供を預けながら働ける。子育てしながら自分の好きな分野でキャリアを磨ける環境に身を置けるようになったことは、人生の大きな転機だと思っています。今年は暑いのでエアコンがないオフィスは少々辛いけど、自分よりももっと大変な人生の問題を抱えているクライアントさんたちを、間接的にだけれど少しでも助けることができるなら、やりがいがあります。

一人で子育てをするのは楽ではなけれど、夫の面倒を見なくていいし、家族のゴタゴタとも無縁で、最近はこちらでシングルマザーやるのも悪くないと思っています。ここでは、離婚、再婚も良くある話だし、家族みんな名字がバラバラなんてこともけっこうあるので、気も楽というか。カナダは、低所得者でも、子供がいればいろいろな手当てがもらえるし、家賃補助や保育園の補助金ももらえるので、生活はもちろん贅沢はできなけれど、なんとかなっています。そして日本に帰ったら、とてもじゃないけど息子のバイリンガル教育をする費用はないけれど、ここでならタダで自然にそれができます。うまくいけば、フランス語も小学校以降の義務教育で習得できるので、できるなら、こちらで生活を続けていこうと思うようになりました。

それでも、日本の家族にはすごく会いたいので、年末くらいには一時帰国出来ればいいなと思ってます。
[PR]
by miffyinvic | 2015-07-10 17:20 | ひとこと | Comments(1)

アパートの停電

数日前にアパートの管理人さんからお知らせが入っていて、今日は電力会社の工事の都合で停電になるのは知ってたのだけれど、朝7時から朝9時までだと思ってました。朝、出かける時間に電気が使えない=料理できない、レンジ使えない、お湯も出ない、のはめちゃ不便だと思いましたが、帰ってくる時間には電気使えるはずだからまあいいかと、出かけました。そして帰ってきたら、あれ、アパートの入り口は真っ暗。あれれ、まさかまだ電気が使えない??まじで???と管理人さんに電話したら、予定は何と夜9時まで停電だとのこと。え、朝の2時間だけだと思ったら、丸一日!?やー、日本じゃ、なかなかこんなことありえませんよね。

夕方6時に帰ってきて、まだ少し外が明るかったから、その明かりを頼りに、家にあるだけのキャンドルを灯して、とりあえず一時しのぎ。でも帰ってきたらあったかい飲み物が飲みたいと思っていたので、どうしようかと考えたら、ちょうどガラス製のバターケースのふたがキャンドルを入れるのにちょうどいい高さで、その上にミルクを入れた小さな鍋を置いてみました。めちゃめちゃ火力弱くて時間はかかったけど、ミルクが適度にあったまりました。キャンドルの明かりと音楽だけで時間を過ごすのも、たまにはいいものです。でも、キッチンのコンロもレンジも使えないのはやっぱり不便。夜9時までは長いなぁと思っていたら、幸いにも夜7時半ごろには電気が復旧して明かりがついたので、息子と二人で大喜び。電気がつくことがこんなにうれしい日は、なかなかないものです。明かりがつくだけで、ほっとしました。
[PR]
by miffyinvic | 2015-03-06 14:13 | ひとこと | Comments(1)

気づいたら、もう春

もう今週末はバレンタインデーではありませんか!
カナダでは、バレンタインは恋人どうしだけでなく、仲のいいお友達や家族にたいする親愛をこめてカードをやり取りするようです。保育園では、それぞれの子供がクラスの子供たち全員プラス先生にカードを書いて渡すそうです。うちも今週中にカードを用意しなくては。そんなわけで、今回はハートのデザインにしてみました。

外を散歩すると水仙やクロッカスの花が咲き始め、場所によっては梅の花もちらほら咲き始めて、もう春なんだなぁと実感します。近所のお庭にも花が増えて、もうすぐ散歩するのが楽しい季節です。

[PR]
by miffyinvic | 2015-02-10 22:58 | ひとこと | Comments(0)

カナダ西海岸で5歳児と二人暮らし。


by miffyinvic
プロフィールを見る