カテゴリ:ひとこと( 261 )

さらに2週連続で

週末キャンプ行ってきました。先々週はバンクーバーアイランドにある州立公園キャンプ場で絶大な人気のRathtrevor Parkに、日月のスケジュールで予約を取っていた友達のお誘いで行くことができました。いや、連休でもなかったのですが、ちょうど仕事が暇で上司が直前の休暇リクエストをOKしてくれたのでラッキーでした。お天気にも恵まれて、パークスビルのビーチ沿いにある子供用のウォーターパークや、広〜い砂浜のビーチでたくさん遊べました。キャンプ場は林の中の感じだけど、2−3分歩いてちょっと小道を抜けると石のたくさんあるビーチに出ることができました。砂浜の広ーいビーチは日帰りのピクニックエリアのほうにあって、車でちょっと移動すれば簡単に行けるし、散歩がてらぶらぶら歩いて行くこともできそう。そして、トイレとシャワーがかなり綺麗で使いやすく、手を洗うところはお湯も出る!冷える朝には嬉しい。超人気スポットなのも納得でした。

b0000372_15501076.jpg

b0000372_15534710.jpg
b0000372_1559410.jpg


そして昨日おとといの週末は、天気予報では100%の雨でお天気が悪いのは3−4日続くという話。さらに出かける直前に、絶対通らないといけないハイウェイが事故で封鎖されていて、夕方まで道路が開かないかもというニュースが入ってきて、代わりにフェリーで迂回して行くか!?という選択肢を迫られ、出かける前からキャンプ行って大丈夫かなぁという雰囲気でした。前日の夜準備するつもりがうっかり寝てしまって、準備はほぼ全て出発当日朝にやることになってしまったし。

でも、出かけるのが遅くなってしまったのが幸いして!?午後1時半頃にはハイウェイがオープンするというニュースを友達が知らせてくれて、フェリーに乗らずにハイウェイでキャンプ場に向かうことができました。雨は降っていなかったけれど、それでも、途中ハイウェイではストーム(嵐)の影響でかなりの強風。車が少し煽られる感じだったし、小枝や葉っぱがたくさん空を舞っていました。

今回のキャンプ場、Little Qulicum Falls は今まで行った中で一番遠くて、車で2時間半ほど。現地に近づくと雨が降り出しどんどん天気が悪くなってきました。それでも、まあキャンプ場に近づいてきたし、行くだけ行ってみると、到着した時には結構本降り。地面もところどころ水たまりができているほど。友達はまだ来ていなくて、こんな雨でキャンプほんとにするのかなと思いながら、仲間の到着を待ちました。キャンプに慣れている友達が到着すると、これくらいの雨なら大丈夫だねと、キャンプする気満々。心の中で、「え、こんな地面濡れてるけどテント張って大丈夫なの!?」と思いましたが、水たまりから離れたところにタープを敷いて、その上にテントを張り、さらにもう一枚大きなタープでテントを覆って雨よけにしました。他の人から、テントの中に雨が入ったり、地面から水が浸みてきて大変だったという話を聞いてたので、床の部分もさらにもう一枚大きなビニールシートを張り込んで、かなり周到に雨対策をしたつもり。その甲斐もあって、寝袋や床は濡れずに済みました。ただ、テント内に雨は入らなかったものの、朝にはテントの側面がしっとり濡れていて、湿気もすごかったです。

思ったよりは寒くならなかったのと、少なくとも夕食と朝食の時は雨が止んでいて、ちゃんとお料理&食事ができたのは助かりました。今回は鍋を持っていくのを忘れて、スープを温められなかったのが残念。夕食の時間はけっこう遅くなってしまって、風もあって肌寒かったので、BBQ以外のご飯やスープも温めて食べられたらよかったかも。

到着した日は、雨の中、森の中をハイキングして滝を見に行って、翌日は巨木の森Cathedral Gloveをハイキング、帰りはCoombsに立ち寄ってランチをしました。Coombsのマーケットはものすごい品揃えの上、いろんなものがかなり安くて、すごく混み合っていました。あんなに人が大勢いるお店に行ったのは久しぶりです。もっと時間があったら、いろいろ買い物していたかもしれません。インテリア用品やおもちゃ、様々な輸入食品、普通のスーパーにあるような食品まで、いろいろ割安に売っていました。Coombsを出発したのが午後3時過ぎで、友達の家に寄ってからわが家に帰り着いたのは6時過ぎで遅くなってしまったので疲れましたが、楽しい充実した週末でした。息子も、雨のキャンプも楽しかったようで、明日もキャンプ行きたいと言っています。
[PR]
by miffyinvic | 2015-09-01 16:48 | ひとこと | Comments(0)

日本に帰れないわけ

以前、学生のときは1年に1回は日本に帰ってました。

でも、息子がいて、仕事をしている今、この1年半日本に帰ってません。移民の更新手続きのためにカナダでの滞在日数を稼がないといけなかったのも帰らなかった理由の一つだけど、最終的にここに居残る決心をしたのは、子育てと両立がしやすい仕事が見つかったからです。

もちろん時々ホームシックというか、東京の以前に住んでいた街に帰って、家族や友達に会ったり、(ウインドウ)ショッピングを楽しんだりしたいなぁと思うこと、あります。お金と時間さえあれば、カナダと日本もそれほど遠くない。たった10時間の距離。一晩飛行機に乗れば帰れるんです。でも、息子と帰国するだけで、今の年収の10%を使ってしまうこととなると、そうそう簡単には帰れません。何しろ生活はキツキツなので。

こちらに来た当初は、今くらいの時期に日本にまた帰国して東京にもどって暮らすつもりでしたが、当初は予期しなかった離婚、元夫からのサポートが一切なくなったこと、こちらで子育てと両立できる仕事が見つかったこと、生活の基盤が出来上がってきたこと、そして金銭的に日本に帰るのが難しいこと等で、このまま当面はカナダの今いる場所で生活していくことにしました。

カナダという異国の地で、本当に幸いにも、自分のやりたかった事務系の仕事、しかもカウンセリングクリニックで以前に勉強していた心理学と関わりがある職場に就職できました。一緒に仕事をするカウンセラーの人も経験豊富で尊敬でき、気持ち良く働ける環境。なおかつ、ほぼ週休3日で時間も朝10時から夕方5時で、保育園に子供を預けながら働ける。子育てしながら自分の好きな分野でキャリアを磨ける環境に身を置けるようになったことは、人生の大きな転機だと思っています。今年は暑いのでエアコンがないオフィスは少々辛いけど、自分よりももっと大変な人生の問題を抱えているクライアントさんたちを、間接的にだけれど少しでも助けることができるなら、やりがいがあります。

一人で子育てをするのは楽ではなけれど、夫の面倒を見なくていいし、家族のゴタゴタとも無縁で、最近はこちらでシングルマザーやるのも悪くないと思っています。ここでは、離婚、再婚も良くある話だし、家族みんな名字がバラバラなんてこともけっこうあるので、気も楽というか。カナダは、低所得者でも、子供がいればいろいろな手当てがもらえるし、家賃補助や保育園の補助金ももらえるので、生活はもちろん贅沢はできなけれど、なんとかなっています。そして日本に帰ったら、とてもじゃないけど息子のバイリンガル教育をする費用はないけれど、ここでならタダで自然にそれができます。うまくいけば、フランス語も小学校以降の義務教育で習得できるので、できるなら、こちらで生活を続けていこうと思うようになりました。

それでも、日本の家族にはすごく会いたいので、年末くらいには一時帰国出来ればいいなと思ってます。
[PR]
by miffyinvic | 2015-07-10 17:20 | ひとこと | Comments(1)

アパートの停電

数日前にアパートの管理人さんからお知らせが入っていて、今日は電力会社の工事の都合で停電になるのは知ってたのだけれど、朝7時から朝9時までだと思ってました。朝、出かける時間に電気が使えない=料理できない、レンジ使えない、お湯も出ない、のはめちゃ不便だと思いましたが、帰ってくる時間には電気使えるはずだからまあいいかと、出かけました。そして帰ってきたら、あれ、アパートの入り口は真っ暗。あれれ、まさかまだ電気が使えない??まじで???と管理人さんに電話したら、予定は何と夜9時まで停電だとのこと。え、朝の2時間だけだと思ったら、丸一日!?やー、日本じゃ、なかなかこんなことありえませんよね。

夕方6時に帰ってきて、まだ少し外が明るかったから、その明かりを頼りに、家にあるだけのキャンドルを灯して、とりあえず一時しのぎ。でも帰ってきたらあったかい飲み物が飲みたいと思っていたので、どうしようかと考えたら、ちょうどガラス製のバターケースのふたがキャンドルを入れるのにちょうどいい高さで、その上にミルクを入れた小さな鍋を置いてみました。めちゃめちゃ火力弱くて時間はかかったけど、ミルクが適度にあったまりました。キャンドルの明かりと音楽だけで時間を過ごすのも、たまにはいいものです。でも、キッチンのコンロもレンジも使えないのはやっぱり不便。夜9時までは長いなぁと思っていたら、幸いにも夜7時半ごろには電気が復旧して明かりがついたので、息子と二人で大喜び。電気がつくことがこんなにうれしい日は、なかなかないものです。明かりがつくだけで、ほっとしました。
[PR]
by miffyinvic | 2015-03-06 14:13 | ひとこと | Comments(1)

気づいたら、もう春

もう今週末はバレンタインデーではありませんか!
カナダでは、バレンタインは恋人どうしだけでなく、仲のいいお友達や家族にたいする親愛をこめてカードをやり取りするようです。保育園では、それぞれの子供がクラスの子供たち全員プラス先生にカードを書いて渡すそうです。うちも今週中にカードを用意しなくては。そんなわけで、今回はハートのデザインにしてみました。

外を散歩すると水仙やクロッカスの花が咲き始め、場所によっては梅の花もちらほら咲き始めて、もう春なんだなぁと実感します。近所のお庭にも花が増えて、もうすぐ散歩するのが楽しい季節です。

[PR]
by miffyinvic | 2015-02-10 22:58 | ひとこと | Comments(0)

雪だるまのデザインに変えたけど…

こちらは暖冬で雪はまったくありません。
ひょっとしたらこの冬雪が降るかもと準備してた冬用品は出番がないまま春になるかも。

今年は年明け早々、世界で悲しいショッキングなニュースがたくさん。
武器や暴力による死の恐怖が人間を支配しようとする世界が、
現実に広がっていることに心が痛みます。
まるで旧世紀に戻っていくような感覚。人間の残虐性は変わっていない。
平和だからこそ、暴力や死に怯えることなく普通に生活できる、
私たちはやりたいと思ったことができる。
でもその平和が何かのきっかけで簡単に壊れてしまうこともあり得るのだと
意識はしておきたいと思う。うちの祖父母は戦火をくぐり抜けた世代。
彼らだって戦争が起きて自分たちがあんなにひどい経験をするとは、
戦争が勃発する前には思いもよらなかっただろう。

また、この前見たカナダの有名な日系人David Suzuki氏のドキュメンタリー映画で
戦争のために、何の罪もない日系カナダ人が日系だというだけの理由で、
当時家や財産を奪われ、何もないひどい気候の原野に追いやられた歴史を見て、
戦争はどれほど不合理なことも正当化してしまうのだと、実感した。
どうか、私たちの平和が続きますように。戦争が広まりませんように。

[PR]
by miffyinvic | 2015-01-21 17:22 | ひとこと | Comments(0)

天気の悪い週末

今日は日曜日。朝からどんよりした濃いグレーの空、外はザーザーぶりの雨なので、今日は引きこもり。息子と一緒にクリスマスツリーを片付けました。ツリーを箱に入れてしまうと、息子が自分の背の高さほどの大きなダンボール箱を抱えてクローゼットへ持っていってくれました。「ぼく、すっごい力持ち」といいながら手伝ってくれて、なかなか頼もしいです。
[PR]
by miffyinvic | 2015-01-05 07:31 | ひとこと | Comments(0)

あけましておめでとうございます

カナダでは今さっき、年明けしました。テレビのカウントダウンが終わって、外からは花火の音が聞こえてきました。こういう時は誰かを抱きしめたくなります。寝ている息子にそっとハグしました。2015年がより落ち着いた1年となりますように。

昨夜の大みそかは友達一家と息子と一緒に年越しそばを食べました。なんとなく天ぷらも食べたいと思って、生まれて初めてかき揚げも作って持っていったら、思いのほか好評でうれしかったです。大切なひと時を気兼ねなくシェアできる友達は宝です。

世界にこんなにもたくさんの人(世界で70億人以上!http://www.arkot.com/jinkou/)がいるのに、孤独な個人がどれだけいることか。皮肉だなと思いました。去年息子と二人だけでカナダに移ってきた私も、正直孤独だなと感じる時がたくさんありました。

友達が頼りだと言っても、やはり家族と同じように頼ることはできません。それぞれに家族があったり仕事があったりプライベートで悩んでいたり、みんな自分の生活に忙しい。私自身も急な生活環境の変化への対応で精いっぱい、ひとりで子育てしながら仕事のためのスキルアップ、仕事探しで、今までの友人と交流したり、新しい友人を作ったりする時間や心の余裕もあまりなかったです。

でも、人生の中でとことん孤独だと感じる時も必要なのかもしれません。それを通り過ぎたかわかりませんが、家族や友達の大切さ、ありがたさを改めて実感します。そして息子の大切さも。彼のおかげでどれだけ心が救われていることか。また、息子をみてくれる保育園の先生方、それほど親しくなくても同じアパートで息子や私に声をかけてくれるご近所さんや、シングルマザーになった私を応援してくれるボランティアの人がいてくれることで、何とか去年一年を乗り越えてこられたように思います。

新年はもっと人とのつながりを大事にして、息子との二人生活をより豊かなものにしていきたいと思います。(ものではなくて心の面で。)

今年もどうぞよろしくお願いします。



[PR]
by miffyinvic | 2015-01-01 17:42 | ひとこと | Comments(0)

こちらも寒い年越しになりそう

ここはカナダの中ではエバーグリーン(常に緑がある)の穏やかな気候なんですが、今週は気温が日中も0度前後になるようで、天気はいいけど寒い年越しになりそうです。

今住んでるアパートは窓がうすっぺらのガラス1枚なので結露もすごいんですが、気温が0度くらいになって風があると、隙間風がけっこう入ってくるんです。カーテンも備え付けの薄っぺらの一枚だから保温性なし。なので、昨日は夜中に寝室が寒くて、サッシとサッシ枠の境目を塞ぐようにダクトテープを張りました。以前も試してわりと効果があります。これだけでも何もしないよりはいくらかはまし。

寒いとはいえ、アパートで両隣に部屋があるので、暖房の温度をそれほど上げなくてもそこそこに暖かいのは助かります。日本の典型的な古い家よりははるかに暖かいに違いなし。それに、今のアパートは電気、水道、光熱費(暖房含む)込の家賃なので貧乏生活にはありがたいです。何しろ今は臨時の翻訳のみが収入源で、政府からの子供手当と元パートナーからの子供のための養育費のみで生活しているので赤字続き。足りない分は少ない貯金から今のところ賄っていますが、日本にいたときとは打って変わって相当出費を切り詰めた生活で、懐も寒い年越しには間違いありません。

でも年内に翻訳の報酬をいただけたし、年明けに更新する車の保険料も思ったよりだいぶ安く済むことがわかって、多少気持ちに余裕ができました。

[PR]
by miffyinvic | 2014-12-30 20:26 | ひとこと | Comments(0)

今週から冬時間に

先週の金曜日にハロウィンが終わって、この週末に冬時間になりました。(息子は今年はクッキーモンスターになりました。)時計を1時間遅くするので、今までの朝7時が6時になり、夜6時が5時になるわけです。おかげで朝は少し早く明るくなるけれども、そのかわり夕方は早くに暗くなってしまい、ああいよいよ冬になるんだなぁと実感。保育園に迎えに行く時間も今までなら明るかったのに、急に暗くなって、家に帰り着くころには夜といった感じ。最近は雨も多いし、急に雨の夜道に運転しなくてはならず、少々戸惑ってます。(こちらは秋冬が雨のシーズンなんです)実際、冬時間に切り替わった直後は交通事故が急増すると、地元のニュースも伝えていました。1時間の時差だけれど、息子の生活時間は変わらず、ここ二日は夜8時過ぎに寝て朝は4時半、5時起きでした(😞)今日は寝る時間がもとに戻ったので明日の朝はもう少しゆっくり寝てくれることを願います。

[PR]
by miffyinvic | 2014-11-06 15:24 | ひとこと | Comments(0)

コインランドリーでの洗濯

カナダの安いアパートだと、洗濯は建物内の共用コインランドリーですることになります。だいぶ昔に短期滞在した大学の寮でコインランドリーを使ったことはあったけれども、常に生活する場所でコインランドリーを使うのは今のアパートに移ってからが初めて。洗濯と乾燥1回セットで$4かかります。子どもがいるとどうしても週1回では収まらず、月に8〜10回は洗濯してると思います。日本じゃほぼ毎日してたくらいだから、これでも相当我慢。洗濯代もかさむので。保育園に行くと子どもの服はいっぱい汚れるから、もう服を買い足すしかないかなぁ。昨日は洗濯機も乾燥機も混雑していて、空くまでに2時間くらい待たされるし、貧乏暇なしをますます実感。

今まで当たり前のようにあった洗濯機も食洗機もなく、ダイニングテーブルセットも人から無料で譲ってもらって高さのあるものなので、息子が自分でイスに座ることができずいつも抱っこして座らせないといけなかったり、不便なこと、今までよりも時間がかかることがたくさん。最近嫌いなことはキッチンの後片付け。夕飯のあと息子と少し遊んで、お風呂に入れて、その後に寝かしつけて、後で片付けようと思っても疲れきって一緒に寝てしまって、朝時間がないのにお弁当を作る前に皿洗いから始めないといけないのって、ほんとにイヤになります。今日は片付けが終わったからこうしてブログを書いてる訳だけど。愚痴ってすいません。

最近、ついてないことが多くて。数日前にふざけてる息子に目を叩かれたせいか、仕事場で使用済みのタオル等からうっかり感染したのかわからないけど、目に炎症を起こしてまぶたは腫れてるし、あまりいいことがありません。もう寝ます。
[PR]
by miffyinvic | 2014-09-23 15:02 | ひとこと | Comments(0)

カナダ西海岸で5歳児と二人暮らし。補助輪なしで自転車に乗れるようになったよ!


by miffyinvic
プロフィールを見る