<   2004年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

鯨とイルカの集団座礁

インターネットで、100匹近くもの鯨とイルカが、オーストラリアの浜辺に集団座礁して死んでしまったというニュースを目にした。未だにどうしてこういった現象が起きるのかは解明されていないようだが、オーストラリアでは以前にも同様の事件があったという。

英語のニュースを検索すると、中国の英語版ニュースに記事が出ていた。ニュース記事としてポストされてから1時間もたっていない模様で、時差の関係もあり欧米のサイトではまだこの記事は掲載されていないようだった。
Near 100 whales, dolphins commit mysterious "mass beaching suicide" - Xinhuanet
[PR]
by miffyinvic | 2004-11-29 16:03 | ひとこと | Comments(5)

寒い夜

4日ほど続いた雨模様の後の週末は青空が広がった。でも、今夜は寒い。自転車で友達の家から帰る途中、芯から体が冷えるような気がした。家に帰り着くと、寒さでほっぺたがちょっと赤くなっていた。天気予報で現在の気温を見たらマイナス1度で、寒いのは気のせいじゃなかった。(これでもカナダの中では暖かいほうなんだけどね。。)

ところで、最近ブログに書きたいって思うネタがあまり出てこない。頭が冬眠したがってるみたいに、眠かったりぼーっとしたり。本当はいろいろ思うこともあるはずなんだけど、イマイチ頭が機能せず、言葉のまとまり、あるいは文章にならないのだ。こんな時はゆっくり休むべし、、かな?
[PR]
by miffyinvic | 2004-11-28 17:26 | ひとこと | Comments(0)

どんよりした雨交じりの曇り空が続く。3日間くらい太陽を見ていないような気がする。ビクトリアの冬は雨が多くて有名だが、カナダ人の雨に対する態度は日本人とはずいぶん違う。

まず、多くの大学生(特に男の子)は傘を差すのをかっこ悪いと思っている。そのせいか、少々の雨では傘を差さない。雨の日のキャンパスでは、レインジャケット(アウトドア用のジャケット)のフードをかぶり、バックパックを背負って歩く学生を多く見かけるが、その格好は日本人から見るとまるで雨の中ハイキングに行くような服装。でも、こちらでは日常的な風景である。

時には雨の中、平然と外で立ち話を続けている人たちもいる。雨宿りできる場所もあるのに、そんなことはお構いなしで話し続ける。どうも、彼らは雨で濡れることに抵抗がないらしい。ビクトリアに住んで2年目になる私も、だんだん傘を差さずにフードや帽子で雨をしのぐことが多くなった。とにかく頭と顔さえ濡れなければ、雨の中歩いても意外と平気なものである。

でも、雨続きの天気だと、なんとなく気分もどんよりしてしまうのは変わらない。体がだるかったり、疲れやすくなったりしがちなのは、低気圧の影響?晴れの日が待ち遠しい。
[PR]
by miffyinvic | 2004-11-24 12:20 | カルチャー | Comments(2)

ひとつだけ

根拠なしに信じていること。それは、

今、私(あなた)が何をしていようと、どんな状態であろうと、
時とともに私(あなた)は良い方向に向かっていく


ということ。何かの本で「人間の歴史を振り返ると、戦争、飢餓、疫病、差別などマイナスの出来事も多くあるが、1000年前、100年前、50年前と比べたら、今の私たちの生活全般がより良くなったことは間違いない。一時的に状況が悪く見えても、それは物事をプラスに転換するために必要なことで、長期的に見れば物事は自然にバランスを取って良い方向に向かっていく」と言っていた。これが真実かどうかはわからないが、私はこの考え方がとても気に入っている。

今がどんな状況であれ、将来はより良くなるはずだ信じていれば、気持ちもおおらかで前向きになり、より良い結果をもたらす可能性が高くなる。その結果が得られるまでの間にはもちろん浮き沈みもあるだろうが、それはきっと何かを学んでプラスのエネルギーに転換するために必要な過程なのだと思う。
[PR]
by miffyinvic | 2004-11-23 16:40 | 心理学 | Comments(2)

ファイナルが終わるまでに

もう後一ヶ月を切った。今学期の授業も今週含めて2週間でおしまい。ファイナル試験後の冬休みは待ち遠しいが、あっという間に時間がたってしまって少々焦る。今週の金曜日はCSC100のテスト、来週の金曜はPSYC215Aのテスト。次回のPSYC215Aは前回の大失敗からリカバーするためにもしっかり勉強しなくては。
[PR]
by miffyinvic | 2004-11-23 15:24 | Uvic | Comments(2)

BC Ferries

ビクトリアからバンクーバーへの小旅行に欠かせないのがフェリーだ。といっても、私はまだ1度しか往復してないが。。車でなく公共のバス利用なら、一人当たりかかる費用は片道たったの$10程度。車だと、車の運賃$30前後にプラス1人ずつの運賃がかかるので少々高くつく。また、フェリー内の食堂はやっぱり高くて、ハンバーガーとポテトと飲み物のセットが$7以上だった。でも、私の食べたごはん系のチキンボウルは6ドル程度で量もそこそこ味もまずまずでお得な感じ。ちなみに、フェリーは時々遅れることがあるので、できればスケジュールには余裕を持ちたい。フェリーターミナルは、ビクトリア側(Swartz Bay)もバンクーバー側(Tsawwassen)もダウンタウンから少々離れているので、片道2時間半~3時間かかる。もし急ぐ場合は小型の水上飛行機を利用する手もあり。片道$100程度で時間を節約しつつ上空からの見事な景色を楽しめる。
b0000372_157768.gif

[PR]
by miffyinvic | 2004-11-22 15:23 | Victoriaメモ | Comments(2)

心の病に対する企業の対応に指針

読売新聞のニュースによると、従業員がうつ病などになったときの企業対応や職場環境整備についての新たな指針が、厚生省にて作成されるとのこと。増え続けている心の病による労災補償の申請数を反映したものだそうだ。

リストラによって従業員一人当たりの負担が増えている現状が心の病の増加につながっていると思うが、働きすぎ(無理な連夜の深夜残業など)を許さないシステム作りが必要だろう。人の能力はそれぞれ違う。その人の能力にあった働き方(=病にならずに済む働き方)ができる企業作り、そして病気になってしまった後の企業の対応改善の指針が、よりよい結果をもたらすことを期待する。

心の病発症後ケア、企業に指導…厚労省が新指針策定へ
(11月19日)Yahoo!ニュース - 社会 - 読売新聞
[PR]
by miffyinvic | 2004-11-21 16:26 | 心理学 | Comments(0)

ダウンタウンの風景(バンクーバー)

b0000372_1514822.jpg
Vancouver, BC (Nov 2004)

[PR]
by miffyinvic | 2004-11-21 15:16 | カナダの美しい風景 | Comments(0)

Incredibles

今学期最大の山場を乗り越えたってことで、今日は自分にご褒美。
友達と一緒にダウンタウンの新しいジャパニーズレストラン、Annへ行ってきた。
お店は評判を裏切らない味と素敵なインテリアでとても良かった。

その後は久しぶりに映画へ行ってきた。友達の希望で内容は全然知らずに「Incredibles」を観たが、3Dアニメーションのこの長編映画はテンポよく話が進む。突飛でコミカルな内容に爆笑だった。製作者のイマジネーションのすごさに拍手!

The Incredibles -- The Official Movie Website
[PR]
by miffyinvic | 2004-11-20 17:53 | ひとこと | Comments(4)

心にちょっとでも関係する話はここへ

新しく「心理学」のカテゴリーを追加した。

一口に心理学といっても、あらゆる事柄が心理学に関係している。例えば、私が今こうやって書いている文章も、心、または脳が働いた結果である。政治・経済・歴史・文学・アート、ありとあらゆる人間の産物は、私たちの心の産物である。誰かが何かを考えたことからスタートしている。

突飛な言い方だと思うが、私の今使っているPCは、誰か(開発者)の頭で考え出された機械とソフトウェアの仕組み・デザイン・機能が統合された物であり、それはつまり、「PC=開発者たちの心の産物」である。あなたの今着ている服でさえ、誰かの心の体現だとすれば、あなたは今、誰かの心の体現を着ているとも言える。

私たちの態度・考え方・言葉・行動、これら全てがそれぞれ個人の心と脳の働きによるものだと認識すると、物の見方が少し変わるかもしれない。

心が生み出す問題や、心理学に関することはこカテゴリーにまとめたいと思う。
[PR]
by miffyinvic | 2004-11-19 17:46 | 心理学 | Comments(2)

カナダ西海岸で5歳児と二人暮らし。補助輪なしで自転車に乗れるようになったよ!


by miffyinvic
プロフィールを見る