<   2008年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

3回目のゴルフレッスン

昨日いろんなドラマがありましたが、今日は11時半からのゴルフレッスンに行ってきました。

最初のレッスンと2回目のレッスンでは、とにかく正しいフォームでボールを正面に打ちあげる練習しました。練習用のクラブは7番アイアンですが、ティーにボールを置いて、クラブが正しい軌道になるようにトレーニングしました。この練習はけっこう頑張って、ティーで持ち上げたボールは90%くらい、ちゃんと打てるようになりました。(この練習の場合は、ティーを左足つま先の位置に置きます。)先生も、上達ぶりを喜んでくれました。

さて、今回のレッスンでようやく、ティーを使わずに、地面にあるボールを打つ練習になりました。でも、いちばん最初にやらされたのは、ボールを使わず、クラブを振り下ろしたときにクラブフェイスで、自分の体の左半分の位置で土(あるいは芝生)を削り取る練習。(わかりにくかったらごめんなさい)なかなかうまく土を削り取れず、最初苦労しました。まずは土を削り取れない。削り取れても体の右半分の位置(後ろ側)になってしまったり、初めてやることだからコツをつかむのに時間がかかりました。

その後、ボールを両足のほぼ真ん中に置いた状態で、同じことをするように言われました。ボールがあるとそっちのほうに気を取られて、土を正しい位置で削り取るのは至難の業に感じられました。でも、何度も何度もやっているうちにコツがわかってきて、ちゃんとした位置で土が削れるスイングだと、自然にボールがきれいに飛ぶことがわかりました。練習の最後には、地面に置いたボールをきれいに打てるようになりました。

今日できたことが明日もできるように、また練習場に行くつもりです。

書いてませんでしたが、ちょっと前に、ゴルフ用の手袋、帽子、シャツ、シューズを揃えました。そのうち、写真をとって載せますね。
[PR]
by miffyinvic | 2008-05-30 16:13 | Comments(2)

昨日のつづき

実は、今週彼が家にいないのは、弟さんの薬物問題(コカイン中毒)で、薬物問題にかかわる家族のための6日間(泊りがけ)のプログラムに参加しているからなのです。弟さんの娘さん(18歳)もそのプログラムに参加しています。

それで、AA(Alcoholics Anonymous)やNA(Narcotics Anonymous)で学ぶような内容をかなり集中的に、薬物問題にかかわる他の家族の人たちと話し合ったり、いろいろなアクティビティを通して学んでいるようです。

昨夜、Rickがプログラムをやっている施設から、30分かけてドライブして娘を迎えにきて、彼女を一度母親のところに連れて行くときも、多少の口論はあったけれども、Rickはプログラムで学んだ、相手を受け入れる話し方、態度、をうまく使っていてびっくりしました。最初に娘が家に帰ってきて、Rickも家に戻ってきたとき、私は彼女に対して怒り爆発で、特に彼女と彼との会話を聞いているうちに、彼女の言い訳がましい態度やうそに頭にきて、思わず彼女に対して物を投げそうな勢いになってしまいました。(本当に投げる気はなかったけれども。。)ほんとに大人げない態度でしたが、彼女は私が本気で怒っていたことをわかったと思います。

母親宅でのトラブルがあって、またここにRickと娘さんが一緒に戻ってきたときには、彼女はだいぶ落ち着いた様子でした。私は彼女にひどい態度をとったことを謝りました。そしたら、彼女も素直に謝ってくれました。

母親のところに往復した夜中のドライブ中に、彼は娘ととてもいいオープンな会話ができたと言ってました。彼がこの薬物問題のプログラムに参加したのは、弟のためだけではなくて、彼自身が生活パターンを変えるきっかけにしたかったからなんですが、思った以上に、娘さんとの関係改善に役に立つことをたくさん学んでいるとのこと。

子供たちのお母さんは、ずいぶん長い間アルコール中毒で、Rickとまだ結婚してたとき、長期(1年間だったかな?)のリハビリ施設に入ってたこともあるし、つい最近もAAのミーティングに行ったそうです。

15歳の女の子が帰れる家がないっていうのは、悲しすぎますよね。母親が娘を家に受け入れられない、面倒を見られない事情は、娘さんにはまったく責任のないことで、それで娘さんが傷つくのは、本当に悲しいこと。私は、彼女の母親宅の事情はあまり知らなかったので、母親のところに帰れなんて言ってしまったけれど、そういう事情があるなら、ここに来てもらうのは当然だと思いました。

Rickは、私のことも心配してくれて、彼女と二人で大丈夫かと聞いてくれました。私はその時点ではわからないと答えましたが、いろいろな話をしているうちに気分が落ち着きました。彼は、私が彼女の大変な状況を理解して、家に受け入れようと決めたことに、とても感謝してくれました。その後、彼は夜中の1時半ごろに、またプログラムをやってる施設に戻りました。彼は明日の夜、プログラムを終了して帰ってくる予定です。

今、娘さんと私と二人だけで家にいますが、今日は彼女と笑顔で会話をできる状態になりました。彼女には、今日もいつでも帰ってきていいよと伝えました。彼女は今日は落ち着いていて、昼間はどこかに出かけてましたが、夜はちゃんと9時半過ぎに帰ってきました。

今日が平和な一日になって、本当によかったです。
[PR]
by miffyinvic | 2008-05-30 15:18 | Comments(3)

留守番中のできごと-つづき

今、ほんとにほんとに疲れてます。

少し遅い夕食をとって、彼と今日1日どうだったなんていう平和な会話をしていたところに、またもや玄関のドアをノックする音が。。ドアをロックしたまま、ドアのガラスごしに覗くと、案の定?、娘が。。私からしたら、まったく無神経としか思えませんでした。なんで、ここに帰ってくるの?って正直思いました。彼と昨日の出来事を話したときには、娘はここには戻ってこない約束で、彼女がもし戻ってきても家には入れないってことになっていました。

話は昨日にさかのぼりますが、彼女は昨日家を出る前に、改装中の地階の窓を3つを開け放ち、ドア2つを開錠した状態にしてました。(彼女は家の鍵を持ってません。)いつでも家に帰ってこれるようにって、そうしてたのでしょう。その事実を、お隣さんから聞かされました。私は知らなかったのだけど、日中ワンちゃんを預かってもらっているお隣さんが家の鍵を持っているので、彼らには、もし娘が家の鍵をあけるように頼んでも家には入れず母親のところに帰るように伝えてと頼んでました。それと、お隣さんが夕方ワンちゃんをうちのガレージに連れてくるときに、娘が家にいなければ玄関の鍵をかけてほしいとお願いしました。気を利かせてくれたお隣さんは、地下もチェックしてくれて、あちこち開いてるのに気がついて、すべての鍵を閉めてくれていたのです。

ともかく、娘が帰ってきた時に、ちょうど彼と電話で話していたので、娘には父親と話すように、電話を渡しました。昨日のこともあって、私は彼女に対してまだ怒り心頭だったから、家には入れずに外で話させました。電話を彼女に渡す前に、彼には、父親がいないときに母親が娘の面倒をみるのは当たり前だから母親が彼女を迎えにくるべきだし、もしできないなら、母親が責任をもってタクシーを使ってでも娘を家につれて帰るべきだと言いました。彼は母親に電話して交渉してくれたみたいですが、結局、彼が家に帰ってきて娘を母親の家に送り届けることになりました。彼を待っている間は長かったです。。

彼が帰ってくる直前に、娘に誰が私の引き出しを開けたのか問いただしました。彼女は友達がやったと答えましたが、何を信じていいのやら。しかも、彼女は友達がやったことだから自分には責任がないと言う始末。彼女が連れてきた友達なのに、その彼女の態度には怒りが爆発するばかり。反抗期だからしょうがないのだろうけど、ちょっとでも申し訳なかったという態度を示しえくれれば、こっちももっと柔軟になれるのにと思いました。

彼が帰ってきて娘を母親のところに連れていった後、またもや一大事が起こりました。母親はアルコール中毒で、娘が母親の家に帰ってきたときには、母親は飲んでいて、娘と母親で口論になった挙句、母親は警察を呼んだとのこと。それで、彼は一度娘を母親のところに送り届けたものの、また母親の家に戻って娘を迎えにいくはめに。警察には、彼が面倒をみるからと帰ってもらったようです。それで、娘をどうするか。。今夜、ホテルをとって彼女を泊まらせるという彼の意見もあったけれど、次の日どうするかという問題もあって、最終的に彼がまたここに彼女を連れて帰ることになりました。

ビクトリアには、親が面倒を見られず、緊急にティーンエイジャーを受け入れる施設もあるけれど、この家が彼女の家なのだから、母親が彼女を受け入れないのであれば、ここに戻ってきてもらうしかないと思いました。ほんとに心から、母親が娘の面倒を見られないことに悲しく思うし、娘が気の毒になります。

もうまもなく、彼が娘を連れてここに戻ってきます。私はどう対応していいのかわからないけれど。。
[PR]
by miffyinvic | 2008-05-29 17:16 | Comments(2)

留守番中のできごと

今週は彼が所要で家にいなくて、私ひとりで留守番をしてます。

息子さんはお母さんのところへちゃんと行ってるのですが、娘さんは友達のところに滞在している模様。昨日10時過ぎにブログを書いていたら、玄関をノックする音が。。娘さんは彼のいない間、お母さんのところか友達の家にいるはずなのに、ドア越しに見ると、娘さんがいる。。うーーん、ドアを開けないわけにはいかないし、と思ってドアを開けると、今日家で過ごしてもいい?と聞かれて、しょうがないなと思いつつ、まあいいよって答えました。

翌朝(今日の朝)、彼女は10時過ぎてても寝ていて(それはそれで寝た子を起こすなってってことでいいんだけど)、どこかに出かけるのに必要なバス代・あるいはランチ代を置いて仕事に出かけました。彼からの言い伝えで、彼女、友達を家には連れてこない約束でした。

なのに、夜の10時すぎに家に帰ってみれば、冷凍食品の箱とゴミとオーブンで調理した後のトレーがキッチンカウンターの上に、キッチンシンクにはあきらかに二人分のお皿とフォークとコップ、居間のテーブルには灰皿にした小さいコップに吸殻が残され、Rickと私の寝室にある洋服ダンスの引き出しの一つは半分開いた状態になって、ベッドの上には私のトレーナーが一枚置き去りにされてました。まったくあきれてしまいます。人の親切に対して、泥をかけるような彼女の態度には、怒り心頭。はっきり言って、根性が腐っているとしか思えません。

コメントにもちらっと書いたけれども、彼女は去年中学3年生にして、すでにいくつものクラスを落第していて、なんとか中学は卒業はしたものの、一般の高校は一年目の途中にしてすでに退学。その後、落ちこぼれの集まるようなパートタイムの高校に行ったものの、授業に出ないで、友達と遊ぶばかり。もう学校に行く気はさらさらないよう。パートタイムの高校(授業が午前中だけの学校)に行くと決めたときには、パートタイムでアルバイトを見つけることが条件だったにもかかわらず、2ヶ月たった今も仕事もしないで、ぶらぶらしている状態。学校にも行かず、仕事もせず、タバコとマリファナ中毒になっている娘さんに、彼もお母さんも、そして私も、どうしていいか分からない状態なで、ホント困ったことになっています。。

注:カナダでは本当にマリファナが蔓延していて、日本でいえばタバコを吸うのと同じくらい(か、それ以上に)社会的に容認されているのです。もちろん、未成年のタバコ・マリファナ所持は違法ですが、15歳の彼女が19歳以上の人(友達)からもらうのは簡単。正直、私はマリファナについての知識が十分にないけれど、マリファナはいちおうカナダでも非合法になっているので、その害についてタバコほど十分に検証されていません。(大人が個人的に所持する分にはおとがめなし。売買のために育てるのは違法だったと思う。)いい気分になって、直接的な体への害をあまり体験することなく、吸い続けてしまうマリファナが、日本で厳しく取り締まられているのは正解だと思います。マリファナは、一時的にいい気分にさせるけれども、明らかに喉・肺には悪影響を与えるし、女性の場合、生まれた子供が集中力がなくなるなど、悪い影響があることが分かっています。カナダ、特にBC州では、ドラッグ問題はけっこう深刻です。
[PR]
by miffyinvic | 2008-05-28 16:30 | Comments(1)

複雑な家庭環境

マッチョ系な彼との生活は1年以上続いていて、私はほとんど家族同然になってます。

家族同然というのは、今まで書いてなかったけど、彼は一度離婚していて、前の奥さんとの子供たち二人(15歳の難しい年頃の娘さんと10歳の元気な男の子)と一緒に住んでるんです。最初に子供たちと会ったのは、おととしのクリスマス前で、その日は一緒にクリスマスツリーの飾り付けをしたのを覚えてます。

前の奥さん(子供たちのお母さん)は、すでに再婚してて、まもなく2歳になる娘さんがいます。ある意味、彼女にはすでに別の家族があるということ。彼の子供たちは、以前(彼と付き合い始めた当初)は1週間おきにお母さんの家とお父さんの家を行ったりきたりしていましたが、いろいろな都合で、今はほとんど彼(お父さん)の家に住んでいて、不定期にお母さんの家に行っています。子供たちにとっては、二つの家があるだけでも複雑な家庭環境なのだけど、それに加えて義理のお父さん(といってもお母さんの彼はまだ28歳)、それから私が生活にいるわけで、さらに複雑なわけです。

15歳と10歳の子供たちは、過去の家庭でいろんなネガティブな体験をして、離婚した両親の影響をもちろんたくさん受けていて、きっともっと親がちゃんとしてれば、子供たちも違う方向に成長しただろうなぁと残念に思うこともあるけれど、過去を変えることはできない。子供たちのお母さんを変えることもできない。だけど、今、子供たちが彼の家で生活する上で、もっとポジティブな体験ができるように、Happyで安定した家庭環境を彼と一緒に作れたらと思います。簡単なことではないけれど、難しく考えなければ、それほど難しいことでもないはず。

カナダでは、子供がいても離婚する夫婦は多くて、再婚でも連れ子がいたり、シングルペアレントでも彼氏や彼女がいる人が多いので、今の私の立場はそれほどめずらしくないんです。
もちろん、いつも子供たちが生活にいるわけだから、私たちの付き合いは彼氏・彼女の関係というよりは、家族の関係に近い感じですが。。今、私はこの家族みたいな関係を楽しんでるし、この関係をずっと続けていこうと思ってます。
[PR]
by miffyinvic | 2008-05-27 14:58 | Comments(3)

習うだけでなく慣れろ?

クラブを買った後、近所のゴルフ場で2回ちゃんとしたレッスンを受けました。
先生は女性インストラクターとしてBCトップ5に入る教え上手な方。
私と身長があまり変わらない小柄な先生で、親近感がわきました。
レッスンを受けたあと、2日に1度は練習に行こうと思いつつ、実際には3日に1度くらいのペースで練習をしていますが、レッスン前と後を比べると、ボールをちゃんと打てる確率がずいぶん上がりました。レッスンを受ける前に、ずいぶんと悪い癖をつけてしまってたのですが、これを直すには、とにかく体で正しい動きを覚えるしかなくて、何回も練習するしかないと。先生に教わったことを思い出しながら、スイングに励んでます。
[PR]
by miffyinvic | 2008-05-26 16:29 | Comments(0)

Post-graduation Work Permitの延長

カナダで働きながら滞在するのに必要なWork Permit(ビザ)の話。

今、私はカナダの大学を卒業した後にこちらでの就労経験を得られるPost-graduation work employment programのビザでビクトリアで働いている。

去年までのルールだと、先に自分の学んだ内容と関係のある就職先を決めてビザを申請しなければならず、基本的にその就職先でしか働けず、期間も2年間が上限だったのだが、今年4月にこのルールが大幅に変わった。これからPost-graduationのWork Permitを申請すると、就職先を学部に関係なく自由に選べて(Open Work Permitと呼ばれる)、最長3年までビザがもらえる。

詳しい内容はこちら↓
http://www.cic.gc.ca/english/resources/manuals/bulletins/ob058.asp

移民局に確認したところ、ルールが変わる前にこのWork Permitを取っている人も、ビザの延長が可能なだけでなく、転職が自由にできるOpen Work Permitに条件を変更してもらうことができる。

私もこの知らせを聞いた後、4月末にビザの延長と条件の変更を移民局に申請した。申請時点でビザは来年の3月末まで有効だったが、問題なく1ヶ月ほどで新しいビザが手元に届いた。これで、2010年3月まで仕事をしながらこちらに滞在できる。

ルール変更前にPost-graduationのWork Permitを取っている人は、http://www.cic.gc.ca/english/information/applications/work-students.aspにある、Application to Change Conditions, Extend My Stay, or Remain in Canada [IMM 1249] とDocument Checklist [IMM 5583]を記入し 、申請料$150ドルをオンラインで支払ってレシートを得れば、移民局にビザの延長とOpen Work Permitへの条件変更を申請できる。大学卒業を証明する書類(Final transcript, Formal notification of graduation, etc)は以前に提出済みなので必要なし。申請書類とレシート、パスポートのコピー、以前申請した後にカナダを出入国したスタンプのあるパスポートのページコピー、今もっているビザと(手元にとってあれば)学生ビザのコピーを、レターサイズ用封筒に同封し、XpresspostでAlbertaの移民局に郵送すればOKなはず。(実際にビザの延長・変更を申請する方はImmigrationのウェブサイトをよく確認してください)
[PR]
by miffyinvic | 2008-05-26 16:15 | ひとこと | Comments(0)

初めて買ったゴルフクラブ

去年からゴルフをはじめたいと思ってたのですが、ついに、
先月末にかーなり思い切って、初のMyゴルフクラブセットを買いました。
あんなに一気にお金を使ったのも久しぶりです。
クラブセットを買うのに、ゴルフバックも含めて500ドル以上費やしました。
まあ、ものすごく高い買い物というわけではないけど、
投資した分、ちゃんとゴルフができるようになりたいな。

お店ではちゃんと試し打ちができて、
迷わず、打ちやすくてボールにあたりやすかったクラブを購入。
幸いにも、今住んでる家からゴルフ練習場まで車で5分だから便利。
買って家に帰った後、すぐ近所の練習場に行って、クラブを使ってみました。
まだまだへっぽこですけど、ビクトリアで練習に励んで、
この夏のコースデビューを目指したいです。

私の母も弟もゴルフをけっこう真剣にやってるので、
来年にでも一緒にプレーができるように頑張ります。

b0000372_1682186.jpg

[PR]
by miffyinvic | 2008-05-16 16:09 | Comments(2)

子馬

Rickの姪っ子さんが馬を飼っているファームで、子馬が生まれたそうで、
昨日、生後まだたった2日目という子馬ちゃんを見に行きました。
最初見たときは、わらのベッドで横たわっていました。
b0000372_2382063.jpg

でも、もうちゃんと自分で立てるんですね。まだ立ったり歩いたりするとき、
すこしヨロヨロした感じもあるけれど、お母さんのお乳を求めて、ちゃんと歩きます。
b0000372_240288.jpg
このファームはRickの家から車で15分ほどのところ。Metchosinという隣町には結構馬を飼っているファームがあるんですね。ちょっと車で走ると、のんびりした田舎の雰囲気が楽しめます。
[PR]
by miffyinvic | 2008-05-07 02:57 | Comments(0)

カナダ西海岸で5歳児と二人暮らし。補助輪なしで自転車に乗れるようになったよ!


by miffyinvic
プロフィールを見る