<   2010年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

帰国予定

ちょっと先になりますが、8月8日から8月30日まで東京に帰ります。もしかしたら出発時期を前倒しできる可能性もあります。一番暑そうな時期ですが、今回は特に所用もなく、ゆっくり東京で家族・友達と過ごせるので、とても楽しみにしています。

ブログに書いていませんでしたが、8月14-15日に母が予定している富士山登山に便乗して、私も移民記念をかねて富士山にチャレンジすることにしました。母と一緒に富士山登山をする機会は、これが最初で最後かもしれないので、日本の暑さに耐えて登山ができるかちょっと不安ですが、こちらで少しはハイキングをこなして体力をつけてがんばろうと思っています。
[PR]
by miffyinvic | 2010-06-16 17:57 | ひとこと | Comments(0)

ついにカナダ移民になりました!

今日6月15日、晴れてカナダ移民になりました!!移民申請に協力してくださった皆さま、そして応援してくださった皆さま、本当にどうもありがとうございました!

昨日シアトルの移民局から無事にパスポートとPermanent Residence Visaが届いて、今日ビクトリアのダウンタウンにある移民局オフィスで最終のLandingと呼ばれる手続きをし、正式に移民になりました。最終手続きは簡単なもので、待ち時間を含めても30分もかからなかったかも。カナダに住んでいる場合、国外に出なくても簡単に手続きができるんですね。念のために指示されたとおり自分の生活をサポートできる金額があることを証明する銀行の預金残高証明を持っていきましたが、長くビクトリアに住んでいたためか、サポート資金についての証明は何も求められませんでした。

ただ、国外に出てカナダに戻ってくるときに必須のPermanent Residence (PR)Cardが手元に届くのに通常4-6週間かかるとのこと。そして今混雑中なのでもしかすると8週間くらいかかる可能性もあると移民局の担当者から言われました。またPRカードが手元に届くまで国外に出ないほうがいいとアドバイスされました。この夏に日本に帰ろうと思っているので、なんとか8月にはPRカードが届いてくれることを願うばかりです。ちなみに、Landing手続き後2-3日待つとスムーズに新しい永久有効のSIN番号を取ることができて、自由に仕事に就くことができるようになります。

私の場合、申請書類がバッファローの移民局に届いたのが昨年の12月7日。書類上、移民許可がおりたのが6月8日で、ほぼ6ヶ月で移民になることができました。けっこう早くスムーズに手続きが終わったと思います。これで、ビザの心配をすることなく好きなだけカナダに住みながら、自由に仕事に就くことができます。また、移民のステータスを維持するには、5年間のうち最低2年間(730日)カナダに滞在していればOKなので、日本にしばらく帰ることもできます。最初にカナダに来た頃は、移民になることなんて考えもしなくて、8年近くカナダで過ごした後、ようやく移民になりました。

今、移民申請をしている方、またこれからする方、プロセス期間は以前より短くなっているようですし、いったんちゃんと書類をそろえて提出した後は案外早く次のステップに進むことができると思います。もちろん、各ステップを待つ間はストレスですが、最初の受付結果(Initial Assessment)が届いた後は、待つことにも慣れて、ストレス度は下がります。書類準備が一番大変だと思いますが、一つ一つやっていけば大丈夫です。どうぞ頑張ってください!!

以下は、自力で移民申請をする方の参考になるかもしれないので書いておきます。

私の場合、移民局に送る書類は、パスポートでFedExを使った以外はすべてCanada PostのXpresspostかRegistered Mailを使って書類が確実に届いたことを確認できるようにしました。それから、ワークパミットが切れてビジタービザに切り替えたときは、新しいビザのコピーを移民局に送りました。健康診断を終えた後も、ドクターからのトラッキング番号が記載されたレターのコピーを証明として移民局に送りました。また最終ステップのパスポートの処理では、往復ともFedExを使うようにしました。ちなみにFedExでパスポートを送り返してもらうには、FedExのアカウントを作成する必要があります。移民局への直接の問い合わせは書類を送る前に一度しましたが、それ以降は問い合わせは避け、とにかく必要だと思われる、またはサポートになりそうな書類を予備で付け足して移民局に送るようにしました。移民局へ書類を送るときは、同封する書類の一覧を記したレターを添えました。

それから、CICのウェブサイトでプロセス状況が確認できると書いてありますが、バッファローでの最初のプロセス開始日を確認し、そのあと書類がシアトルに移管されたことを確認できた後は、ただプロセス中と表示されるだけで大して役に立たなかったことを付け加えておきます。個人で移民申請をする方に、少しでもここに載せた情報が参考になれば幸いです。
[PR]
by miffyinvic | 2010-06-16 14:16 | カナダ移民申請 | Comments(10)

FedExの経路

シアトルからビクトリアはフェリーで2時間半くらいの距離。でもFedexでシアトルからビクトリアに書類を送ると、シアトルからテネシーのメンフィスに荷物が送られ、それからバンクーバーを経て、ビクトリアまで届くようです。シアトルとビクトリアは海を挟んですぐ向かいなのに、FedEx だとものすごく遠回りするんですね。金曜日に送った書類は、月曜日に届く予定になっています。

ところで、前に地元のニュースで取り上げられてた話ですが、こちらの郵便局(Canada Post)は近い将来、経費節減のためビクトリアの郵便物をすべて一度バンクーバーに集めて配送先を一括整理し、宛先がビクトリアの郵便物はバンクーバーから再度こちらに送り返すようになるかもしれないとのこと。どうやら、ビクトリアで配送先を整理するほうがバンクーバーより高くつくらしいのです。馬鹿げた話ですが、無駄な運搬の手間と時間をかけても、金額的にはそのほうが節約できるそうです。そうしたら、ビクトリア市内でやりとりされる郵便物が一度すべてバンクーバーを経由することになり、配送時間は間違いなくプラス1日か2日になるはず。1日で届くものも3日かかるようになるかもしれません。

たぶん、FedExの荷物が一度テネシーを経由するのも同じような理由なのでしょうね。
[PR]
by miffyinvic | 2010-06-13 15:28 | ひとこと | Comments(0)

ワールドカップ

開幕戦の南アフリカ対メキシコ(1:1)、次のウルグアイ対フランス(0:0)ともに引き分けでしたね。開幕戦で初ゴールが南アフリカだったのはよかった! 勝てばもっと盛り上がったでしょうね。今夜の試合は、韓国対ギリシアのようです。カナダだと日中に試合が放映されるので寝不足にならないけど、仕事中にネット観戦する人が増えて業務効率が下がるだろうとニュースで言ってました。日本だと??
[PR]
by miffyinvic | 2010-06-12 10:24 | ひとこと | Comments(0)

お寿司のリクエスト

彼がお寿司を食べたいといいだしたので、本物のかに身を使ったカリフォルニアロールとツナ缶を使ったスパイシーツナロールを作りました。海苔を内側に巻いた、こちらでおなじみの巻き寿司です。日本の実家では、手巻き寿司以外の寿司を家で作ったことはなかったように思います。こちらでもスーパー等に行けば巻き寿司は気軽に買えるので、正直、手作りは2回目。巻き方をすっかり忘れてしまったので、YouTube で「How to make a California roll」のビデオを見ました。ビデオのとおりには作っていませんが参考にしました。YouTube 役に立ちます。余談ですが、寿司の切り方を見せるビデオもありましたよ。

作るたびに思うのは(といってもたった2回目ですが)、巻き寿司1本作るのにけっこうな量のすし飯がいること。均一に海苔がご飯で隠れる程度の量を入れているのですが、完全に海苔が隠れなくてもいいのかもしれませんね。カリフォルニアロールには、かに身とアボカドだけをいれました。かに身は塩、こしょう、マヨネーズで下味を付けました。スパイシーツナロールは、醤油大さじ1、マヨネーズ大さじ1、チリソース適量、刻みネギでツナを和えて、キュウリといっしょに巻きました。

私はスパイシーツナロールのほうが気に入りましたが、彼はカリフォルニアロールが好きなようです。手作りのお寿司にかなり喜んでくれて、がんばった甲斐がありました。ついでに、先日買ったえのき茸をベーコンとネギといっしょにマヨネーズで炒め、ポン酢(大さじ1)をさっと加えた一品を作りました。こちらも好評でした。たくさんのえのき茸をあっという間に食べられます。この日はランチにもズッキーニと茄子のスパゲッティを作って、お料理三昧の一日でした。

巻き寿司に入れる具材はいつも多めに用意しすぎてしまいます。醤油、マヨネーズ、刻みネギを加えただけのツナの具も用意したのですが、実はツナは量が多すぎて、こちらは使わずじまいに。でも、翌日のランチにサラダうどんの具材として、この余ったツナを使いました。庭から取ってきた水菜とレタス菜も加えて、おいしい手作りサラダうどんができました。
[PR]
by miffyinvic | 2010-06-12 09:46 | クッキング | Comments(0)

19才の猫

彼が飼っている19才のシャム猫が今にも息を引き取ろうとしています。ここ3ヶ月くらいずっと缶の柔らかいエサをあげても器からうまく食べられず、何度もエサを器にまとめて食べやすくしてあげていました。それでも、食べたことを忘れてしまったのか、栄養が取れなくなっていたのか、1日に何度もエサを欲しがっていました。トイレもちゃんと行けなくなって、毎朝、廊下に3カ所くらいおしっこをしてしまい、朝一の私たちの仕事は廊下を掃除することでした。1週間くらい前から、食事をあまり食べなくなって、廊下のおしっこの跡が減りました。3日前から食べることも水を飲むこともトイレに行くこともできなくなって、ただかわいそうにやせ細って、動くこともできずソファに横たわっています。おととい、昨日と、もう朝起きたら死んでしまっているのではと思いましたが、まだかろうじて息をしています。でも呼吸のペースが浅く速くなっていて、明日まで持つかどうか。獣医さんに連れて行って、安楽死させることも可能だけれど、私たちは自然の寿命に任せることにしました。彼にとっては、とても長い間一緒に暮らしたペットだから、ほんとうに見ているのが辛そうです。でも、猫年の19才まで生きて、飼い主に見守られているこのシャム猫は幸せに寿命を全うしているのだと思います。

これを書いた1時間後くらいに、猫ちゃんは静かに息を引き取りました。リックが段ボールで箱を作って、きれいな布を敷いて猫を横たえました。お花とキャットフードの缶を一緒に入れてあげて、彼が庭に穴を掘って箱ごと埋めて、お墓を作りました。いつも一緒にいたペットの死はやっぱり悲しいですね。
[PR]
by miffyinvic | 2010-06-08 01:51 | Comments(0)

Sent my passport to CIC

2日前に、シアトルの移民局事務所からE-mailが届き、移民の審査手続きが完了したのでパスポートを送るようにと指示がありました。それで今日、Fedexでパスポートを送りました。パスポートの返送をFedexでしてもらえるように返信用のFedex封筒と返信用ラベル(waybill)、それからE-mailのコピーを同封しました。移民(PR)カード取得まであと一息です。また進展があったらアップデートします。

6月11日、Fedexのトラッキング番号をチェックしたら、本日付けでパスポートが返送されている模様。来週の月曜には手元に戻ってくるかもしれません。
[PR]
by miffyinvic | 2010-06-05 06:35 | カナダ移民申請 | Comments(1)

カナダ西海岸で5歳児と二人暮らし。補助輪なしで自転車に乗れるようになったよ!


by miffyinvic
プロフィールを見る