アフタースクールケア(学童保育)の申し込み

こちらのアフタースクールケア(日本でいう学童保育)は学校内ではなく別の施設で運営されていて、うちの学区の施設は今日が申し込み受付開始日。朝6時から登録受付。先週金曜日に申込書をくれた担当者が6時前後に行けば大丈夫というので、少し早めに行こうと同じアパートの友人に息子が寝ている間うちで留守番してもらって、5時半すぎに出かけました。こんな日に限って、前夜から雪が降り積もりビクトリアにしては大雪という状態。でも、大きな通りは除雪されていると聞いたので、自分で運転していきました。到着すると、受付の建物の外には人がいないけれど、パーキングには何台も車が止まっていました。あれ、もう少し人が並んでることを想像していたけど!?とにかく車から降りて建物の入り口の近くまで行くと、キャンピングチェアが10個くらい並んでいるのに誰もいない。そしてドアのところまで来たら、もう中で大勢列を作って受付待ちをしてました。それを見た途端、まずいなー出遅れた(汗)と思いました。一応、キンダーガーデンに入る子以外の上の学年の親も少しは他にいたようだし、もう1つ別の学区の子供の受付もしていたので、入れたらいいけど微妙かも。メインは私と同じく今年うちの学区のキンダーに入る子供の親が並んでいる感じだったし。受付の順番は37番でした。あと1時間早く行っていたらと後悔してもすでに遅し。学校の迎えを頼める両親や親戚、元夫、ボーイフレンドも誰もいないので、本当にこの近所のアフタースクールケアに入れなかったら痛い。ひとり親優先とか、頼れる家族がいない人優先にしてもらえたらいいのに、そういうのはなく先着順なのです。結果は4月末ごろわかるようなので、もう運を天に任せるしかありません。

近所のキンダーガーデンの入学については、学校に電話で問い合わせると、英語の一般プログラムの入学決定はまだ調整中で、教育委員会から結果が出ていないとのこと。まだクラス数または1クラスの人数調整などをしていて、へたをすると7月まで結果がわからないかもしれないそうです。キンダーガーデンとアフタースクールケアの申し込みで、ストレスが一気に増えてます。当面は何も結果がわからないので、とにかくできることはやったのだから、しばらくはどちらについても忘れるのが一番。でも、今朝の出来事だから、いろいろと心配してしまいます。

【アップデート】
もう4月も後半。3月末ごろに一度アフタースクールケアの事務局にまだ結果連絡のメールは送ってないですよね?と確認のメールを入れたら、4月の初め頃には結果を連絡しますと返信があったので、まだかまだかと毎日のように事務局からの連絡を待っていたのですが、4月20日現在まだ正式な連絡は来ていません。でも、銀行の出入金の記録をみたら、昨日付けでアフタースクールケア登録費用の小切手が換金されていたので、アフタースクールケアに無事に登録できたのかも。早く正式な連絡が来て安心できるのが一番なのだけれど!

[PR]
# by miffyinvic | 2017-02-08 16:33 | 子育て | Comments(0)

カナダBC州の公立小学校入学事情

うちの子、今年の9月からキンダーガーデンに入学予定なのですが、義務教育でも自分で入学の申し込みをしないと入れません。(カナダでは小学1年生の1年前から義務教育がスタートして、学校に入学します)BC州の学校運営はいろいろ問題があるらしいのですが、入学申し込みで大変だとは全く想像していなくて、以前から徒歩5分ほどの近所の公立小学校のフランス語で授業をするプログラムに入れたらいいなと思って、先週申し込みの手続きに行ってきました。フランス語プログラムは人気があるので期間内に申し込みして、その後機械的に抽選が行われます。学区域だし、まあ入れるかなぁとなんとなく望みを持っていましたが、結果は落選。電話して聞いてみたらうちはウェイトリストでは14番目。全部で37人ウェイトリストだったそう。こちらは学校の規模が小さいことを忘れていました!近所の小学校、フランス語のプログラムは2クラスだけで40人しか定員枠がなく、さらにすでに兄弟姉妹が同じ学校に通っている子に優先権が与えられるのです。そして、これも電話で確認してわかったことですが、なんと英語のプログラムも同じく2クラスのみ40人の定員枠とのこと。こちらも兄弟姉妹優先。しかも英語は受付は早い者勝ち。ということは実質家族で初めて子供が小学校に入学する場合、学区域内でも普通に申し込んで入れない可能性が大いにあり、あぶれてしまう子供たちが大勢いることがわかりました。週明け月曜日、朝8時が英語プログラムの申し込み受付開始ですが、息子を早朝に近所の人に見てもらって朝6時から並ぶつもりでいます。もしかしたら、徹夜で並ぶ親御さんもいるかも。ひとり親だと同じことは不可能。もう運に任せるしかありません。他の人から聞いた話だと、昨年どっかの学校では8時に受付開始、8時1分に受付終了になったそうです。私立の人気校の話ではなく、普通の公立校のキンダーガーデンの話ですよ!もう入学する前から、ありえない!!と思うような状況…。

キンダーガーデンに入学する学校が決まり次第、次はアフタースクールケアと呼ばれる学童保育の申し込みをしなければなりませんが、こちらも相当熾烈な競争のようです。近所の小学校の生徒を担当するアフタースクールケアに確認すると、こちらは受付開始が朝6時で、スポットを確保するためには受付初日の朝6時に来てくださいとのこと。別のアフタースクールケアの事情を今日友人から聞いたら、そこは希望者が多くて入るのが難しく、夜中1時から並ぶのが当たり前だとか。共働きのその人は旦那さんに夜中から並んでもらうそうです。義務教育の公立の小学校で入る前からこんな状況とは、BC州酷すぎです。今年は子供の数が多いらしいし、本当にどうなることやら。まあ、義務教育だからどっかの学校には入れるだろうけど、アフタースクールケアは、もしあぶれてしまったら自分でプライベートのサービス等を探さないの?と本当に戸惑うばかり。もしも希望の近所の学校に入れない場合のことも考えて、第2、第3希望の学校も確認しなければ。(ため息)

この2−3週間には結果がわかると思うので、また決まったらアップデートを報告します。

追記:結局どうなったかというと、州の予算が増えたおかげで近所の小学校も学区域の子供達全員がキンダーガーデンに入れることになりました。プレハブ校舎を設置して、もう1クラス増やすそうです。最終的には、夜中から並ぶ必要はなかったということ。こんな重要な決定、入学申し込み前にして欲しかったです。そういうところがカナダだなぁと、またため息。でも、とにかく無事に入れることになったのでよかったです。

[PR]
# by miffyinvic | 2017-01-22 15:14 | 子育て | Comments(1)

もうすぐ3年

今日で息子が5歳になります。カナダに子連れで移住を決めたのは息子が2歳になる直前。そして2歳のお誕生日を日本で迎えてからすぐにカナダへ引っ越して来たのでした。それから約3年。人生がひっくり返るような出来事があって、離婚があり、この先どうなることかと不安を抱えつつ前に進み、いろいろな友人や知人にお世話になりながらここまでやってくることができました。息子が5歳になって、今までを振り返るとなんだか感慨深いです。今は子育てを応援してくれる職場の上司に恵まれ、安心して息子を預けられる保育園にお世話になりながら、仕事をしながらの一人子育てにもだいぶ慣れました。それでも常に成長して自我が強くなる息子とどうやってうまくやっていけばいいのか、戸惑い葛藤することも多い毎日です。いい時も悪い時も、いやで仕方なくても、ママと一緒にいてくれる息子に感謝して、これからもカナダ生活を充実した楽しいものにしたいなぁと思います。最近はあんまり子育てを楽しむゆとりがなくなっているかも。もう少し心をオープンにして、息子の成長を見守れるようになれたらいいな。日本にいるおばあちゃん、両親や兄弟になかなか会えないのはちょっと寂しいけど、でもカナダで息子がのびのびと成長してくれたら、それが何よりだと思うのです。今年9月からはキンダーガーデンとアフタースクールケア(学童保育みたいなもの)にお世話になることに。またいろんな変化がありそうですが、柔軟に適応できるように頑張ります。
[PR]
# by miffyinvic | 2017-01-16 17:38 | ひとこと | Comments(0)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
みなさんはどんな想いで新年を迎えましたか?

息子と二人きりの我が家、12月は長引く風邪で、調子が良くなったり悪くなったり、咳も随分続く1ヶ月。大晦日は、急に私の声が風邪でかすれてしまいました。今はかなりのハスキーボイスです。

ここのところ、大きくて重くて力が強くなって来た息子が聞かん坊で、こちらがやめてと何度言っても私の上に乗ってきたり、お腹に頭突きをしてきたり、それで罰としてタブレットを取り上げたら、怒って唾を吐きかけてきたり、どう対処しても状況が良くならなくて育児疲れのストレスで風邪も悪化するばかり。(特に一気に昨夜から)なんだか体力的にも精神的にも弱ってしまった年末でした。悪い風邪が流行っているので仕方ない部分もありますが、ストレス度高いと本当に風邪が治らないばかりか、ひどくなりますね。

2016年もあっという間に1年が過ぎ去ってしまいましたが、振り返ればいっぱいキャンプに行って遊んだし、家の中も遊べるものが増えて快適になったし、仕事も忙しいながら順調でした。でも、秋以降は体を動かす事が減って、定期的にエクスサイズもしていなかったので、あまりヘルシーなライフスタイルではなかったかも。新年は風邪を早く治して、毎日5分10分でも意識的にエクスサイズをしようと思います。

2017年もどうぞよろしくお願いします。

[PR]
# by miffyinvic | 2017-01-01 16:54 | ひとこと | Comments(0)

Merry Christmas!

今日はクリスマス。息子が寝ている間に、サンタさんがプレゼントを置いて行きました。(息子はまだ寝てます)
昨夜はサプライズで同じアパートに住むおじさんが、息子にふわふわの可愛いポーラーベアのぬいぐるみをプレゼントしてくださいました。息子はすっかり気に入って一緒に寝ています。我が家のリビングルームは息子の遊び部屋で、おもちゃも増えるばかりですが、子供の大喜びする顔が見られることは幸せなことですね。

今年もいよいよ年末。今年はどんな年だったかなぁと振り返ると、本当にあっという間の1年でした。仕事もまずまず順調、プライベートでも特に悪いことはなく、平穏無事な1年だったと思います。夏はアウトドアを存分に楽しめました。懐に余裕があれば冬は息子を連れてスキー場にでも行きたいところですが、それはちょっと無理な出費。でも、秋冬といろいろ我慢してきたせいか、ここにきて急に買い物欲が湧いてしまって、アマゾンの特売品をいくつかポチってしまいました。まあ、長く使えて楽しめそうなものということで、お金も将来を心配してケチってばかりでは気が沈んでしまいそうなので少しはいいかなと。今年は日本に帰国するのも諦めたことだし…。今年の大きな買い物を振り返ると、夏以前に購入した電子ピアノ、エクスサイズ用に買ったトランポリン、ベッドフレームとマットレスが高額なもの。でも、ピアノは息子がほぼ毎日弾いてくれてるし、トランポリンも2日に1回くらいは息子に使われてるので、投資してよかったと思います。

さて、今の生活は、元夫からの養育費ゼロ、日本にいる家族からの援助もクリスマスやお年玉を除きゼロ、自分の収入と低収入家庭のための政府の援助でなんとか普通レベルでやっています。ただし来年からは家賃補助が月に3万円も減るので、出費を引き締めないと。しばらく楽しみのための大きな買い物は無理。日本に帰るのも厳しい状況。そして、今の収入レベル(年収200万以下)だと子供と自分の部屋を分ける(2ベッドルームのアパートに引っ越す)のは永遠に無理そう。そこでスキルアップを考えています。来年から3年計画ぐらいで、自分に投資して今の仕事プラス新しいスキルを身につけて、年収の大幅なアップを目指したいなと。今の職場は働きやすくて子育てとの両立もできて最高にいいのですが、給与と待遇が、子供を育てながら老後の資金も確保するレベルには到底追いつかない。世の中には50、60過ぎてから勉強してお医者さんや弁護士さんになる人もいるのだから、私ももう少し勉強して頑張れたらなぁと思っています。お金の話ばっかりになってしまってすみませんが、年収の1割を飛行機代に出費して生活の質を下げないと日本の家族に会いに行けない状況からは脱出したいものです。

まぁ、最近はそういうお金の心配でストレスになっていますが、仕事はやりがいがあって成長の機会もあるし、ビクトリアでのお友達にも恵まれていて、シングルマザーでものびのびと生活できているので、今年も息子と一緒にハッピーにクリスマスを過ごせます。





[PR]
# by miffyinvic | 2016-12-25 18:27 | ひとこと | Comments(0)

久しぶりの青空、なのに

ビクトリアの秋は雨が多い。ここのところ、ずっと雨、曇り空が続いてたのだけど、今日は本当に久しぶりに雲ひとつない快晴の青空。なのに、こういう日に限って?息子の風邪が悪化して、またもや家に引きこもりになりそう。咳がひどい上に熱も出て、参加予定だったバースデーパーティーもキャンセル。スーパーでの買い物だけは行かないとまずいんだけど、行けるかどうか。一人で困るのは本当にこういう時。こないだ同じような状況の時に、スーパーのオンラインオーダーを使ってみたけど、朝注文しても当日配達はしてくれない。そして初回の配達は、注文時にすでに翌日の都合のいい配達時間は不可になっていた上に、お店側の事情で予定日(翌々日)にも配達されず、注文してから実際にものが届いたのは3日後。結局オンラインオーダーした意味がなかった。

息子は遊ぶ元気はあるのに、用意したご飯はほとんど食べないし、それで具合が余計悪化しているから、ママのイライラは募るばかり。月初はお給料の支払いとかで会社は休みづらいので、どうしても明日までに治ってもらわないと困るのに。

[PR]
# by miffyinvic | 2016-12-05 04:56 | 子育て | Comments(0)

カナダ西海岸で5歳児と二人暮らし。補助輪なしで自転車に乗れるようになったよ!


by miffyinvic
プロフィールを見る