MSPでカバーされるマインドフルネスプログラム

カナダの医療システムは、必要な専門医に診てもらうのに時間がかかったり手術なども緊急でないものは1年以上待たされたり、弊害もいろいろあるのですが、久しぶりにいいニュースを友人から聞きました。BC州では、慢性的な痛みを伴う病気、がん、うつや不安障害などに苦しむ患者さんはドクターの紹介をもらえば、MSP(健康保険)で費用がカバーされる8週間のマインドフルネスプログラムにほぼ無料で参加できるそうです。($40は登録費用か何かで自分で払う必要がある)The Art of Living Mindfullyと呼ばれるコースが対象となっています。(2016年10月現在)

”Individuals whose lives are being affected by stress related physical or mental health challenges should see their doctor, who can determine if they qualify for MSP funding and can then refer them to the ALM course. ” (From the BCALM website)

BC在住で興味のある方はこちらのリンクをご参考に。

私自身、マインドフルネスについて最近知りましたが、アメリカやイギリスなどでは医療現場、刑務所、企業、学校などでメンタルヘルス向上のために取り入れられてきているそうです。日本でも、少しずつ注目されているようで、東京では英語で学ぶマインドフルネス勉強会も開催されています。(グーグルで見つけました)日本マインドフル・リーダーシップ協会のウェブサイトから抜粋させていただくなら、マインドフルネスを日常生活に取り入れることによって、心の平穏、明晰な思考、集中力、創造力、共感と思いやりを向上させる効果が期待できます。こちらで開催されている勉強会は1回2千円程度で良心的です。マインドフルネスは簡単に言えば、「今、この瞬間」に注意を向けるメンタルトレーニングです。昨日のことを後悔したり、明日のことを心配するよりも、「今」に心を向ける練習をします。エアロビクスエクスサイズやジムトレーニング、ストレッチ、ヨガなどで体の調子を整えるのと同じように、マインドフルネストレーニングによって心の調子をチューニングできます。

日本では昔から病は気からと言われるように、体は心の状態と深く結びついています。マインドフルネスを実践することで、免疫力が向上し、病気からの回復が早まったり悪化を防ぐ効果があると、過去20年以上の実験で実証されてきています。BC州では医療費予算が削減される中、少しでも患者さんが自己努力で症状やストレスを軽減できるようにと、マインドフルネスが取り入れ始められたようです。(*医療に代わるものではありません)

イギリスでは学校での活用によって、落ち着きのない子供たちがぐっと減ったそうです。アメリカでも生徒を停学や退学にする代わりにマインドフルネストレーニングを受けさせる学校が増えてきているとのこと。イギリスの .b (dot-be)プロジェクトウェブサイト は教育現場での活用について充実した情報が公開されています。イギリスでは8歳以上の子供を対象にプログラムを導入しています。興味のある方は是非ご覧ください。
ちょっとグーグルで見ると、日本ではマインドフルネスのコースを随分高額な費用(数万円〜数十万円)で提供しているサービスもありますが、英語でならとても良さそうなオンラインコースが無料で提供されていますよ!続けることで効果が出てくるそうなのでインスタントの結果は期待できませんが、自転車に乗る練習をするように一度テクニックを身につければ生涯役に立つスキルになるかもしれません。それを期待して、私も今このコースにチャンレジしています。



[PR]
# by miffyinvic | 2016-10-21 12:37 | 健康 | Comments(0)

いつもと違う音楽を聴いてみる

最近、気分を変えてみたい時、リラックスしたい時など、ランダムにYouTubeで音楽を探して聴いています。瞑想やリラックスして眠りたい時、勉強や仕事で集中したい時、ポジティブな気分になりたい時の音楽、どっかのおしゃれなカフェで聴くような音楽、ダンスやエクスサイズにぴったりな音楽など、様々なテーマで世界中の人が素敵な音楽を編集してシェアしてくれています。もちろん日本語で探してもたくさん見つかります。普段はあまり聴かない楽器やジャンルの音楽集を試してみたり、気分に合わせて音楽を聴いてみたりするのは、新しい発見もあって楽しいものです。

たまには、違う言語の音楽を聴いてみるのも面白いです。なんとなくフランス語の音楽を探していたら、久しぶりにワクワクする、もっと聴きたいと思う歌手に出会いました。フランス語は全然わかりませんが、言葉の雰囲気が音楽にすごくぴったりしていて、思わずダンスしたくなるような、あるいは聴き入ってしまうような声。今まで知りませんでしたが、日本にもコンサートで来日したことのある、ZAZという女性シンガーです。ちょっとハスキーな声で、リズム感のいいスイングジャズを歌っていて、すっかりファンになってしまいました。チェロなどの伴奏などはここずっと耳にしていませんでしたが、音の深みがとても素敵です。路上で毎日歌っていたのがきっかけでメジャーデビューしたというZAZは、本当に歌うために生きてる、そんな印象を受けました。彼女の歌を、もっといろいろ聴いてみたくなりました。




[PR]
# by miffyinvic | 2016-10-06 16:09 | ひとこと | Comments(0)

PRカード更新、15カ月待ちでまだ来ない

カナダのPR(移民)カード、5年ごとに更新しないといけなくて、昨年の6月に申請出したのにセカンドレビューに引っかかってなんと既に15ヶ月待ち。再度今日コールセンターに確認してみましたが、今もレビュー中という返事のみ。あとどれくらい時間がかかるかはわからないとの返答。いつ電話しても同じ返事しかもらえません。移民として要求されるカナダの滞在期間2年間のうちには更新のカードが送られてくるのだろうか。。。本当にプロセスが遅すぎて嫌になります。同じ時期に申請した息子のカードは去年12月に届いたというのに。

困るのは日本に短期の一時帰国ができないこと!もし帰国する場合は、カナダに再入国するためのトラベルドキュメントの入手が必要で、この申請は日本に到着後に日本で行い、パスポートをマニラの移民局オフィスに送らなくてはならず、ドキュメントの入手に2週間とか下手したら1ヶ月とかかかるらしい。今年に入って、日本からのビジターはeTAの申請が必要になったけれど、移民の場合は有効なPRカード携帯が必須になったようで、これがないと原則、カナダに戻る飛行機の搭乗が許可されないことになっているのです。つまり日本でドキュメントが手元に届くまで待たないとカナダに戻ってこられない。カナダで仕事をしていて長期間休めない場合は、アウトなわけです。

こないだ日本行きの往復チケットが安くなっていて予約したい!と思いましたが、新しいPRカードが来てくれないとどうにもなりません。唯一PRカードなしで国境を越えてもオッケーなのは、陸路で自家用車でアメリカに行き来することだそうで、本当に日本帰国が必要な場合はアメリカの空港までドライブして、そこから日本に行くってことになるのかも?当面日本にいる家族がみんなが元気で、緊急で帰る必要がないことを祈ります。

追記:11月19日にようやく更新カードが郵送されてきました。約17ヶ月待たされました。その日のブログ記事はこちら。

[PR]
# by miffyinvic | 2016-10-01 06:43 | カナダ移民申請 | Comments(1)

英国ロイヤルファミリーのビクトリアご滞在

お天気のいい朝、日中は暑くなるかもなんて薄着で外に出たら、びっくりするほど寒かったです!もう朝は10度前後ですっかり秋。近所の木々も紅葉してきました。

先週から英国ロイヤルファミリーのウィリアム王子とキャサリン妃が、ジョージ王子とシャーロット王女も連れて、なんとこのビクトリアに滞在されているんですね。ロイヤルファミリーのご到着時はイギリス時間だと真夜中だったそう。ジョージ王子が飛行機から降りた後にトルドー首相に冷たい態度だったとジョーク交じりに報道されていましたが、3歳の男の子が10時間も飛行機で過ごして、真夜中の時間に外に引っ張り出されたのだから、仕方がないですよね。到着の歓迎式は夕方に議事堂前広場で行われ、会場周辺はすごい人でした。朝早くからロイヤルファミリーを一目見ようと場所取りして待っていた人も大勢いたようです。何しろビクトリアはイギリス系カナダ人が多い街なので、王室ファンも多いのでしょう。私は家でゆっくりテレビで歓迎式の様子を見ましたが、ご夫妻の到着は30分ほど遅れて、キャサリン妃は飛行機の到着時と同じドレスだったので、もしかしたらジョージ王子かシャーロット王女がぐずったり調子が悪かったり、出かけなくてはならない時に何か問題があったのかもしれませんね。ウィリアム王子とキャサリン妃はビクトリアを起点としてカナダの他の都市も幾つか訪問されて、現在はまたビクトリアに戻られ、今日はご家族でイベントを楽しまれている様子が報道されていました。それにしても、ジョージ王子とシャーロット王女の可愛いこと。私はものすごい王室ファンというわけではありませんが、同じアパートに住むご近所さんがすごいファンで、ご到着のテレビ中継を見た後「今日はあまりにも嬉しすぎて眠れないと思うよ!」なんて言っていました。世界中でロイヤルファミリーの報道とともにカナダの様子が映されて、何だか嬉しくなります。これを機会に、カナダ(ビクトリア)に観光に来る人もますます増えるといいですね!



[PR]
# by miffyinvic | 2016-09-30 17:18 | ひとこと | Comments(0)

子どもの嘘は見抜けるか?

昨日見たTEDのビデオが面白かったので、ポストします。

子どもの嘘は見抜けるか?

息子が初めて嘘をついたのは3歳過ぎてから。ほんとに平然と嘘をつくので感心したものです(笑)
昔このブログに、子どもの証言が当てにならないという記事をアップしたことがありましたが、例えば、子どもが大人の行動したことについて何か聞かれて答える時に、子どもの答えが本当か嘘かを見抜くのは難しいだろうということです。このビデオの結果を見たら、それにも納得がいくかと思います。でも、このプレゼンテーションで言われているようなビデオ解析技術が進んで、本人が知らないうちに感情移行の様子を読み取られるようになったら、それはそれで怖いような気がしますね。
[PR]
# by miffyinvic | 2016-07-26 12:58 | 心理学 | Comments(0)

キャンプ

今年もちょこちょこキャンプに行っています。先週末はナナイモのキャンプ場に一泊して、帰りはダンカンのフェスティバルに立ち寄りました。ダンカンのイベントは思った以上に充実してて小さな子供が楽しめる小さな電車の乗り物やポニーやロッククライミングなどがあり、いずれも無料。たくさんの出店もあって、すごく大きなファーマーズマーケットという感じも。現金をあまり持ってなかったので買い物はほとんどしなかったけれど、新鮮なお野菜や焼きたてのお菓子やパンなども売っていました。すごく新鮮そうな長ネギだけ買いましたが、スーパーのものより全然日持ちが良くてびっくりしています。ダンカンのフェスティバルは来年も行けたらいいなと思うほど、良かったです。

キャンプは準備が大変で、シーズンの1回目は息子が準備に待ちくたびれたのか全然彼自身の準備に協力してくれなくて、出発前にどんどん時間ばかりすぎて、もう真剣にキャンプに行くのをキャンセルしようかと思うほど、準備だけでぐったりでしたが、行けばそれなりにテレビもiPadもなしでたくさん遊べて、自然浴を存分に楽しめて、1度行くとなぜかまた行きたくなってしまうのです。不思議です。シングルマザー故に、たくさんのキャンプ用品を車に詰め込むのに、大きなボックスを抱えてアパートの部屋から車まで一人で何往復もして、限られたキッチン用品をキャンプ用品として使うため、家で食事をしたら鍋も全部洗って拭いてそれからパッキングをしなければならず、ほんとに準備は(それに片付けも)面倒。行く準備をするだけで疲れて、それでも一人で息子を後部座席に乗せて運転して、キャンプ場に行ったら息子は適当に遊ばせてテントをセットアップしたり食事の準備をしたり、忙しい。正直、一緒に荷物を運んでくれたり、息子の遊び相手をしてくれたり、運転を代わってくれるようなパートナーがいたらどんなにいいかと思うこともあります。

ま、でも、キャンプに慣れておけば緊急時の備えとしてはいいだろうし、キャンプ用品もいざという時に役に立つだろうと思って買っているところもあります。息子はキャンプに行くというとすごい喜ぶし、やっぱりそれがあるから行くんだろうな。

今週末はすぐ近くのゴールドストリームで2泊3日してきました。2泊3日は今年から挑戦。食事のプランがちょっと手間だけれど、せっかくいろいろ持って行ってセットアップするなら、1泊じゃもったいないかなと思うようになりました。お友達と一緒なら、みんなの持ち合わせで食事もなんとかなるもの。ゴールドストリームは森の中のキャンプサイトで、行くたびに木々の大きさにちょっとびっくりします。一つ一つのサイトもかなり広々していて良いです。今回ちょっと失敗したのは、キャンプサイトにある滝に行く時に水着に着替えずに行ってしまったことかな。水着をきてたら泳げたのにね。

帰りは早めにキャンプサイトを出て、息子がブレイクウォーターに行きたいというのでダウンタウンを通り抜けてブレイクウォーターカフェでお昼を食べて、ちょっと散歩して帰りました。昨日はダウンタウンでクラッシックカーのショーがあったらしくて、それを知らずに行ってしまい、ダウンタウンを車で通り抜けるのには時間がかかりました。ビクトリアのダウンタウン、イベントがある時のドライブは要注意ですね。
[PR]
# by miffyinvic | 2016-07-25 23:07 | ひとこと | Comments(0)

カナダ西海岸で5歳児と二人暮らし。補助輪なしで自転車に乗れるようになったよ!


by miffyinvic
プロフィールを見る