久々の息子の高熱

昨日の夕方、仕事のあと息子を保育園に迎えに行って、さらに買い物に行って、やっと家に帰り着いたら、買い物袋や二人の荷物をいっぱい手に持っていた私はできるだけ近道で早く部屋に帰りたいと思っていたのに、息子はわざわざ遠回りしておまけにお腹が空いて歩けないと大泣きしだした。だいぶ長い時間すごい声で外で泣いていて、なんでこんなに機嫌が悪いんだろうと頭を抱えていたら、夜中に高熱が出た。体調が悪かったからあんなに変に泣いていたのだとわかった。しばらく前から鼻風邪で本調子じゃなかったけど、なんとか毎日元気で保育園に行って頑張っていた息子。今週から水泳教室が始まったし、昨日は体操教室があったし、疲れが出てしまったのだろう。今日はもともと仕事は半日の予定だったし、保育園を休ませた。今日は休んで大正解。解熱剤が切れる時間になったら、ぱーっと熱が上がってきて、薬を飲んで熱を下げて、眠って、また熱が上がって起きて、薬飲ませての繰り返し。週末で助かった。今週末は特に予定もなかったし、家でゆっくり休んで、週明けには熱が下がりますように。
[PR]
# by miffyinvic | 2015-10-03 09:53 | 子育て | Comments(1)

PCが遅い!

たいして使ってないWindows PCなのに、Nortonを入れたら遅くなったような。いや、その前からたまに変なエラーが出てたんだけど、差し障りなかったので、そのまま使ってた。でも最近あまりに遅いので、購入後1年くらいたって初めてメンテナンス。あれこれやってるとすごい時間かかる。

息子が起きてるときはPC長時間触ってるの絶対無理だから、夜中にやらざるを得ない。息子いるときは10分もPC使うの難しい。シングルマザーだとこういうのはほんと不便。お金あったら、プロに頼んでメンテしてもらいたい〜。

今までこんなことまで手が回らなかったから、ようやく無理やりやってるけど、睡眠時間減ると疲れやすいしどうしてもイライラしやすくなってしまって辛い。っていうか息子がとばっちり受けてかわいそう。

普段仕事してそれ以外の時間は子供の面倒見ながら最低限の家事して、健康を保つために睡眠時間確保すると、エクストラのことをする余裕は本当ないです。まだ時間かかるようなので、とりあえず一回寝ることにします。


[PR]
# by miffyinvic | 2015-09-27 19:08 | ひとこと | Comments(0)

自家製いくら

3週間くらい前に、何気もなく、会社のボスに釣りしますか?と聞いて、もしサーモンを釣る機会があったら、卵を捨てないで分けて欲しいとさりげなくお願いしました。こちらの人はサーモンの卵を食べる習慣がなく、大体は釣ってきても捨ててしまうらしいので、日本では高級食品として人気なんですよーと言っておきました。そしたら、今朝会社に行くと、私のデスクにメモが貼ってあって、冷蔵庫にサーモンの卵(生の筋子)が入っているではありませんか!やったー!こんなにすぐにお願いが叶うなんてびっくりです。

家に帰ったら、さっそくネットを見ていくらを作ろうとワクワクしました。息子もなぜかいくら好きなので、作りがいがあります。今夜も息子がなかなか夜寝てくれなかったので、寝かしつけも適当にあきらめて、いくら作りを開始。何度も塩の入ったお湯で洗ってゴミなどを取り除いて、やっときれいにして、ほんのり塩味のついたいくらを息子も少しだけ食べてから寝ました。それをお醤油のたれに漬け込んで今晩寝かせれば、明日は美味しいいくらご飯が食べられるはず。冷凍保存でかなり長く持つそうなので、大事に食べようと思います。手が魚臭くなってしまったのには、ちょっと困ってます。どうしたら匂いが取れるかな。

b0000372_125598.jpg

[PR]
# by miffyinvic | 2015-09-01 17:01 | ひとこと | Comments(1)

さらに2週連続で

週末キャンプ行ってきました。先々週はバンクーバーアイランドにある州立公園キャンプ場で絶大な人気のRathtrevor Parkに、日月のスケジュールで予約を取っていた友達のお誘いで行くことができました。いや、連休でもなかったのですが、ちょうど仕事が暇で上司が直前の休暇リクエストをOKしてくれたのでラッキーでした。お天気にも恵まれて、パークスビルのビーチ沿いにある子供用のウォーターパークや、広〜い砂浜のビーチでたくさん遊べました。キャンプ場は林の中の感じだけど、2−3分歩いてちょっと小道を抜けると石のたくさんあるビーチに出ることができました。砂浜の広ーいビーチは日帰りのピクニックエリアのほうにあって、車でちょっと移動すれば簡単に行けるし、散歩がてらぶらぶら歩いて行くこともできそう。そして、トイレとシャワーがかなり綺麗で使いやすく、手を洗うところはお湯も出る!冷える朝には嬉しい。超人気スポットなのも納得でした。

b0000372_15501076.jpg

b0000372_15534710.jpg
b0000372_1559410.jpg


そして昨日おとといの週末は、天気予報では100%の雨でお天気が悪いのは3−4日続くという話。さらに出かける直前に、絶対通らないといけないハイウェイが事故で封鎖されていて、夕方まで道路が開かないかもというニュースが入ってきて、代わりにフェリーで迂回して行くか!?という選択肢を迫られ、出かける前からキャンプ行って大丈夫かなぁという雰囲気でした。前日の夜準備するつもりがうっかり寝てしまって、準備はほぼ全て出発当日朝にやることになってしまったし。

でも、出かけるのが遅くなってしまったのが幸いして!?午後1時半頃にはハイウェイがオープンするというニュースを友達が知らせてくれて、フェリーに乗らずにハイウェイでキャンプ場に向かうことができました。雨は降っていなかったけれど、それでも、途中ハイウェイではストーム(嵐)の影響でかなりの強風。車が少し煽られる感じだったし、小枝や葉っぱがたくさん空を舞っていました。

今回のキャンプ場、Little Qulicum Falls は今まで行った中で一番遠くて、車で2時間半ほど。現地に近づくと雨が降り出しどんどん天気が悪くなってきました。それでも、まあキャンプ場に近づいてきたし、行くだけ行ってみると、到着した時には結構本降り。地面もところどころ水たまりができているほど。友達はまだ来ていなくて、こんな雨でキャンプほんとにするのかなと思いながら、仲間の到着を待ちました。キャンプに慣れている友達が到着すると、これくらいの雨なら大丈夫だねと、キャンプする気満々。心の中で、「え、こんな地面濡れてるけどテント張って大丈夫なの!?」と思いましたが、水たまりから離れたところにタープを敷いて、その上にテントを張り、さらにもう一枚大きなタープでテントを覆って雨よけにしました。他の人から、テントの中に雨が入ったり、地面から水が浸みてきて大変だったという話を聞いてたので、床の部分もさらにもう一枚大きなビニールシートを張り込んで、かなり周到に雨対策をしたつもり。その甲斐もあって、寝袋や床は濡れずに済みました。ただ、テント内に雨は入らなかったものの、朝にはテントの側面がしっとり濡れていて、湿気もすごかったです。

思ったよりは寒くならなかったのと、少なくとも夕食と朝食の時は雨が止んでいて、ちゃんとお料理&食事ができたのは助かりました。今回は鍋を持っていくのを忘れて、スープを温められなかったのが残念。夕食の時間はけっこう遅くなってしまって、風もあって肌寒かったので、BBQ以外のご飯やスープも温めて食べられたらよかったかも。

到着した日は、雨の中、森の中をハイキングして滝を見に行って、翌日は巨木の森Cathedral Gloveをハイキング、帰りはCoombsに立ち寄ってランチをしました。Coombsのマーケットはものすごい品揃えの上、いろんなものがかなり安くて、すごく混み合っていました。あんなに人が大勢いるお店に行ったのは久しぶりです。もっと時間があったら、いろいろ買い物していたかもしれません。インテリア用品やおもちゃ、様々な輸入食品、普通のスーパーにあるような食品まで、いろいろ割安に売っていました。Coombsを出発したのが午後3時過ぎで、友達の家に寄ってからわが家に帰り着いたのは6時過ぎで遅くなってしまったので疲れましたが、楽しい充実した週末でした。息子も、雨のキャンプも楽しかったようで、明日もキャンプ行きたいと言っています。
[PR]
# by miffyinvic | 2015-09-01 16:48 | ひとこと | Comments(0)

新しい楽しみ

夏ももうすぐ終わりに近づいていますが、今年から子連れキャンプに行き始めました。

個人的なごたごたで去年はすっかり忘れていましたが、ここカナダ、BC州といえば、スローガンはスーパーナチュラルBC、キャンプ天国ではありませんか!手軽に安く遊べて、自然の中でいろんな体験ができるキャンプ。最高です!いや、子連れだし、シングルマザーだし、準備/片付けはちょっと大変ですが、それでも夜は星を眺めながらワインを飲んで、朝は鳥のさえずりを聞きながら目覚めるのは最高〜。子供もあちこち存分に走り回れるし、場所によってはキャンプ場に子供用の遊具のある公園もあって、ファミリーキャンプが快適にできます。

最初は保育園のお友達のシングルマザーの人からお誘いいただいて、息子を連れてのキャンプを初体験。それで、すっかりキャンプの楽しさに目覚めて、日本人ファミリーのお友達と他の場所に行ってみたり、ここのところはほぼ隔週でキャンプしています。今年は水不足で山火事の危険があるため、7月以降はキャンプファイヤーが禁止なのが残念だけれど、煙臭くならずに済むのでそれはそれで良いかも。同行する人の持っているコンロを借りてお料理やバーベキューを楽しんでいます。

今のところ行ってみたところは:

Goldstream Park - 車で40分程で近いのに自然を味わえるのが魅力。公園も水洗トイレもあり、人気があるので賑やか。2回行きました。ほんとに車ですぐだし、綺麗なのが良いです。ただし、初めて行く人はかなりの確率で間違ってハイウェイ沿いのグループキャンプサイトに行ってしまいます。私もその一人でしたが…。日帰りのピクニックサイトがあるパークとは別の場所で、ハイウェイの反対側に位置し、Westshore Rdの信号を左に曲がらないといけないので注意。初めて行く人は場所を地図で確認することをお勧めします。

b0000372_17393766.jpg


Living Forest Ocean Side in Nanaimo - こちらはちょっと遠くて車で1時間40分ほど。でもここも設備が整っていて、RV車もいっぱい。川と海がぶつかる位置でビーチもあって、快適。ただし、暑かったせいか蚊と蜂がけっこういた。帰りは車で30分ちょっとのParksvilleのビーチに寄って、カイト(凧)フェスティバルとサンドキャッスルのイベントを見てきました。

b0000372_17423598.jpg


Ruckel Park in Salt Spring Island - 海の目の前でキャンプができて絶景です。キャンプサイトから行き交うフェリーや船も見えて素敵。でも、かなりハードコアなキャンプ場で、駐車場からキャンプサイトまで数分歩かなくてはなりません。キャンプギアや荷物の移動用にウィールバレル(台車)が置いてあります。シングルマザーにはちょっときつかった。子供を他の人に見てもらいながら、全部の荷物の移動に5往復くらいしました。一泊のための準備と片付けとしてはかなりハード。トイレも水洗ではなく、手洗いの水道や電気すらついていません。夕方以降にトイレに行くには懐中電灯必須。キャンプサイトは蜂も多くて、友達が蜂やハエを退治するテニスラケットのようなものを持っていたし、ピクニックテーブルを覆えるスクリーン付きの背の高いテントがあったから助かったものの、そうでなかったら蜂との戦いで大変だったかもしれません。給水する水道のところには昼間は蜂がブンブン何十匹も飛んでいて、水汲みが怖かった。蜂のことを気にしなければ、2泊くらいして、ゆっくり島を探索したいかも。Salt Spring Islandはフェリーで35分で近いし、キャンプでなく普通にどっか宿泊するのもいいなと思います。

b0000372_174601.jpg



b0000372_17465159.jpg

[PR]
# by miffyinvic | 2015-08-17 17:49 | 子育て | Comments(1)

カナダの公共サービス

カナダの、といってもBritish Columbia州の話ですが、保育園の補助金を申請する窓口はとっても不親切。申請は郵送またはFAXのみでの受付で、FAXで送っても書類を処理してもらえるまでに3週間くらいは余裕で待たされる。その上、ちょっとでも書類が足りないと電話ではなく郵送でそのことを知らせてくるので、それで1週間から2週間遅れ、再度書類を提出するとまた平気で3週間待ちを食らわされる。また、たまーに窓口の担当者から、折返し電話をするようにと留守電が入ってたりするのだけれど、掛け直すと自動音声で「ただいま大変混み合っております。あとでまたお掛け直しください。」と言われて、向こうから電話が自動的に切られるという有様。日本だったら、こんなこと有り得ないだろうなといつも思います。ここで、公共サービスからお金を貰うのは、かなりの手間と時間を要します。
[PR]
# by miffyinvic | 2015-07-21 07:00 | 子育て | Comments(0)

カナダ西海岸で5歳児と二人暮らし。補助輪なしで自転車に乗れるようになったよ!


by miffyinvic
プロフィールを見る