習うより慣れよー言葉の勉強

息子の学校が始まってから1か月も経っていませんが、だいぶ新しいクラスにも慣れてきて幸い楽しそうに学校生活を送っています。フランス語にも少しずつ慣れてきているようです。息子は日本語学校にも週1回(1時間半のみ)行っていますが、普段の生活で私と(とたまに会う日本人のお友達のお母さんたちと)の会話以外使わないので、日本語の勉強に対するモチベーションはかなり低いのですが、フランス語のほうは学校で必要だからなのか興味を持って勉強しようとしています。今まで英語で見ていたYouTubeの子供向けアニメ番組をフランス語バージョンで見たり、iPhoneの子供向けフランス語学習アプリは喜んでやってみたりしています。日本語のアニメも見ようと提案しても、ちっとも興味を示しません。日本語学校で幼稚園から高校までずっと通い続けるお子さんたちもいますが、彼らはもしかしたら毎年日本に長期で帰って日本の小学校体験したりしているのかも、と思ってしまったり。そういう機会があれば、子供自身も日本語を勉強するモチベーションが続くのではと思います。やっぱり言語学習って、必要性を感じてこそ勉強のやる気も出るし上達するのかも。周りで使われている言葉、コミュニケーションで必要だからこそ、すっと頭に入ってくる言葉やフレーズ。言葉の上達はどれだけ聞いたり使ったりするか、慣れる機会がどれくらいあるかが大事ですね!私も息子と一緒にフランス語を勉強したいなと思いますが、きっと息子のほうがあっという間にできるようになりそうです。

[PR]
by miffyinvic | 2018-09-29 05:33 | 子育て