深夜のチャット

彼は今もタンザニアでリサーチのボランティアを続けている。でも、ちょっと前にちゃんとした居場所が決まって、今はキリマンジャロ近くのYMCAに滞在しているそうだ。ボランティア組織の事務所ではほとんどひとりで仕事することが多いようなのだが、そこにはインターネットもあってメッセンジャーも使える。でも、時差が昼夜まったく逆で、いつもチャットできるのはこちらが夜中の1時とか2時を過ぎてから。タンザニアとカナダでこんなに簡単にリアルタイムで話せるのはすごいし、ありがたいけど、この時差はちょっとキビシイです。1人で仕事をしているせいか、暇が多いからか、あまりにもカルチャーの違う場所にいるせいか、彼は彼でいろんなことをぐるぐると考えているようだけど、私はペーパーを書き始めたもののあまり進まなくて、うーん。。お互いに、今後のことをじっくり話したい時期ではあるんだけど、私は今は目の前のことで精一杯なのです。にしても、カナダとタンザニアって、これ以上ありえないほど遠距離!
[PR]
by miffyinvic | 2006-03-09 19:58

カナダ西海岸で6歳児と二人暮らし。


by miffyinvic
プロフィールを見る
更新通知を受け取る